進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
7%
24%
35%
19%
15%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

既刊16巻が全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した2部作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の前編。「のぼうの城」「巨神兵東京に現わる」「日本沈没」の樋口真嗣監督がメガホンをとり、脚本には原作者の諫山とも交流のある映画評論家の町山智浩が参加。三浦春馬を主演に、長谷川博己、水原希子、石原さとみら豪華キャストが出演している。100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。生き延びた人々は巨大な壁を三重に築き、その中で暮らしていた。壁に守られた安寧とした生活に苛立ちを覚えるエレンは、まだ見ぬ外の世界を夢見ていたが、ある時、そんなエレンの目の前に人類の想定を超える超大型巨人が出現。壁の一部を破壊し、そこから巨人たちが町になだれ込んでくる。次々と巨人が人間を食らう地獄をからくも生き延びたエレンは、2年後、対巨人兵器の立体機動装置で武装した調査兵団の一員になっていた。調査兵団は壊された壁の修復作戦を決行するが……。

2015年製作/98分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
特撮監督
尾上克郎
原作
諫山創
脚本
渡辺雄介
町山智浩
製作
市川南
鈴木伸育
共同製作
中村理一郎
原田知明
堀義貴
岩田天植
弓矢政法
高橋誠
松田陽三
宮田謙一
吉川英作
宮本直人
千代勝美
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデューサー
佐藤善宏
ラインプロデューサー
森賢正
プロダクション統括
佐藤毅
城戸史朗
撮影
江原祥二
照明
杉本崇
美術
清水剛
録音
中村淳
田中博信
扮装統括
柘植伊佐夫
装飾
高橋光
特殊造型プロデューサー
西村喜廣
スタントコーディネーター
田渕景也
編集
石田雄介
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
VFXスーパーバイザー
佐藤敦紀
ツジノミナミ
音響効果
柴崎憲治
音楽
鷺巣詩郎
主題歌
SEKAI NO OWARI
スクリプター
河島順子
助監督
足立公良
制作担当
斉藤大和
音楽プロデューサー
北原京子
撮影(特撮セカンドユニット)
鈴木啓造
桜井景一
照明(特撮セカンドユニット)
小笠原篤志
美術(特撮セカンドユニット)
三池敏夫
操演(特撮セカンドユニット)
関山和昭
スクリプター(特撮セカンドユニット)
黒河内美佳
助監督(特撮セカンドユニット)
中山権正
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C)諫山創/講談社

映画レビュー

3.5決してクソでもないし、嫌いでもない。

2020年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

興奮

まず愚痴から入らせてください。この映画はよく「クソ映画」などと言われているわけです。私の友人がそう言っておりなぜかと聞くとネットで言われているからと。意見を言うならちゃんと自分の目で確かめてから見ろってんですよ。見てもないのに決めつけて。実写版「がっこうぐらし」の予告のユーチューブのコメント欄なんて酷いですよ。周りに流されるな!自分の目と耳で聞いて見て確かめろってんですよ。映画に限らず。
さて、レビューに入ります。
良いところは沢山あります。
一番は巨人が凄く恐ろしいところですね。特撮で撮っているからこその味と恐怖があると思います。巨人の造形は文句なしです。そして捕食シーンこれも最高!巨人に食われる時に「助けて!」とか「ごめんなさい!」とか叫んでいるところが恐怖を引き立てていて良いなと思いました。物語上わかっていると思いますがかなりグロいです。苦手は人は見ない方がいいかもしれません。私はグロは平気なので死ぬところや体が切断されたりするところはリアルでこの点も最高でした。
それからアクション。立体起動装置を使ってのワイヤーアクションは迫力があって映画館で見たかったなーと思えるような出来でした。
演技も上手い人が多い印象でしたね。個人的mvpは石原さとみ演じるハンジです。ハイテンションな演技は見ていて楽しいです。
さて、ここまで褒めてきたわけですがネットでここまで言われていることもあり、やっぱり良くない部分も多々あります。
まず脚本ですね。正直ドラマパートはあまり面白くないです。なんのために入ったのかよく分からないエロや単独行動を始めるわ叫ぶなと言われているのに大声を出すなど調査兵団のバカさが気になりました。
もう一つはキャラの扱い方ですかね。原作は未読ので原作でどうなのかは分かりませんが特にアルミンとエレンと喧嘩したあの兄ちゃんはどうにかならなかったのかと。
アルミンはラスト以外必要あるのか分からない説明役になってました。兄ちゃんは決して間違った事は言ってないのにただ膝食らわされてて可哀想でした。
まあそれをカバーするくらいにラストのアクションや巨人の造形が良いのは確かです。是非ご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

4.0それでいいのか? 石原さとみ!!

2020年9月16日
Androidアプリから投稿

進撃の巨人、アナザーストーリー
世界観を借りた、別物
一応、完結してるし
そう思って観ることをオススメします。

雑魚巨人の気持ち悪さ
最高~っ!!でした。

三浦春馬、Thanks!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アルマ次郎

3.0進撃の巨人ではなかった

さん
2020年9月7日
iPhoneアプリから投稿

怖い

進撃の巨人を模した別の作品という感じだった。ストーリーとキャラクターが中途半端に採用されていたため、物語も全体的に中途半端に感じた。別の物語として映画化されていたらよかったかもしれない。

また、おそらく進撃の巨人を知らない人に向けて分かりやすいようにしたのだろうが、説明するセリフがやや多い気がする。そこ説明いる?と思うところや、そのセリフは余計な気がすると思うところがいくつかあった。全体的にテンポが悪い。

エレンがミカサのこと想いすぎ…なのもちょっと拍子抜け。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
み

1.5原作と別にしたかったのなら全員別のキャラクターにすれば良かったのに

ぷっこさん
2020年9月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ハンジ役の石原さとみちゃんが好きでした。
スピンオフの進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙のドラマの方が面白かったです。

「映画化は、原作を再現することではなく、面白い作品を作ることが目的であるべきだと思っています。そしてそれはこの映画で達成されたのではないかと思っています」と原作者の方が映画を見ておしゃったみたいです。

それなら変に原作の要素をいれずに漫画には描いていない登場人物で作れば良かったのではないか。

キャラクターに添えないのであればそれはファンから文句を言われるでしょう。
どの作品で何を演じても仕草しゃべり方、歩き方が一緒の人を器用するのはやめて欲しい。演じてるのではなくその人本人にしか見えないです。
比較的年齢が上の人が演じてるのも違和感でした。

個人的に巨人が人間らしくて気持ち悪かった。
もっとCGを使えば良かったのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぷっこ
すべての映画レビューを見る(全509件)