マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 インタビュー: オスカー受賞はこれが最後!? 主演女優賞に輝いたメリル・ストリープ

ホーム > 作品情報 > 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 > インタビュー > オスカー受賞はこれが最後!? 主演女優賞に輝いたメリル・ストリープ
メニュー

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

劇場公開日 2012年3月16日
2012年3月13日更新
画像1

オスカー受賞はこれが最後!? 主演女優賞に輝いたメリル・ストリープ

女優メリル・ストリープが2008年の主演作「マンマ・ミーア!」の女流監督フィリダ・ロイドと再び顔を合わせ、イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーの人生を描いた「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。男性社会で堂々たるリーダーシップを発揮したサッチャーの素顔を、本人そのままのような迫力で演じきったストリープは、本作でアカデミー賞史上最多の17回目となるノミネート記録を打ち立て、見事3度目のオスカー像を手に入れた。(取材・文/本間綾香、写真/堀弥生)

“鉄の女”の異名をとった元イギリス首相マーガレット・サッチャーが、認知症を患っていることが娘の回顧録によって明らかになったとき、世間に大きな衝撃が走った。保守党の党首として1970年代後半に頭角を現し、経済の混迷やフォークランド紛争という困難に采配を振るってきたサッチャーのイメージがあまりにも強く、引退後の姿について、人々はほとんど何も知らなかったからだ。映画では、サッチャーが他界した夫デニス(ジム・ブロードベンド)の幻を追いながら、希望に燃えていた少女時代から政界を退くまで、ひとり胸の中に抱えていた苦悩や葛藤を振り返る様子がつづられる。

「これまでも何度か演じてきたけれど、実在のしかも生きている人物を演じることには大きな責任が伴うの。できるだけ正確に、真実に近い形で伝えることが大切なのよ」と語ったストリープは、サッチャーの真実に近づくことで、多くの驚きに出合ったという。

「西洋で初の女性首相であり、20世紀でもっとも長い任期を務めた女性でありながら、彼女には専任のコックがいなかったの。これには本当にびっくりしたわ。普通の人でもちょっとした成功者なら、専属のコックを雇っているでしょ? でも彼女は政治家である間ずっと、夫や子どものために朝食を作り、仕事から帰ったら夕食を作っていたの。そんなに腕はよくなかったそうだけど(笑)」

サッチャーは現役時代、超人的なエネルギーとスタミナをもち、1日平均4時間睡眠で家事と仕事に全力を注いでいたという。「コンピューターのない時代の話よ。彼女はすべて紙に書き、読み、大量の書類と毎晩遅くまで向き合っていたの。仕事場の上が自宅で、内閣の会議をやっているところにデニスが降りてきて、閣僚たちに食事をふるまうよう指示するのよ。すると“あら、そうね”って、料理を作りに上がっていたの。一国の首相なのに、キッチンはごく質素だったのよ」

サッチャーは保守党所属でありながら、オックスフォード大学で化学を学んだことから地球温暖化にも興味をもち、中絶も容認し、健康保険の重要性を認識していた。ストリープが発見したサッチャーの魅力は、「保守党のイメージとはかけ離れた先進的な考え方の持ち主であったと同時に、女性らしさというものを決して失おうとはしなかった。男性社会においては女性らしさなんて、いっそ捨ててしまう方が楽だという誘惑も自分のなかにあったかもしれない。だけど彼女はそうしなかった。靴やバッグやヒラヒラのブラウスを愛していたの。でも、笑いや涙といった女性らしい感情、弱さを見せることが許されない場所にいた。だから“鉄の女”と呼ばれたのよ」と分析している。

「一人の偉大な女性の人生を、ある一時期だけではなく丸ごと眺めることができた。それがこの映画に出演できた大きな喜び」と語るストリープは、現在62歳。「この年齢になると、自分の人生を最初から振り返ってみることが実際にあるのよ。その一方で、重要なのはこの日、この瞬間だと気付くの。劇中、“ティーカップを洗うだけで人生を終わらせるのはイヤ”という若きサッチャーのセリフがあるけれど、そんな言葉を言えるのは23歳の女の子だけ。“私はママみたいにはならない!”って思いながらも、ある程度の年齢に達すると、自分も母親となんら変わらない女性になっていることに気づくのよ」

年をとるとは経験を積み重ねることであり、より内面が豊かになっていくということ。サッチャーの物語を通じて、ストリープは年齢を経ることの難しさと喜びを学んだという。

「若い頃はごう慢な部分があるかもしれない。でも年をとると、台所に立ってお皿を洗いながら、鳥のさえずりや子どもたちのはしゃぐ声を聴いていること、人生のごくありふれたその瞬間がとても美しいことだと感じられるようになるの。それだけでもう十分なのよ。映画の最後はそういった部分を描いているの。国のために懸命に働いてきた彼女が、夫を亡くしたことを受け入れ、台所から窓の外を眺めている。とても美しいシーンだと思うわ」

先日のアカデミー賞授賞式で、主演女優賞を受賞したストリープはステージにあがり「もうこの舞台に立つことはないだろう」とスピーチした。「別にリタイアするという意味じゃないのよ。ただ、彼ら(アカデミー会員)が私にオスカーをくれることはもうないって思ったから。3度ももらったし、彼らもいい加減、私に飽きているはずよ(笑)。うんざりされているとは思うけど、でもこの年齢になって再びこうして認めてもらった。とてもありがたいことよ」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全55件)
  • メリルのための脚本 サッチャー元首相を語るにはあまりにも駆け足。 メリル・ストリープ 渾身の演技に始まり、それを演じきった彼女のための作品という感。 ...続きを読む

    miharyi miharyiさん  2018年9月23日 17:56  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 孤軍奮闘の女性大統領 認知症演技のメリルが悲しみを誘う。夫役のジム・ブロードベンドがチャーミング。 ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月13日 22:20  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 面白かった。 英国病、と言う言葉を思い出した。サッチャーはやはり稀有な行動力、実行力のあった政治家なのだろう。 ...続きを読む

    哲也 哲也さん  2018年1月28日 13:33  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
  • インタビュー 翔んで埼玉 ディスり上等! 二階堂ふみ&GACKT「翔んで埼玉」に刻んだ耽美な“愛”
  • インタビュー サムライマラソン 佐藤健&森山未來が驚き、戸惑い、試行錯誤を繰り返した時代劇の現場とは?
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報