ラストゲーム 最後の早慶戦

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラストゲーム 最後の早慶戦
ラストゲーム 最後の早慶戦
13%
27%
40%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

太平洋戦争真っ只中の1943年。戦局の悪化に伴って6大学野球は廃止され、学生に対する徴兵猶予も停止となった。そんな中、出陣直前まで野球を続けることを誓った早稲田大学野球部顧問の飛田の元に、慶応義塾塾長の小泉から"早慶戦"の申し出が舞い込み……。現代にまで語り継がれる感動の実話を、「大河の一滴」の神山征二郎監督のメガホンで映画化。渡辺大、柄本佑ら注目の若手俳優が、野球に希望を見出す学生たちを瑞々しく演じる。

2008年製作/96分/日本
配給:シネカノン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2008「ラストゲーム/最後の早慶戦」製作委員会

映画レビュー

3.5学生野球は遊びではない、教育だ

shimoさん
2008年10月26日

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0伝統の早慶戦とは・・・

2008年9月21日

泣ける

悲しい

いきなりですが、この映画素晴らしいです!
基本は大学生が戦時中に野球をやりたいと言う内容
なんですが、心に訴えてくるモノがバシバシあります
戦時中のリアルな緊張感もあり映画に引き込まれる

伝統の早慶戦について私は何も知りませんでした
現代の早慶戦すら、単に六大学野球の1試合に過ぎず
早稲田は単にお祭り好きで、あの校歌を聞くと泥酔して
いる学生を思い出すだけ、慶応については印象すらない

だけど今回の映画で「伝統」の意味を深く印象づけられた
念願叶って戦時中最後の早慶戦のシーン、試合開始前の
両校の校歌斉唱には鳥肌が立ちました、これほどまでに
早稲田の校歌が心地よく聞こえた事は初めてでした

野球シーン1つ1つをとっても妥協が無くまさに戦時中の
野球、現代の野球とは道具、スタイル、ユニフォームまで
違っていて逆に新鮮でした、すごく緻密に作り上げてる
だけにもう少し長く試合シーンを見たかったですね

この映画最大の素晴らしさは、野球というスポーツの裏に
戦争の是非を問う壮大なテーマがあります
しかも今まで数ある反戦映画、戦争のありかたを問う映画
より優れているのは、ドンパチのシーンが本編には全くない
事です、銃声1つありません、、、
それでいて戦争の悲惨さを見ているこちらに投げかけてくる
こんな映画は初めてでした

これからは伝統の早慶戦はあの戦時中の試合があったから
今があると思いながら観戦しようと思います
野球映画という事で敬遠しがちな方もいるだろうが、まったく
そんな事はなくむしろ知らない方が純粋に楽しめる映画です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なおたん

4.5戦争映画じゃない。青春ドラマだ

月子さん
2008年9月3日

泣ける

悲しい

知的

第二次世界大戦中の東京。
早稲田と慶応の誇りであった大学野球、
「早慶戦」が、学生たちの徴兵によって中断をやむなくされた。

戦争という、狂気じみた時代の波に翻弄されながらも、
必死で早慶戦を復活させた大人たちと、
もうすぐ散る命の意味を、これまで生きてきた意味を
「野球」に賭した青年たちの物語。

とても重要だと思うのが、
この映画は「戦争映画」ではなく、「戦争時代を生きた人間たちのドラマ」
として作られたということではないでしょうか。
ヒューマニズムあふれる作品をたくさん作ってきた神山監督らしい、
台詞の数々が胸に響きます。

最近、はすに構えたりフザケただけの印象しか残らない
映画ばかりだったけれど、たまには、こういうふうに、
歴史的事実に正面から向き合った「まっすぐ」な映画
もないと・・・と思わせてくれる、とても良質な香り漂う作品。

鬼束ちひろさんの「蛍」がまたよく映画にマッチしています。

「その一瞬が、永遠だと
貴方は教えてくれたひと」

最後の一戦を、永遠に胸に刻んで逝った
青年たちのはかない光のようにも思え、
ふと胸の奥が温かくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
月子

3.5実話だからこそ伝えたい!

ゆりこさん
2008年7月16日

泣ける

悲しい

野球に夢を追いかけた若者たちが、悲しくも強制的に出陣しなければならない戦時中の話。
死ぬのを知りつつも、わが子を戦場に送らなければならない親の苦悩。
大好きな野球を諦めて戦地へ向かわなければならない学生達の悲しみは、今この世に生を受け、平和ボケをしてる私にとっては、想像を遥かに超えた辛さだったんだろうと、とても悲しい気持ちになりました。これ、実話なんだもんねぇ(涙)
渡辺大さんって、渡辺謙さんの息子さんだとはね^^言われてみれば似てる♪似てる(笑)
監督さん曰く、エキストラの人数不足で、早慶戦の観客の中に、学ランを着て男子学生のふりをしてる女性が混ざってるとか^^よく見ればわかる・・・かもです(笑)
監督さん考案なのか、音楽が古めかしく、映画自体がちょっとレトロに感じてしまった。音楽はもっと斬新でもいいのになぁ~
富司純子さんと柄本明さんの迫真の演技がこの映画を締めてる感じですかね^^特に富司純子さんのシーンにはウルウルしました。
戦争でたくさんの命が失われた過ちを、二度と犯してはならない!!!そう願わずにはいられません。

                7月15日ユナイテッド・シネマ前橋 試写会にて

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆりこ
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ラストゲーム 最後の早慶戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。