キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語のレビュー・感想・評価

キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語

劇場公開日 2009年8月15日
7件を表示 映画レビューを書く

ブラックミュージックファン必見

映画の起承転結がそのままブラックミュージックの歴史と対応する見事な構成
ブルース以前、チェスレーベルとブルースの誕生、ロックンロールとソウルミュージックの誕生、チェスとブルースの終焉
マディウォータース、リトルウォータース、ハウリンウルフ、チャックベリー、エタジェームス
伝説の巨人達がどうブラックミュージックの歴史を作りあげていったのか
生きた人間達の生々しいエピソードを積み重ねて見せてくれます
断片的にしか知らない文字だけの略歴が、彼ら彼女らの人生のストーリーとして本当に生きていた等身大の人間のドラマとなって描かれています
ビヨンセが本当にエタジェームスに見えるのがすごい
ミネソタファッツのエピソードは
映画ハスラーを見ていれば更に感慨深い
劇中クロスオーバーという言葉がキーワードとして登場します
黒人だけの人種限定音楽が、ブルースを経てロックンロールでチャートのページをクロスオーバーする
クロスオーバーの概念を視覚的にヒットチャートのページをクロスオーバーする様子で見せてくれたのは正直目からウロコ
素晴らしい表現だと感動しました

あき240
あき240さん / 2018年7月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロックンロール前夜

ブルース〜ロックンロール〜リズム&ブルースとアメリカのルーツ・ミュージックをM・ウォーターズを核としながらレーベル、チェス・レコードを描く贅沢な伝記映画。

主要登場人物が多いから存分にそれぞれを描くのには物足りなさもあるが飽きることなく楽しめる。

中盤からビヨンセの見せ場になる歌唱力に飽々とストーンズのメンバーのクオリティの低さにもビックリしてしまう!?

リトル・ウォルターの破滅的な人生にM・ウォーターズとH・ウルフの険悪な関係性に滑稽なC・ベリーと魅力溢れる人物を間違いない役者陣が演じ物語もテンポ良くシカゴ・ブルースに触れるには良い教材的な作品になっていると思う。

若かりし頃にバスキアを演じた俳優が渋みを増しM・ウォーターズを演じているのも面白い。

万年 東一
万年 東一さん / 2018年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ビヨンセ!!

最後に彼女が歌う曲が好きです。
一見の価値ありです

なぽ
なぽさん / 2015年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ブラックミュージックのルーツ

ビヨンセの熱唱。
本当に上手いけどビヨンセが歌うとどうしても現代の歌に聞こえてしまう。

pazoo
pazooさん / 2015年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャデラックは成功の証 アメリカ黒人音楽の歴史の一幕

総合75点 ( ストーリー:75点|キャスト:80点|演出:75点|ビジュアル:70点|音楽:75点 )

 音楽で成功を夢見る男たちの、ぎらぎらとした欲望が渦巻いていた。金に女にキャデラック。差別が強くて黒人の音楽は全て「レース・ミュージック(Race music)」と言われていたこの時代、車自体が高嶺の花だったのに黒人が高級車キャデラックを手にするのは成功の証であり象徴であろう。
 そんな時代の社会を描くのがなかなか上手い。当時の人々の価値観や生き様がだいぶん現代とは違うが、それを映画用に角を取ってまるくするのではなくて、登場人物の素行の悪さや賄賂や犯罪行為といった悪い部分も含めてそのままぶつけてくる描き方が気に入った。ただしチェスが信頼を失って会社を去る状況はもっと詳しく描いてほしかった。
 チャック・ベリー以外の登場人物のことは知らないが、事実に基づく話だしアメリカの戦後の音楽の歴史の一幕がわかって面白い。実は前から似ているとは思っていたが、ビーチボーイズの「サーフィンUSA」がチャック・ベリーのぱくりで訴訟になっていたのは知らなかった。同様に黒人音楽の歴史を扱った「ドリームガールズ」よりもこちらのほうが気に入った。

Cape God
Cape Godさん / 2013年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

音楽でアメリカを変えた人々の物語 の割には…

R&Bに興味のある方に、おすすめします。
今の時代のR&Bのルーツが少し勉強出来ます。

ビヨンセの歌声目当てで観ましたが、あんまり歌ってくれなかったのが少し残念。
(ドリームガールズっぽいのを期待してました)

最後がちょっと雑な締め方だったけど実話に基づいた映画らしいので、なんだかんだで満足です。

しょうぴー
しょうぴーさん / 2010年8月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古き良きアメリカ

黒人を差別する時代に
黒人歌手で一山当てた白人が造ったレコード会社の物語り

成功した証にキャデラックを与えます
キャデラックの高級度がおじさんには少しわからないのですが
とってもすごいことだったんでしょう

ビヨンセ綺麗です

赤いおじさん
赤いおじさんさん / 2010年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報