ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月2日 > ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす
メニュー

ミヒャエル・ハネケ、「ハッピーエンド」は日本の事件からインスピレーション受けたと明かす

2018年3月2日 15:30

映画で社会を挑発するミヒャエル・ハネケ監督「ハッピーエンド」

映画で社会を挑発するミヒャエル・ハネケ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「ピアニスト」「愛、アムール」のミヒャエル・ハネケ監督の最新作「ハッピーエンド」が3月3日公開する。難民が多く暮らすフランス北部の町に3世代で住む、裕福な一家が崩壊していくさまをジャン=ルイ・トランティニャン主演で描く。イザベル・ユペールマチュー・カソビッツらが共演。家族のそれぞれの物語にSNSや難民問題も交えて現代社会を風刺するハネケ監督に話を聞いた。

--あなたの映画には家族を主題にしたものが多いですが、その理由を教えてください。

「家族とは社会の核であり、家族を語ることは同時にその集約である社会を描くことだからです。それにまた、家族の物語は観客にとっても共感しやすい。誰もが知っていることですし、繋がりを感じられるでしょう」

--フランスの英国海峡に面した街、カレーのブルジョワ家族の物語で、その背景には難民問題が描かれています。

「映画のテーマは難民問題そのものではなく、それに直面した人々のあり方です。この家族の、いま世界で起きていることに対する無関心。彼らは自分たちの小さな問題にばかり捕われていて、社会の現実が見えていない。それを表現したかったのです。でも現代に生きる彼らを描くなら、いまヨーロッパで大きな問題となっている難民のことを取り上げるのは自然だと思いました。ただしカレーにとくにこだわりがあったわけではありません。ヨーロッパの難民のいる街ならどこでも舞台になり得たでしょう。映画作家としては、現代社会を描く限りいま起きていることを反映するのは自然であり、また義務でもあると思うのです」

--昨年、雑誌のインタビューで、少女が実母に薬物を飲ませるという薬殺未遂事件に影響を受けたとおっしゃっていました。これは2005年に日本で起きた16歳の少女が母親薬殺未遂事件のことでしょうか?


画像2

(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK - ARTE - ORF Tous droits reserves
[拡大画像]

「日本での少女の薬殺未遂事件をニュースで読んで、この映画のきっかけになっていることは事実です。この事件は私にとって大きなインスピレーションを与えてくれました。SNSでどうゆう事が起こり得るか、すごくいい例だったと思います。現代のSNSは、昔の教会が持っていた役割を果たしていると思うのです。カトリックの教会では懺悔がありますよね、この少女がなぜSNSにポストしていたのかと思うと、匿名で投稿していても、どこかで発見されるかもという思いがあると思うんです。私が思うには、注目を集めたいという気持ちが一つあって、もう一つは罰を受けたい、という欲求、そいうものがモチーフにあると思うんです。それは昔教会で人が懺悔するという思いと同じです」

--本作のなかではまた、SNSが重要な役割を果たしています。ソーシャルネットワークは人間関係に大きな影響を及ぼしていると思われますか。

「そうですね。たとえばカフェに行って周りの家族やカップルを観察してご覧なさい。彼らは大抵、みんながそれぞれスマートフォンを見ていて、たいして会話もしていないでしょう(笑)。ソーシャルネットワークの発展は、ここ十数年でわたしたちのあり方を大きく変えたと思います。このわたしにしても、スマートフォンなしではもう生きていけない。それは便利で素晴らしい一方、大いなる危険がある。人とのダイレクトなコンタクトを失い、完璧に自閉症的になる。そういう自閉症的な社会を描くことに興味があったのです。もうひとつ言えることは、いまやどこにいてもみんなインターネットで何でも世の中のことを知ることができる。情報の洪水です。でもそれらは表面的なものだけで、実際に体験したことではない。それはリアリティとはまったく関係がない。結局我々は何も知らない、見ていないのと同じです。でもそれが現代に生きる我々の運命でもあると思います」

--映画で観客を挑発することは重要ですか。また映画が人々に、あるいは社会に与える影響力を信じていらっしゃいますか。

「観客を挑発すること自体が狙いというわけではありません。考えさせることが大事なのです。映画が衝撃的であれば、あるいはシリアスであればあるほど、人々の心は動揺させられ、それについて深く考えるようになるかもしれない。わたしは一本の映画が世界を変えるとは思っていません。それはいささかナイーブな考えでしょう。でもたくさんの映画が作られることによって、それらの物語に触れることで、わたしたちの人間性が少しでもより良いものになればいいと願っています」

(映画.com速報)
愛、アムール[DVD] 愛、アムール[DVD] 最安価格: ¥1,080 人生はかくも長く、素晴らしい。第85回アカデミー賞外国語映画賞受賞など、国際賞レースで大接戦を繰り広げた話題作!人生を最後までともに生きた夫婦の、感動の愛の物語。
ピアニスト[DVD] ピアニスト[DVD] 最安価格: - 一流のピアニストになるため、ピアノ以外のことを束縛されて育ってきた中年女性と、その彼女を愛してしまった年下の男性の苦悩に満ちた切ない恋を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi