ほんとうのピノッキオ

劇場公開日:

ほんとうのピノッキオ

解説

ディズニーの名作アニメ「ピノキオ」でも有名な児童文学「ピノッキオの冒険」を、「ゴモラ」「ドッグマン」などで知られるイタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督が、美しくも残酷に映画化したダークファンタジー。ジェペット爺さんの家を飛び出したピノッキオが繰り広げる奇想天外な冒険を、社会風刺や示唆に富んだ物語として描く。貧しい木工職人のジェペット爺さんが丸太から作った人形が、命を吹き込まれたようにしゃべり始める。ピノッキオと名付けられた、そのやんちゃな人形は、ジェペットのもとを飛び出し、導かれるように森の奥深くへと分け入っていく。「人間になりたい」と願うピノッキオは、道中で出会ったターコイズブルーの髪を持つ心優しい妖精の言いつけも、おしゃべりコオロギの忠告にも耳を貸さず、ひたすら命がけの冒険を続けるが……。2021年・第93回アカデミー賞で衣装デザイン賞、メイクアップ&スタイリング賞の2部門にノミネートされている。

2019年製作/124分/G/イタリア
原題:Pinocchio
配給:ハピネットファントム・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第93回 アカデミー賞(2021年)

ノミネート

衣装デザイン賞 マッシモ・カンティーニ・パリーニ
メイクアップ&ヘアスタイリング賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

copyright 2019 (C)ARCHIMEDE SRL - LE PACTE SASLE PACTE SAS

映画レビュー

4.0鬼才が手掛けてこそ原作の旨味引き立つ

2021年11月10日
PCから投稿

マッテオ・ガッローネ監督といえば、たとえ現代を描いた作品でもそこには濃厚な寓話性が染み出してくることでお馴染みだ。そんな彼がイタリアの代表的な寓話を描くとなると、かなりダークでブラックな一作に仕上がるのではと覚悟はしていたものの、いざ出来上がったのは原作の味わいを生かしつつ、妙ちくりんなれどしっかりと感情が香り立つ温かい作品だった。思ったよりおしゃべり少なめでピノッキオへの愛情を迸らせるベニーニがとてもいいし、ピノッキオの極めてwoodyな特殊メイクもこのCG全盛の時代に最高級の意匠を刻む。それに各場面を彩る奇妙なキャラクターたち一人一人がなんとも味わい深い。名曲「星に願いを」で知られるディズニー作品や、ベニーニの主演、監督作のことなどが頭をよぎる一方、スピルバーグ 作『A.I.』をもう一度見直したくなったりも。誕生から140年、シンプルなれど人を魅了し続ける物語の強度を再認識させられた。

コメントする
共感した! (共感した人 5 件)
牛津厚信

3.0普通のピノキオ

2022年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

邦題の「ほんとうの」ってなんだよ。普通にピノキオだよ。「あなたの知らないグリム童話」みたいなほんとうは怖い話なのかと思うじゃんか。
なかなかキレイな実写化でした。観てないけど何年か前のベニーニ主演のピノキオは悪評ふんぷんでした(ベニーニはラジ―賞を獲ってるらしい。これがあったから「ほんとうの」ってしたのかな)。今回はベニーニ面目躍如かな。ほんとにゼペット爺さんって可哀そすぎる泣。キリスト教の世界では「人形に命を与える」という行為は神の領域を犯すとして罰せられる、って面もあるんだろうね。

フィレンツェ(ピノキオ発祥の地)に旅行に行ったとき、市場でものを薦められて「今日は持ち合わせがない、明日来るね」と言ったら店員に「お前はピノキオだ」と鼻の伸びるしぐさをされたのは自慢です笑。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
arlecchino

3.5何の教育も受けていないのだから仕方がないが、ピノッキオの馬鹿過ぎる...

省二さん
2022年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何の教育も受けていないのだから仕方がないが、ピノッキオの馬鹿過ぎる行動に何度もイライラさせられる。
しかし、「父親」とサメの腹の中で再会し、脱出してからは「父親」のために働き、やさしい少年に成長していく姿には心を動かされた。
人形小屋の主が見た目と違って意外と情にもろかったり、無実なら牢屋に入れられ、罪を犯せば釈放されるという国の存在がおもしろい。
あと、悪さばかりしているキツネとネコにはもっと明確な天罰が下ってほしかったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

3.0ピノキオの冒険

2022年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェペット爺さんによって作られた木の人形、ピノキオはとてもやんちゃで、家を飛び出してしまう。
よく知られた冒険が始まり、ピノキオは人間になれるのか、がポイント。
人形の造形や衣装など、実に凝っていて世界観が十分伝わってくる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ほんとうのピノッキオ」以外にこんな作品をCheck-inしています。