ハッピーエンド

劇場公開日

ハッピーエンド

解説

「白いリボン」「愛、アムール」の2作連続でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した名匠ミヒャエル・ハネケが、難民が多く暮らすフランス北部の町カレーを舞台に、不倫や裏切りなどそれぞれに秘密を抱えた3世代の家族の姿を描いた人間ドラマ。建設会社を経営し、豪華な邸宅に3世代で暮らすロラン一家。家長のジョルジュは高齢のためすでに引退し、娘のアンヌが家業を継いでいた。アンヌの弟で医者のトマには、別れた前妻との子で13歳になる娘エヴがおり、両親の離婚のために離れて暮らしていたエヴは、ある事件をきっかけにトマと一緒に暮らすためカレーの屋敷に呼び寄せられる。それぞれが秘密を抱え、互いに無関心な家族の中で、85歳のジョルジュは13歳のエヴにある秘密を打ち明けるが……。「愛、アムール」で親子を演じたジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペールが、今作でも家長のジョルジュと娘のアンヌをそれぞれ演じ、親子役で再共演。「少女ファニーと運命の旅」で主人公の妹を演じたファンティーヌ・アルドゥアンが、重要な役割を担う13歳のエヴに抜てきされた。

2017年製作/107分/G/フランス・ドイツ・オーストリア合作
原題:Happy End
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ミヒャエル・ハネケ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK - ARTE - ORF Tous droits reserves

映画レビュー

5.0コミュニケーションの不可能性

2018年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ひとつの家族の物語であるが、それぞれがバラバラで気持ちがつうじあっていないので、まるで群像劇を観ているような気分になる。家族は人が生きるうえで最小単位の共同体であるはずだが、本作ではそれすら満足に維持できていない。

本作の舞台は移民・難民問題に揺れるカレーという街だが、移民問題は遠景として登場するのみ。それよりも小さな単位の共同体の家族にもっぱらフォーカスしている。そしてその家族が壊れている。複雑な問題をたくさん抱える欧州だが、コミュニケーションの不可能性は、家族にまで及んでいる、あるいはコミュニケーション可能だという幻想がここまで剥がれ落ちているのだとすれば、移民や多文化の共生など考えうるのか、もはや現代人はそれ以前の問題に直面しているのではと思わせる。

イザベル・ユペールとジャン=ルイ・トランティニャンは相変わらず素晴らしいが、本作は子役のファンティーヌ・アルドゥアンの存在感がひときわ光った。新しいスター俳優の誕生かもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.5皮肉たっぷりの題

2022年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

上品で優雅な雰囲気を覆すミヒャエル・ハネケの突拍子もない変態性、登場人物が続々と混乱しそうになりながらもユックリと落ち着いた時間が流れる物語から理解できる演出描写、場面が切り替わる唐突さで起こる出来事が小まめに散らばり全く読めない展開が最後まで、テンポが良い訳では無いながらの勢いは止まらない。

どうであれ父親の弱みを握った娘はある意味で優越感に浸れそうな、何も知らない今の奥さんに対して憐れんでも良さそうで、赤ちゃんを抱く場面は勝手に想像してしまい怖くなり、父親が赤ちゃんと関わることも奥さんとの場面すら少なくてそこを中心にすら描かないのは観ていて気掛かりになる。

イザベル・ユペールがすれ違い様に振り返り一瞬だけ見つめる場面に旋律が走り、話の展開がもっと面白くなる期待と共に映画は勝手に終わってしまう意表を突く斬新さ!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

2.0うーん

asaさん
2022年6月4日
PCから投稿

頑張ってみたものの、最後の最後まで「何もなかった」
何もなかったことがわかったという点では「目的」を達成できているとも言えるが
アートよりの映画で、エンタメよりの映画ではないというメモ。

ただ大トリのシーンで、「i ♡ japan Tシャツ」は評価が高い。
今思うと隠喩的な感じかもしれない

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
asa

3.5【砂上の楼閣に住む、壊れたコミュニケーション不全家族の姿を辛辣に描く。ミヒャエル・ハネケ監督の”イヤナ気分になる”テイストが、やや復活した作品。】

NOBUさん
2021年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

難しい

ー ロラン家は、瀟洒な邸宅に3世帯が暮らす、一見何の問題もない”家族”である。
  が、その実態は・・。ー

 ◆感想
  ・ロラン家の⻑、ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)は、建築家業を退き、娘アンヌ(イザベル・ユペール)に全てを任せている”フリ”をしている。
  アンヌはやり手だが、取引先銀⾏の顧問弁護⼠ローレンス(トビー・ジョーンズ)を恋⼈にしている。

  ・アンヌの息⼦ピエール(フランツ・ロゴフスキ)は専務に就くが、やる気がない。移民問題には、問題意識アリ。

  ・ジョルジュの息子トマ(マチュー・カソヴィッツ)は家業を継がず、医師として働き、先妻との間に生れた娘エヴ(ファンティーヌ・アルドゥアン)と再婚した若い妻アナイス(ローラ・ファーリンデン)との間に幼い息子ポールがいる。
  だが、トマは妻子が居ながらも、恋人と卑猥なチャットをする日々・・。
  そんな父の姿を見て、エヴは呟く・・。”パパが遠い”と・・。

 ー とまあ、ここまでで、ロラン家が、一家の態を成していない事が、良く分かる。
  そして、愚かしき父親の行為(妻との離婚、チャット・・)で傷ついているエヴは、自殺を図る。ー

 □一家の長、ジョルジュは、そんな愚かな家族の姿と、つい最近存在を知った孫娘エヴの、哀しき悩みに気付き、長年誰にも話してこなかった”秘密”を、”自分と同じ匂いのする”エヴに告げる・・。
エヴも同じく”秘密”を告げる。そして・・。

<前作、『愛、アムール』で、まさかの老夫婦の愛を真摯に描いたミヒャエル・ハネケ監督。(感動したけどね。)
 今作では、御大の、本来の持ち味である”いやーな感じのする、後味の悪い作品”が戻って来た・・。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全50件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハッピーエンド」以外にこんな作品をCheck-inしています。