それでも恋するバルセロナ
ホーム > 作品情報 > 映画「それでも恋するバルセロナ」
メニュー

それでも恋するバルセロナ

劇場公開日

解説

婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。ウッディ・アレン監督が、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデムを主演にスペインで撮影したロマンス・コメディで、ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

作品データ

原題 Vicky Cristina Barcelona
製作年 2008年
製作国 アメリカ・スペイン合作
配給 アスミック・エース
上映時間 96分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第81回 アカデミー賞(2009年)

受賞
助演女優賞 ペネロペ・クルス

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

受賞
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ハビエル・バルデム
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) レベッカ・ホール
最優秀助演女優賞 ペネロペ・クルス

インタビュー

スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ウッディ・アレン監督が語る
インタビュー

ウッディ・アレン監督最新作「それでも恋するバルセロナ」は、バカンスでバルセロナを訪れた2人の女性、恋愛保守的なビッキー(レベッカ・ホール)と恋に積極的なクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)が、ひとりの男フアン・アントニオ(ハビエ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ルビッチとロメールを融合させて色恋沙汰のねじれや反転をたっぷりと描く
それでも恋するバルセロナの映画評論・批評

恋愛はややこしい。三角関係はもっとややこしい。四角関係になるとさらに……といいたいところだが、意外にも、ここまで来るとガスの抜けることがある。事情は、よじりすぎた紐が真っ直ぐな紐に見えてしまうのと似ているかもしれない。もちろん、一本の...それでも恋するバルセロナの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全54件)
  • 関係はドロドロなのに何故かカラッとしてた ・細かい説明はすべてナレーションで90分にスッキリとまとめた ・新婚で慎重派なヴィッキーと恋愛体質な情熱派のクリスティーナ(スカヨハ)がバルセロナでセクシーな画家のアントニオ(ハビエルバルデム)... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 恋は自由なものだけど… ネタバレ! "望まないものは分かるけど、望むものは分からないの" クリスティーナが言った台詞が忘れられない。 スカーレット・ヨハンソがとてもキュートで、ペネロペ・クルスがめっちゃ綺麗。 ...続きを読む

    セツ セツさん  2018年1月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 官能的な脚本でスゲー。 ウッディ・アレンっぽさが全開の作品だなー と、直近の『カフェ・ソサエティ』を思い出しながら観ていた。 情緒溢れるスペインのバカンス風景と、それを彩る「バルセロ〜ナ〜♫」の音楽が好印象で耳にも残る... ...続きを読む

    幸ぴこリン 幸ぴこリンさん  2017年12月12日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「それでも恋するバルセロナ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi