ALLTIME BEST

劇場公開日:

乱

解説

巨匠・黒澤明が構想10年・製作費26億円をかけて完成させたライフワーク的作品で、シェイクスピアの悲劇「リア王」をベースに毛利元就の「3本の矢」の故事などを取り入れながら、裏切りと憎しみの中で殺し合う人々の姿を壮大なスケールで活写した戦国時代劇。70歳を迎えた猛将・一文字秀虎は、家督を3人の息子に譲ることを決意する。息子たちの団結を信じきって自らは隠居を望む弱気な父に対し、3男の三郎は異を唱えるが、怒った父に追放されてしまう。しかし三郎の予想通り、兄の太郎と次郎は秀虎に反旗を翻し、血で血を洗う骨肉の争いが始まる。ワダ・エミが衣装を担当しアカデミー衣装デザイン賞を受賞。公開から30年を経た2015年に4Kデジタル修復版としてよみがえり、第28回東京国際映画祭「Japan Classics」部門で上映された後、17年4月より劇場公開。

1985年製作/162分/日本・フランス合作
配給:KADOKAWA
日本初公開:1985年6月1日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
黒澤明
小国英雄
井手雅人
エグゼクティブプロデューサー
古川勝巳
プロデューサー
セルジュ・シルベルマン
原正人
プロダクションコーディネーター
黒澤久雄
演出補佐
本多猪四郎
撮影
斎藤孝雄
上田正治
撮影協力
中井朝一
美術
村木与四郎
村木忍
照明
佐野武治
録音
矢野口文雄
吉田庄太郎
整音
安藤精八
効果
三縄一郎
衣装デザイナー
ワダエミ
編集
黒澤明
音楽
武満徹
指揮
岩城宏之
助監督
岡田文亮
ゼネラルプロダクションマネージャー
ウーリッヒ・ピカール
プロダクションマネージャー
野上照代
飯泉征吉
井関惺
アシスタントプロダクションコーディネーター
ベルナルド・コーン
狂言指導
野村万作
能作法指導
本田光洋
横笛演奏指導
鯉沼廣行
馬術指導
渡辺隆
殺陣
久世竜
久世浩
ホースチームマネージャー
宮本浩司
テクニカルアドバイザー
松尾民夫
題字
今井凌雪
スチール
原田大三郎
佐藤芳夫
視覚効果
中野稔
光学撮影
小野寺浩
宮重道久
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第9回 日本アカデミー賞(1986年)

受賞

音楽賞 武満徹

ノミネート

助演男優賞 植木等

第58回 アカデミー賞(1986年)

受賞

衣装デザイン賞 ワダ・エミ

ノミネート

監督賞 黒澤明
撮影賞 斎藤孝雄 上田正治 中井朝一
美術賞  

第43回 ゴールデングローブ賞(1986年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)1985 KADOKAWA/STUDIO CANAL

映画レビュー

2.0インパクトNo.1、楓の方…

KEIさん
2022年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
KEI

4.0戦いとは権力者同士の戦いと言うことを見事に描いていると思った。これが武士が行ってきた出来事だ

マサシさん
2022年4月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

火山の砂走りの様な所に城を建てて、そこを舞台に見立てて、大掛かりに演じさせた舞台劇と言えよう。大変に素晴らしい芸術と言える。
但し、大殿の年齢が70歳以上と言うのが、やや無理があると思う。リヤ王なのだから、仕方ないが主人公をもう少し別の若い役者さんに演じさせても良かったのではないかと思う。黒沢監督の狙いかもしれないが、舞台上で演技をしているようにどうしても見えてしまう。声のトーンや演技が大袈裟過ぎる様に感じた。まぁ、正に、黒沢監督の狙いだと思うが、生活感が全く見えない。城以外建物が何もない。こんなところでは、農業なんて営めないと思う。狙いだと思うが。しかし、合戦があまり迫力が無いと思った。エキストラが右に行ったり、左に行ったり。何処かの国のマスゲームを見ているようだった。
しかし、戦いとは権力者同士の戦いと言うことを見事に描いていると思った。これが武士が行ってきた出来事だと思って間違いない。狭い日本を家族で分け合えなくて、自らの命まで落とす。世界には出ていける訳が無い。リヤ王が島国イギリスの話であり、同じ様な事をイギリス(イングランド)もやっているが、イングランドは言うに及ばず、大英帝国である。日本はそれを真似たが、沖縄は米国に占領され、北方領土はロシアから返してもらえない。島国のままである。
サムライジャパンと比喩するのは少し無理があると思うが。クール・ジャパンとかね。かっこ悪いと僕は考える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マサシ

2.0巨匠75歳、自虐の詩w

so whatさん
2022年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
so what

1.5申し訳ないけど途中で消した

2022年3月15日
スマートフォンから投稿

最初面白いかなぁって思いながらBS録画で見てたけど途中から仲代達矢がフラフラした辺りからつまらんくなって途中で消しました。スミマセン🙇おもろくない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コウチャン
すべての映画レビューを見る(全31件)