ラム・ダイアリー

劇場公開日

ラム・ダイアリー
3%
20%
56%
13%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2005年に自殺したアメリカのジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。1960年代のプエルトリコで、弱小新聞に執筆する酔いどれフリージャーナリストのポール・ケンプの破天荒な人生を描く。トンプソン原作の「ラスベガスをやっつけろ」にも主演したジョニー・デップが製作・主演。ニューヨークの喧騒に疲れたジャーナリストのポール・ケンプは、自然に囲まれたプエルトリコにやってくる。個性豊かな仲間と毎日ラム酒をあおる生活にすっかりなじんだケンプだったが、ある日、アメリカ人企業家のサンダーソンと知り合い、サンダーソンの婚約者シュノーの魅力に夢中になってしまう。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハードら。

2011年製作/120分/R15+/アメリカ
原題:The Rum Diary
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2010 GK Films, LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5【”ゴンゾー・ジャーナリズムを具現化した作品。けれど、皆、ラム酒飲み過ぎ!”ジョニー・デップの素顔の風貌とアンバー・ハードの美しさにヤラレタ作品。彼のジャーナリスト気質が横溢した作品でもある。】

NOBUさん
2022年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 私の手元には、今作のフライヤーがある。私は観たかったが、物理的に鑑賞出来なかった映画のフライヤーは捨てない。何時か観れる日が来ると信じて・・。そして、漸く今作を10年越しに鑑賞出来た。実に感慨深い。-

■伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を、彼を敬愛するジョニー・デップが自身の製作・主演で映画化。見事、ケンプ(トンプソンがモデル)になりきった・・、とフライヤーには記載されている。

◆感想

 ・ストーリーはシンプルであるので、割愛。
 まあ、簡単に言えば、1960年代に、南米プエルトリコの安い土地を投機で儲けようとした企業家サンダーソン(アーロン・エッカート)の目論見と、ポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が何とか職に就いた潰れかけた新聞社スター社とを、描いた作品である。
 が、今作が低評価なのはその辺りが上手く描かれていない事だと、推測する。

 ・だが、今作が光り輝くのは、当時、40代後半の素顔のパナマ帽を粋に被った、ジョニー・デップが演じるポール・ケンプの中年男の魅力と、私は名シーンだと思うのだが、ポールが夜の海にヨットで出た際に、海中から現れ出でたサンダーソンの婚約者であるシュノーを演じたアンバー・ハードのずば抜けた美しさである。
 更に言えば、酔ったシュノーの自由奔放な姿である。
 - これらのシーンを観れば、ジョニー・デップが共演したアンバー・ハードにヤラレタ理由は、分からないでもない。だが、この映画サイトはゴシップサイトではないので、これ以上の言及はしない。-

<現在、大変な事になってしまっているジョニー・デップであるが、彼の「MINAMATA」でも魅せたジャーナリズム魂は、今作の原作を書いた(で、エンドロールでも献辞の言葉が流れる。)故ハンター・S・トンプソンの姿を自ら演じた事で、十二分に感じられると思った作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.0ジョニー・デップ好みの感じだけど

UNEmiさん
2020年11月23日
PCから投稿

これは失敗でしょう……。
編集が下手すぎる気もするけど、話も尻切れトンボな感を否めない。
「え? 終わり?」という感じ。

もっとメリハリがあれば面白くもなっただろうに、残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

2.02005年に自殺したアメリカのジャーナリスト、ハンター・S・トンプ...

2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2005年に自殺したアメリカのジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。1960年代のプエルトリコで、弱小新聞に執筆する酔いどれフリージャーナリストのポール・ケンプの破天荒な人生を描く。トンプソン原作の「ラスベガスをやっつけろ」にも主演したジョニー・デップが製作・主演。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

2.5残ったのはアンバー・ハートのみ

トラ吉さん
2019年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

記憶に残ったのはアンバー・ハートのみ。
流石はジョニデを狂わしただけの事はあるわ。
ただただその事のみを思いながら観てしまったせいか、結局何が言いたい映画か解らんかった。女には気を付けろって事!?それは現実の話!?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トラ吉
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る