キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」
メニュー

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

劇場公開日

解説

1947年のシカゴ、バーを営むポーランド系移民のレナード・チェスは、ギタリストのマディ・ウォーターズとハーモニカ奏者のリトル・ウォルターを雇い、彼らのブルースで客を魅了していた。その流れでレコード・ビジネスへ参入したチェスは、チャック・ベリーやエタ・ジェイムズなど数々のスターを生み出すが……。「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ、「バスキア」のジェフリー・ライト、「ドリームガールズ」のビヨンセ・ノウルズら豪華俳優が、シカゴ・ブルース全盛期の時代に生きた人々を熱演。

キャスト

作品データ

原題 Cadillac Records
製作年 2008年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 108分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “Once In A Lifetime”

映画評論

結局、すべての物語がビヨンセに集約される
キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語の映画評論・批評

何はともあれビヨンセである。音楽ファンの立場から言えば、マディ・ウォーターズやチャック・ベリー、ハウリン・ウルフやボ・ディドリーも在籍したシカゴのチェス・レコードの物語、ということになるのだろうけど、そんな黒人音楽の偉人たちに最大のリ...キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全6件)
  • ロックンロール前夜。 ブルース〜ロックンロール〜リズム&ブルースとアメリカのルーツ・ミュージックをM・ウォーターズを核としながらレーベル、チェス・レコードを描く贅沢な伝記映画。 主要登場人物が多い分、存分にそれぞれを... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2018年4月12日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ビヨンセ!! 最後に彼女が歌う曲が好きです。 一見の価値ありです ...続きを読む

    なぽ なぽさん  2015年5月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ブラックミュージックのルーツ ビヨンセの熱唱。 本当に上手いけどビヨンセが歌うとどうしても現代の歌に聞こえてしまう。 ...続きを読む

    pazoo pazooさん  2015年3月31日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi