ネコナデ

劇場公開日

ネコナデ

解説

自分にも他人にも厳しいサラリーマンの鬼塚は、ある日公園で子猫が捨てられているのを発見する。子猫のあまりの可愛さにすっかり心を奪われてしまった彼は、家へ連れて帰ることも出来ず会社の研修用施設でこっそり飼いはじめる。「デトロイト・メタル・シティ」の脚本を手掛ける大森美香がメガホンを取り、堅物の中年男と子猫との交流をほのぼのと綴ったハートフル・コメディ。小さな子猫に振り回される主人公を大杉漣が好演。

2008年製作/85分/日本
配給:AMGエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)「ネコナデ」製作委員会

映画レビュー

2.0中間管理職の悲哀と癒しの子猫

odeonzaさん
2021年12月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0大杉漣が愛した猫

2020年2月17日
PCから投稿

この主演猫、大杉さんがこの作品撮り終わった後に飼ってるんだよね。
小木さんのドラマ版も観たけど、このエピソードだけでこっちのほうがいいわ、と言っていいのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

3.0ながら見なら

2018年10月28日
PCから投稿

面白かったけど、映画にする必要はあるのかと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名

3.5猫でも飼わないとやってられない

2018年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

楽しい

リストラ担当の人事部長(大杉漣)は肩たたきと中途採用を同時にやっていた。
社員からは恨まれ、怪文書が社内を飛び交う。
帰路で見つけた捨て猫を見捨てることが出来ず、内緒で飼うことに。
人事はこのために日ごろから給料をもらっているようなもの。
大杉漣は経験がないと思うが、サラリーマンの宿命を見事に演じている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る