崖の上のポニョ

ALLTIME BEST

劇場公開日

崖の上のポニョ
10%
33%
44%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

宮崎駿監督が「ハウルの動く城」以来4年ぶりに手掛けた長編アニメーション。海辺の町で暮らす5歳の少年・宗介は、クラゲに乗って家出した魚の子ども・ポニョに出会う。すぐに仲良くなる彼らだったが、ポニョはかつて人間だった父・フジモトによって海に連れ戻されてしまう。ポニョは父の魔法を盗んで再び宗介のもとを目指すが……。アンデルセン童話「人魚姫」をモチーフに、人間になりたい魚と少年の心温まる交流を描いたファンタジー。

2008年製作/101分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

受賞

アニメーション作品賞  
音楽賞 久石譲
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2008 二馬力・GNDHDDT

映画レビュー

2.0崖の上のポニョ

一匹狼さん
2021年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最初宗介がポニョを見た時、「金魚だ」と言っていますが、あれは新種の人面魚ですね。自然で生きている生き物は拾って飼ったらいけませんね。海に返してやらなければいけません。それとカルキが入っている水道水でも生きられるというのが凄いですね。

ポニョの父フジモトは父親失格ですね。妹達と一緒にすれば妹達が水の膜の牢屋を壊し助けるのは分かりきった事です。そのせいで宗介の所に行くのに津波を起こし関係のない人たちを巻き込んでしまった。これはいけませんね。

宗介の家に入り込み、ご飯を食べる机に足を置くという、躾がなっていませんね。私だったら小突きますね。で、ハムが好きとは贅沢ですね。

宗介も津波でいろんな人を巻き込んだポニョを責めないといけません。引っ叩かないとダメでしょう。

それと年齢設定が低すぎます。5歳でこういうことが出来るはずがありません。せめて10歳ぐらいが良いのではと思います。
5歳の子が水没するという言葉を使うのも不自然です。

ここで重要なことは、トンネルに入るまでにポニョは魔法を使い切り、眠たくなってしまうということですね。そうしないとポニョはトンネルを嫌がり宗介が引っ張っても行かないと思いますので、魔法を全部赤ちゃんに使うことで眠たくなり力も出せませんので宗介の言う通りにトンネルに入って行くということでしょうか。試練に立ち向かって行く為にはポニョが眠たいのが好都合かもしれません。
いろいろな解説にもありますが、赤ちゃんに魔法使う事で初めて他人の為に魔法を使ったと思います。今までは自分のわがままだけで魔法を使っていましたので。

最後になりますが、ポニョの父のフジモトは決して悪者ではないと感じますね。
フジモトこそ地球を守っている人だと思いますね。
ポニョを外から出さない様に、外に出すと魔法で地球が破滅するかもしれないので、何とか隔離しようとしたのではと感じました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
一匹狼

2.0ポニョ

Y&Mさん
2021年4月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

知的

難しい

うーん、いまいち良くわからない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y&M

3.0ポニョポニョのプニョプニョがウジャウジャ!モヤモヤしてクルクルしてポニャポニャになりました🧠👼

2021年2月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
たなかなかなか

5.0宮崎駿監督の育児放棄宣言、そして『風立ちぬ』へ

2021年2月13日
PCから投稿

『ゲド戦記』を悟郎監督に取られたヒガミw。
ニーベルングの指環になぞらえたりしてスネまくってる駿監督の、オオゲサな独り言。

親が長年かけてこつこつ溜めていた、世界を一変させられるような映画のアイデアを、モノゴトよくわかってない未熟な子供が勝手に持ち出して世の中にばらまいた結果、世界中が大混乱する、というおはなし。

映画でも何でも勝手にやってりゃいい。海生生物を水道水で飼おうとする無知な子供や、それをかわいいとちやほやする年寄りを、せいぜい喜ばせてるがいいさ。

その代わり自分は、家庭より仕事優先な父や、子供より夫優先な母をさらっていく。
彼らを相手に映画を作っていきます、という宣言。
ひとでなしの業と美しさを高らかに謳いあげる『風立ちぬ』への布石がここで打たれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
雨丘もびり
すべての映画レビューを見る(全115件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る