のぼうの城 : 映画評論・批評

メニュー

のぼうの城

劇場公開日 2012年11月2日
2012年10月31日更新 2012年11月2日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにてロードショー

脚本、撮影、演技のすべてがそろった痛快娯楽時代劇

まさに「1スジ、2ヌケ、3ドウサ」。脚本の企画・開発に十分な手間暇をかければ、映画が面白くなるなることを実証した作品だ。原作は和田竜が脚本として書いた「忍ぶの城」で2003年城戸賞受賞。その後「のぼうの城」として小説化され、08年上半期直木賞ノミネート、09年本屋大賞第2位となった痛快時代小説だ。多勢に無勢、判官ひいきな日本人にはお誂え向きな内容で、よくこんな史実を見つけたものだ。のぼう様こと成田長親が守る武州・忍城は500騎(農民を含めて2000人)の軍、対する石田三成率いる秀吉軍は20000人の大軍。余裕しゃくしゃくの秀吉軍に対しあの手この手の奇策を用いるのぼう軍の、敵の鼻を明かすような戦いぶりに笑いが止まらない。

「ドウサ」でいえば、飄々として誰からも愛される“智将”のぼう役の野村萬斎、成田家家老の“豪傑”正木丹波守役の佐藤浩市の2人が盤石の布陣。思えば、能楽師・萬斎の映画デビュー作は黒澤明監督の戦国時代劇「」であり、原作小説では大男だったのぼうを、萬斎は狂言回し的な愛すべきキャラに変奏させ、観る者を魅了する。(脚本でわずか1行だけだった)田楽踊りは必見だ。

共同監督の犬童一心樋口真嗣による「ヌケ」もなかなかの出来映えだ。とくに樋口監督にとってはリメイク版「隠し砦の三悪人」(2008)の汚名返上か。惜しむらくは「七人の侍」の勘兵衛(志村喬)が広げる村の見取り図のごとく、忍城の守りの地図があれば満点なのだが、それは贅沢すぎるというものだろう。

サトウムツオ

関連コンテンツ

インタビュー

野村萬斎「のぼうの城」で体現してみせた“すきを見せる演技”(1/2)
インタビュー

時代劇の枠を軽やかに、そして優雅に飛び越えた異色の戦国武将が誕生した。狂言師・野村萬斎が9年ぶりとなる映画「のぼうの城」で演じた成田長親だ。石田三成率いる2万の軍勢を500の兵、領民で食い止め、豊臣秀吉が唯一落とせなかった忍城の城代。...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

のぼうの城 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] のぼうの城 豪華版Blu-ray【完全初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] のぼうの城 豪華版DVD【完全初回限定生産】[DVD] のぼうの城 通常版DVD[DVD]
のぼうの城 スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] のぼうの城 豪華版Blu-ray【完全初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] のぼうの城 豪華版DVD【完全初回限定生産】[DVD] のぼうの城 通常版DVD[DVD]
発売日:2017年6月2日 最安価格: ¥2,165 発売日:2013年5月2日 最安価格: ¥2,527 発売日:2013年5月2日 最安価格: ¥2,203 発売日:2013年5月2日 最安価格: ¥2,106
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全119件)
  • 戦国時代の局地戦 どのくらい創作が含まれているのかなど詳しくないのでわからないが、一般にはさほど有名ではない戦国時代の局地戦も描きようによってはおもしろくなるものだと改めて思った。下手な関ヶ原や川中島のドラマや映... ...続きを読む

    肉ネ~ム 肉ネ~ムさん  2018年3月1日 23:13  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 野村萬斎さん 良いね。脇役も個性派揃いで面白かった。 ...続きを読む

    k kさん  2017年12月9日 20:33  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • うむむ 原作未読。ストーリーは面白いし分かりやすいけど、イマイチ入り込めなかった。あと終盤のシーンがダラダラと長い印象。エンドロールにも違和感。(トイレ我慢してたからかも) 映像は迫力あってよかったと思う。 ...続きを読む

    棒人間 棒人間さん  2017年7月22日 00:14  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi