プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命
ホーム > 作品情報 > 映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」
メニュー

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命

劇場公開日

解説

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督&主演ライアン・ゴズリングが再タッグを組み、親の罪が子にも受け継がれるという血の因果を描いたクライムドラマ。かつての恋人ロミーナと再会したルークは、息子ジェイソンが産まれていたことを知り、2人を養うため銀行強盗に手を染める。新米警察官のエイヴリーは、ルークを追いつめるがあるミスを犯し、罪悪感を抱える。しかし、周囲からは評価され複雑な気持ちを胸に、警察の腐敗に立ち向かう。15年後、成長したジェイソンはルークとエイヴリーそれぞれの秘密を知ってしまい、その怒りの矛先は親しくしていたエイヴリーの息子AJへ向けられる。共演にエバ・メンデス、ブラッドリー・クーパー。

作品データ

原題 The Place Beyond the Pines
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 ファインフィルムズ
上映時間 141分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

躍動するキャメラで紡がれる、父と子の重厚なクロニクル
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命の映画評論・批評

現代劇ながら古典のような重厚な香りが立ちこめる。ドストエフスキー的な血の因果、運命の流転を刻み込み、それでいてキャメラは常にダイナミックに躍動し、主人公らの主観に寄り添い続ける。その冒頭からして驚異的だ。扉を開くとそこには闇夜に輝く遊...プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全36件)
  • 鉄の檻 バランスの良い演出には好感が持てるが、突出したものは無かった。 善悪で言えば悪に傾くが、それを感じさせない清々しさを含んでいる。 ...続きを読む

    たろっぺ たろっぺさん  2019年2月14日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • なかなか見応えがあった。 ストーリーが 幾つかのパートに別れていて、時間の経過と共に 主人公が代わり、飽きずに観終えることが出来た。 最初のパートで、ルーク(ライアン・ゴズリング)が呆気なく居なくなってしまうけど、次のパ... ...続きを読む

    m@yu-chan-nel m@yu-chan-nelさん  2019年1月31日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 作品は元より息子を演じたデイン・デハーンの表情・振る舞いは、笑顔の... 作品は元より息子を演じたデイン・デハーンの表情・振る舞いは、笑顔の似合わなかったリヴァー・フェニックスを思わせる。 彼の作品は今のところ傑作揃い。待望の逸材。 (2014.1.24 鑑賞) ...続きを読む

    miharyi miharyiさん  2018年10月18日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報