進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
7%
24%
36%
18%
15%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

既刊16巻が全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した2部作「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の前編。「のぼうの城」「巨神兵東京に現わる」「日本沈没」の樋口真嗣監督がメガホンをとり、脚本には原作者の諫山とも交流のある映画評論家の町山智浩が参加。三浦春馬を主演に、長谷川博己、水原希子、石原さとみら豪華キャストが出演している。100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。生き延びた人々は巨大な壁を三重に築き、その中で暮らしていた。壁に守られた安寧とした生活に苛立ちを覚えるエレンは、まだ見ぬ外の世界を夢見ていたが、ある時、そんなエレンの目の前に人類の想定を超える超大型巨人が出現。壁の一部を破壊し、そこから巨人たちが町になだれ込んでくる。次々と巨人が人間を食らう地獄をからくも生き延びたエレンは、2年後、対巨人兵器の立体機動装置で武装した調査兵団の一員になっていた。調査兵団は壊された壁の修復作戦を決行するが……。

2015年製作/98分/PG12/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
特撮監督
尾上克郎
原作
諫山創
脚本
渡辺雄介
町山智浩
製作
市川南
鈴木伸育
共同製作
中村理一郎
原田知明
堀義貴
岩田天植
弓矢政法
高橋誠
松田陽三
宮田謙一
吉川英作
宮本直人
千代勝美
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデューサー
佐藤善宏
ラインプロデューサー
森賢正
プロダクション統括
佐藤毅
城戸史朗
撮影
江原祥二
照明
杉本崇
美術
清水剛
録音
中村淳
田中博信
扮装統括
柘植伊佐夫
装飾
高橋光
特殊造型プロデューサー
西村喜廣
スタントコーディネーター
田渕景也
編集
石田雄介
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
VFXスーパーバイザー
佐藤敦紀
ツジノミナミ
音響効果
柴崎憲治
音楽
鷺巣詩郎
主題歌
SEKAI NO OWARI
スクリプター
河島順子
助監督
足立公良
制作担当
斉藤大和
音楽プロデューサー
北原京子
撮影(特撮セカンドユニット)
鈴木啓造
桜井景一
照明(特撮セカンドユニット)
小笠原篤志
美術(特撮セカンドユニット)
三池敏夫
操演(特撮セカンドユニット)
関山和昭
スクリプター(特撮セカンドユニット)
黒河内美佳
助監督(特撮セカンドユニット)
中山権正
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C)諫山創/講談社

映画レビュー

1.0原作と違いすぎる

shionさん
2020年1月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shion

1.0進撃もどき

Y Kさん
2019年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作全巻持ちで、アニメも全話見ています(ova除く)。今まで見ようと思いながらも不評すぎるレビューの数々に恐れて見てきませんでした。しかし、遂に決心して観ました。
感想
基本的に実写作品は否定しないで原作との比較を楽しんでいる方ですが、すみません。今回はあえて厳しくレビューしていきます。正直に述べます。あまりの酷さに何もいいたくありません。褒めるとすれば巨人のビジュアル。不気味さが出ててよかったかな?しかし、この作品根本的に作品ジャンルが原作とは別物なのでそう解釈しての褒めポイントです。原作の目線だと当然アウトです。
 先程ジャンルが違うと述べましたが、原作は王道な熱い少年漫画のダークバトルファンタジーです。そして映画ですが、冷め切ったバトルアクションものです。ウルトラマン的な特撮バトルと意味不明な間延びの展開の数々。特にミカサとシキシマ(リヴァイの代役)には吐き気がしました。
 何もいいたくないと言いながら不平不満をただ述べてしまいました。
総評
 よくこんなものを世界発進の超大作と命名して公開しましたね!公開当時、この映画を楽しみに観に行ったファンの方へ、お気持ちお察しします。原作に中途半端に似せる展開が続編で無くなっていることを期待して今回のレビューを終わります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y K

4.5独立、だからこそ完成している作品だと思えた。

N.riverさん
2019年10月9日
PCから投稿

原作付きの映画だが、必ず紐づけしなければならない理由が見当たらない。
と思うほど、原作を全く知らないせいで、作品単体としての仕上がりの良さにのめりこめた。物語にも画面にも既視感がなく、貴重。それでいて説得力があり、観ていて気持ちが途切れない。
今の心境としては、原作は読まなくていいと思えるくらい一つの作品として完成していたように思う。
監督は好物だったガメラシリーズの樋口監督と後で知り、作中あったリアル感、臨場感に納得する。進撃ファンというより、樋口ファン向け映画ではなかろうか。
続きも見ようと思う。楽しみでならない。

それにしても気づいたら、ナチュラルに人の尻を次々見ている自分にビックリ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N.river

3.5クソ映画と呼ぶにはあまりに十分。それでも嫌いになれない!

2019年10月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

単純

興奮

進撃の巨人
鑑賞日 2015 ? 2018 11/24

原作は全て読んだ状態で、この作品を初めて見た時が当時中学一年生。鑑賞後の感想は「早く続編のエンド・オブ・ザ・ワールドが見たい」だった。特につまらないとは感じなかったし、グロくて楽しい!くらいだった。今になって見てみると演技、CG、アクション、粗探しをしようと思えばいくらでもできるクソ映画だが、それでも嫌いになれない作品。まず、超人気コミックを日本の技術と予算で実写化しようとした勇気と、挑戦の心を評価したい。3重の壁を原作通りのピカピカなものでなく、現実的でリアルなボロボロの壁や、貧しい生活をしている人々、原作通りなグロさと巨人の気持ち悪さ、とてもリアルな世界観が自分はすごく好きだ。そして映画オリジナルのキャラクターの設定や音楽もとても気にいっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カトソラ
すべての映画レビューを見る(全495件)