それでも恋するバルセロナ

ALLTIME BEST

劇場公開日

それでも恋するバルセロナ
5%
40%
42%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。ウッディ・アレン監督が、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデムを主演にスペインで撮影したロマンス・コメディで、ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。

2008年製作/96分/アメリカ・スペイン合作
原題:Vicky Cristina Barcelona
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第66回 ゴールデングローブ賞(2009年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ハビエル・バルデム
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) レベッカ・ホール
最優秀助演女優賞 ペネロペ・クルス
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

映画レビュー

3.5女性についての洞察

雨音さん
2022年2月15日
Androidアプリから投稿

楽しい

知的

個性が少しずつ違うキラキラの美女が約3人。女の私から見てもそれぞれとても素敵。あと、イケメンが約1人。そして舞台はエキゾチック。まずは単純に彼女たちを見るのが楽しかった。

加えて、この二人の女性の(というか三人かも?)心理はけっこう理解できてしまうので、他人事ではないので、のめり込めてしまう。

彼女たちは、こうしてみると変だ。
単純ではないくせに揺れすぎる。延々にぐるぐると廻りながら、失敗を繰り返し、悩み続けそう。でも本人たちは至って真面目だし、それなりに考えて筋を通しているつもり。その必死さは、可愛くさえ思えてくる。

「バルセロナ」にひかれて衝動的に見てしまったけど、後でウッディ・アレンの監督だと知って納得。

ところで、二人のうち最終的にどちらが幸せになれるんだろう?
クリスティーナの方が、無茶そうに見えて一つ一つ確実にステップを踏んでいくから、最後には自己満足感は得るかもしれない。一方、ビッキーの行末は、きっとジュディと同じでしょ。
で、自分はどっち路線でいける?
などと考えさせられた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨音

4.0さすが

2021年11月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

初めの設定をルービックキューブを少しずつクシャクシャっと動かしたようにずらしていき、そこでそれぞれにとっての事件や出来事を経て、すとんと元の鞘に戻るという美しさのようなものがあった。
内容はさすがウディ・アレンの奇想天外さがふんだんだったと思う。
とてもおもしろかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画鑑賞初級

4.0バルセロナの風景描写と3女優の美しさだけども観る価値が有ります。決...

tunaさん
2021年4月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

バルセロナの風景描写と3女優の美しさだけども観る価値が有ります。決して面白いストーリーでは有りませんがつまらなくもなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

2.0ちょっと現実離れし過ぎじゃないかい(汗)

いけいさん
2021年3月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

誰にも共感できないまま観終わってしまった。
確かにバルセロナの風景や建築物には魅了されたが、ストーリーは、単純なような、ぶっ飛んでいるような…感想を述べるのが難しい。
どういう視点で観ると、この映画の魅力を最大限に感じることができるのだろうか。
ウディ・アレンの監督作品は、総じてこう言う感想になってしまうことが多い。
ペネロペ・クルスの演技も、そこまで印象的には感じなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いけい
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る