マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

劇場公開日:

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

解説

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。

2011年製作/105分/G/イギリス
原題:The Iron Lady
配給:ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

受賞

主演女優賞 メリル・ストリープ
メイクアップ賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

映画レビュー

2.5夫婦の絆…でもない

dozzaさん
2022年7月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

認知症気味の元首相を描く現在パートと、議員〜大臣〜首相としての苦悩と栄光を描く過去パートが、交互に入れ代わりながら話が進むんだけど、過去パートは大河ドラマ的に無難に面白い一方で、現在パートは大して過去とリンクするわけでもない上に夫の幻覚が若干ホラー気味だったりで何がしたいのかよく分からず、ストレスを感じた。

安直だけど、夫婦関係に焦点を絞ってくれたら現在と過去がいい感じにまとまったかも?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dozza

3.5亡き夫の幻想を見る認知症の元首相、戦争勝利により棚ぼたで支持を得、政権に執着し孤立する老いた政治家の姿

Kazu Annさん
2021年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

マンマ・ミーアの監督で知られる英国人フィルダ・ロイド監督(女性)による2011年公開の英国映画。脚本がアビ・モーガン(英国の女性脚本家・劇作家)。

主演がメリア・ストリープで、3回目のアカデミー賞(主演女優賞)受賞。

サッチャー首相を、英国病の中で国民の潜在活力を引き出した知的且つ信念有する政治家で、西側で最初にソ連ゴルバチョフを評価し東西冷戦を終結させた立役者としてかなり評価しており、自伝も読んでいて、高い期待感を持って妻同伴で映画館に行った。

残念ながら、そこで印象づけられたのは、亡き夫の幻想を見る認知症の老婆であり、戦争勝利により棚ぼたで支持を得る首相、政権に執着し孤立し同士からも見捨てられる老いた政治家の姿であった。これらは事実とは思われるが、政治的な反対側から見たマイナス評価のみが強調され、フェアではないと感じてしまった。多分、脚本家も監督も製作者も、働く女性、働く妻、働きながら育児する母としての共感は有するが、政治的には反サッチャーの立場であろうと思ってしまった。

まあ、オックスフォード大の女学生としての初々しい姿、デニス・サッチャーからのプロポーズ場面、国会下議院議員となっての初登院での緊張感、ボイストレーニング描写は興味深かった。特に、ユーモアを交えて近距離で互いにやりあう議会の論戦風景は、日本のそれとは随分と異なり感慨と憧憬を覚えた。

全体的には、政治家としてのサッチャーを描く期待感の高さが個人的に有り、かなり物足りなく感じてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Kazu Ann

3.0池上さんの番組みたような

越後屋さん
2021年6月28日
スマートフォンから投稿

そういえばサッチャー君の時代って、そんなことあったなーって現代政治史の番組みたような映画です。認知になってからのシーンと交互に映りますが、ドラマチックではなく、ストリ君の憑依演技だけがみどころで、平凡な伝記映画、つーか記録映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
越後屋

2.0晩年のシーン過多でどうにも

2021年3月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

他のかたのレビューにもありましたがサッチャーさんのなにを描きたかったんでしょうか?自分にはよくわからなかったですね。

「鉄の女」とまで言われた人の老いてボケた姿でしょうか?と皮肉を言いたくなるほど晩年のシーンが多いです。冒頭とラストとせいぜい中盤に一回でよかったんじゃないでしょうか。ストーリー展開上もそれほど効果があったようには思えないどころか本編に没入できず逆効果に思えました。

肝心の過去の回想の内容のほうでも、あっという間に議員になり大臣になり党首になり首相になってしまいました。そのあとも英国病、労働党と労組、IRA、アルゼンチンとの闘いなどがさらりと過ぎていきます。

英米人のサッチャーさんへの思いいれはよくも悪くも日本人よりははるかに強く、このあっさりしたトーンにはなにかしら彼らなりの意味があるのかもしれませんが、映画という娯楽性を帯びた(というより娯楽そのもの)コンテンツとしては、もうちょっとテーマを絞ってドラマ性を持たせてほしかったと思わざるをえません。

ジェンダー(西欧初の女性リーダー)でもいいし、アタマの回転の速い変人女性の成り上がり物語でもいいし、「鉄の女」の光と影でもいいし、サッチャーさんを軸にした英国現代史(EC/EUとのバトルとか)でもいいし、おそらく一般家庭のそれとは違う家族関係でもいい。どれを選んでもサッチャーさんを知らない人が観てもそれなりに惹きこまれる映画にできたはず。そういえば子どもに先立たれているようなのですがその辺もなぜか深掘りなし。意味不明です。

なんだかサッチャーさんが気の毒になってしまいましたよ、晩年のヨレヨレシーンに尺を取りすぎてて。

内容とは直接関係ありませんが、ポンドを捨てなかったのは大正解でした。

フォークランド紛争は女性首相だったからこそアルゼンチンが舐めたことにより勃発し女性首相だったからこそ舐められまいとして一歩もひかず実戦に到ったのかもしれないですね。だとすると舐められないことが戦争を回避する第一歩だと感じます。
当時イギリスはなんでアルゼンチンの沿岸にある小島にこだわって戦争してるんだとうと子供ごころに思った記憶があります。正しい対応だったのかどうか自分には判断つきませんが、当時の日本だったらまずなにもしてないだろうなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
肉ネ~ム
すべての映画レビューを見る(全73件)