三浦祐太朗、千春役「順調です」 両親ゆずりの美声&演技で魅了

2012年7月24日 06:00

公開稽古で自信を見せた三浦祐太朗
公開稽古で自信を見せた三浦祐太朗

[映画.com ニュース] 三浦友和と百恵さん(旧姓山口)夫妻の長男で、歌手の三浦祐太朗が主演する舞台「旅立ち~足寄より~」(7月30日~8月3日/東京・草月ホール)の公開稽古が7月23日、都内で行われた。大物2世が現役フォークシンガー・松山千春役をオーディションで勝ち取り、話題の舞台。祐太朗は、これまでの稽古を振り返り「ものすごく順調です」と自信の笑み。両親ゆずりの演技力と歌声を披露し、風間トオル杉田二郎ら共演陣を唸らせた。

関係者以外の前で初めて本格的な演技を披露した祐太朗。台本を一切持たず長セリフでもかむことなく、周囲を驚かせた。「セリフ覚えは悪いから、風呂にも台本を持って入って……。稽古が始まってからは“体で覚える”感覚がわかってきた」と充実感をにじませた。対峙した実力派俳優・風間がその才能に太鼓判。「本当に落ち着いていて、目も泳いでいないし、初舞台の感じがまったくしない」と絶賛した。

祐太朗はかつてロックバンドを率いていたとあって、歌とギター演奏は抜群。持ち前の美声に加え、松山が得意とするツーフィンガー奏法で名曲「旅立ち」を熱唱。これにはフォークシンガーとして松山の先輩にあたる杉田も感慨深げで、「今日初めて祐太朗君の歌を聴いたけれど“青春のあの頃”をしっかり捉えている。(千春の)若い頃の作品を若い人が歌うとやっぱりすごいね」とベタボメした。

城咲仁が「祐太朗君に気持ちよく松山千春になってもらうため、みんな一致団結しています」と共演者の思いを代弁。同じ2世タレントの若山騎一郎逸見太郎らから稽古後飲みに誘われるなど温かい輪に囲まれ、祐太朗は「皆さんからたくさんアドバイスをいただいて感謝です」と謙虚に頭を下げた。

両親や弟(三浦貴大)は本番を見に来るかについては、「暇なら行こうかって感じなんじゃないですか。あんまり連絡とっていないんですよ。いや、家族仲は良いんですよ」と笑わせた。松山本人も観覧する可能性があり「来てくださるなら光栄。緊張するけれど、自分のベストを見てもらい、率直にどうですか? と聞いてみたい」と期待を膨らませた。公演期間中の8月1日には「旅立ち」のカバーでソロCDデビューも果たす。

舞台は、松山のデビュー35周年に合わせ企画されたもの。1977年に「旅立ち」でデビューした松山が、その2年後に当時23歳で書き下ろした自伝的小説「足寄より」が原作。若き松山と北海道STVラジオ・故竹田健二ディレクターとの出会いと別れを感動的に描く。風間が竹田ディレクター役、杉田が松山の父役。逸見、若山、城咲は各局のラジオ制作マンに扮する。ほかに松山の姉役で保田圭、憧れの女性役で鎌田奈津美らが共演。文化通信社の創立60周年記念特別公演となる。(映画.com×文化通信.com)

(映画.com×文化通信)

Amazonで今すぐ購入
旅立ち~足寄より~[DVD]

旅立ち~足寄より~[DVD]

最安価格: ¥4,136

松山千春のベストセラー自伝小説『足寄より』から生まれた、友情と深い絆の物語。「昭和50年全国フォーク音楽祭・北海道大会」の会場に到着した当時19歳の松山千春。あえなく落選してしまった彼だが、審査員として彼の歌を聴いていたSTVラジオディレクター竹田健二は、いち早く彼の才能に気付き…。
松山千春 ビデオクリップ集[DVD]

松山千春 ビデオクリップ集[DVD]

ライブDVD「デビュー30周年記念コンサート『再生』」に続いて、待望のビデオクリップ集が登場!2001年以降に発売された全シングルの中から代表曲をセレクトしたファン必携のアイテム!出演:松山千春

フォトギャラリー

(C)文化通信

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース