旅立ち 足寄より

劇場公開日:

  • 予告編を見る
旅立ち 足寄より

解説

フォークシンガー松山千春が23歳の時に書き下ろした自伝小説「足寄より」を映画化。「リアル鬼ごっこ」「泣きたいときのクスリ」の大東俊介が若き日の松山を演じている。共演に萩原聖人、石黒賢、泉谷しげる、尾野真千子ほか。北海道の足寄から出てきた破天荒なシンガー松山と、松山のデビューに人生を賭けたラジオディレクターの竹田の世代を超えた男同士の深い絆を描く。

2008年製作/112分/日本
配給:エム・エフボックス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2008 PLUSMIC CFP

映画レビュー

4.0デビュー当時のいきさつ

2022年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

リアルタイムで2回ほど鑑賞

当時、書店で「足寄より」が売られていたのを見ていたが、特に手に取ることもなかった。

竹田健二氏が亡くなって云々は、風の便り的な感じで知っていたが、この映画で概要を知った。
(短い尺の中なので、映画では若干の脚色がありそう)

松山千春と竹田健二が出会っていなかったら、どうなっていたのか・・・

最後は結構泣ける。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
kita-kitune

4.0松山千春自伝小説の映画化 。規格外の大型新人が、STVラジオの名デ...

2021年12月12日
スマートフォンから投稿

松山千春自伝小説の映画化 。規格外の大型新人が、STVラジオの名ディレクター竹田健二に見出され、大スターになる。
ラジオ番組の中に「千春のひとりうた」というコーナーを作りオリジナル曲を毎週2曲ずつ披露していく。公開収録のようなステージでお客さんの前で弾き語り。トークも非常に上手くてあっという間に人気に火がつく。
千春のオヤジがラジオから流れる声を無言で聴きつづける。泉谷しげるが演じてるんだけど、抑えた演技で台詞も少ないがその姿勢が凄くよかった。
優しさしかない竹田さんが人格者で本当に素晴らしい。松山千春のことを思っての行動や言葉の数々に胸が熱くなった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
collectible

4.0松山千春の人となりがわかる感動ノンフィクションでした。エンドロール...

2021年1月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

松山千春の人となりがわかる感動ノンフィクションでした。エンドロールの曲は郷愁でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
tuna

2.5松山千春・・

2020年12月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

松山千春の自伝小説より。夜中に地上波で見た。ラジオ局のディレクターの竹田さんと二人三脚で活動してきた様子が主なストーリー。自分が中学生の頃、オールナイトニッポンを聴いてたのを思い出した。「大空と大地の中で」は良い曲。度々かかっていた。2009年の邦画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
亮一君
すべての映画レビューを見る(全6件)

他のユーザーは「旅立ち 足寄より」以外にこんな作品をCheck-inしています。