4時間の特殊メイクでピノッキオの木目を表現 ダークファンタジーの世界観をとらえた場面写真

2021年10月7日 18:00

イタリア国内外の一流スタッフが結集した
イタリア国内外の一流スタッフが結集した

第93回アカデミー賞の衣装デザイン賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされたダークファンタジー「ほんとうのピノッキオ」の新たな場面写真が一挙お披露目された。細部までこだわり抜かれた特殊メイク、衣装デザインが目を引くシーンを切りとっている。

イタリアの作家カルロ・コロディが1883年に出版し、100年以上にわたり読み継がれる名作児童文学「ピノッキオの冒険」。本作では、「ゴモラ」「ドッグマン」で知られるマッテオ・ガローネがメガホンをとり、「ピノッキオ」の原点に回帰し、無邪気な操り人形に見せかけて、実は行く先々でトラブルを巻き起こす“悪童”ピノッキオにフォーカス。旅の途上に登場する世にも奇妙な生きものたち、人生の不条理や社会風刺を盛り込んだ寓話的なストーリー展開を、圧倒的な映像美で描き出す。

画像2

「ハリー・ポッター」シリーズや「ボヘミアン・ラプソディ」などで特殊メイクを手掛け、ウェス・アンダーソン監督の「グランド・ブダペスト・ホテル」、メリル・ストリープ主演の「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」で2度のアカデミー賞に輝いたマーク・クーリエや、ガローネ作品の常連スタッフであり、ガローネ監督がディレクションした2020-2021秋冬のDiorオートクチュールコレクションの特別映像「LE MYTHE DIOR」でも衣装デザイナーを務めたマッシモ・カンティーニ・パリーニら一流クリエイターが結集。恐ろしくも美しいダークファンタジーの世界を表現した。

画像3

場面写真は、ピノッキオが旅のさなかで出会うキツネやカタツムリなど、動物と人間とが絶妙なバランスでハイブリッドされた奇妙な生き物たちや、妖精の姿をとらえている。

画像4

「観る者を魔法の世界に入り込ませ、キャラクターと一緒にいるような気持ちにさせなくてはいけない」と語るガローネ監督が、なかでも一番苦労したというのがピノッキオの特殊メイク。撮影当時8歳だったピノッキオ役のフェデリコ・エラピは、3カ月もの期間中、毎日4時間、この特殊メイクをこなして撮影に臨んだそう。多くの作品で特殊メイクを手掛けてきたクーリエにとっても「1週間や2週間ならまだしも、3カ月もなんて誰もやったことがない」と初の試みだったと明かしている。

ほんとうのピノッキオ」は、11月5日に東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ほんとうのピノッキオ(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース