人のセックスを笑うな

ALLTIME BEST

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第41回文藝賞に輝いた山崎ナオコーラの同名小説を、松山ケンイチ、永作博美、蒼井優ら豪華キャストで映画化した恋愛ドラマ。「犬猫」で高い評価を受けた井口奈己監督が、年の差カップルの切なくも可笑しい恋模様をリアルに描き出す。美術学校に通う19歳の青年みるめは、20歳年上の講師ユリに絵のモデルを頼まれ、彼女のアトリエでそのまま関係を持ってしまう。初めて経験する恋に舞い上がるみるめだったが、実はユリには夫がおり……。

2007年製作/137分/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

映画レビュー

4.0一見地味なようでいて、実はキラキラ輝いている青春映画

SUZさん
2022年5月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

萌える

アトリエで、パーカー1枚だけ身につけたユリとパンツ一丁のみるめが、セックスの後イチャコラしているシーンがなんだか付き合い始めたばかりのリアルな普通の恋人同士のようで愛おしかったです。
総じて、ユリとみるめ、えんちゃんとみるめ、みるめと堂本など2人のシーケンスは良く出来ていると思うのですが、他のシーンは「もっと短く(もしくはバッサリと)カットできるんじゃないかな」と思って観てました。
予告編では歳の差とか強調してたけど、そんな事はどうでも良いかな。でも永作さんに「お子ちゃま極まりないなぁ」とかは言われてみたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SUZ

4.5役者が全員魅力的

白龍さん
2022年2月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

萌える

役者が魅力的じゃないと成り立たない映画じゃないだろうか。

ユリもみるめもえんちゃんも堂本も
猪熊さんも温水さんの先生もみんないい。
えんちゃんの服装とかユリとみるめの家の雰囲気とか
ゆるい美大の雰囲気が好き。

地方のあまり有名でない美大が舞台かな。

絶対タブーで気持ち悪くなりそうな19才39才の不倫がほのぼの系で描かれている。
ユリに子供がいないのが救い。

この撮影で松山ケンイチが本当に永作博美が好きになったのも納得。アラフォーとは思えない可愛さ。

年齢的にユリがえんちゃんに勝てるわけないのに
永作さんがとても魅力的。不倫なのにドロドロもしてないしエロくもない。
猪熊さんのさりげない台詞も優しさを感じる。
この映画には不貞を批判したりジャッジする人が出てこない。
肯定も否定もないから最後まで疲れず観れたのかな。
でもユリはちゃんと制裁を受けてみるめの前から消えた。

デスノートのLがすごく良かったので
マツケンに注目して観た映画でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
白龍

4.0山崎ナオコーラの世界が見たくて。まったりとした時間の流れはよかった...

えみりさん
2022年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

山崎ナオコーラの世界が見たくて。まったりとした時間の流れはよかった。永作はサイコー。松山を食ってた。松山は切なく。蒼井との三角関係も切なく。蒼井のクッキー食べるシーンは長すぎるし、冗長。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
えみり

4.5【トライアングル/年上の女性と年下の男性の恋愛①】

ワンコさん
2021年12月19日
iPhoneアプリから投稿

この作品公開前から、当然、永作博美さんのことは知っていたけれども、公開当時、「人のセックスを笑うな」を観た時に、ああ、永作さんに惚れちゃうなーと思った。

それ以降、「八日目の蝉」や、最近の「朝が来る」、NHKのドラマを観るたびに、ああ、永作さん惚れちゃうなーと思っている。

年上の女性を好きになることはある。

でも、なかなか付き合うまで行くことはないし、付き合っても、別れた後、引きずることはもっと少ないかもしれない。

僕には、年上の女性と付き合って、相当振り回された経験のある友人がいる。

人前で眼鏡をはずしちゃダメっ!......とか言われて、つまり、素顔はもっとイケメンだから、素顔を他の人に見せるなということだが、それを良い気になって自慢していたのは良いものの、その後、あっさり、別れ話を持ちかけられて、ずっーーーーと落ち込んでいた。

だから、こいつの惨状を見てから、年上の女性の、ある意味、奔放さというか、悪く言えば、年上のくせに責任感のない言動とか、僕にとってはあるあるだった。

でも、この作品を観て、僕の友人の気持ちにちょっと触れた気がした。

当時は、落ち込んでいて、口数も少なくなっていたことから、ちょうど、みるめが、校舎の屋上で一人座っている感じだったので、そっとしておいたつもりだったが、その時の気持ちを微に入り細を穿って聞いてはいなかったので、どこか新鮮な気持ちだった。

「人のセックスを笑うな」とは、どんなんであれ、知りもしないのに他人の恋愛をバカにしないようにということだ。

人のセックスなんて見ることなどほぼないからだ。

年上に翻弄されようとだ。

人を好きになるとは、そうしたことも含むからだ。

(以下ネタバレ)

この物語は、みるめを共通の点としたトライアングル3つで構成されている。

みるめの他に、

一つは、ゆりと、えんちゃん

もう一つは、ゆりと、ゆりの夫の猪熊さん、

最後は、えんちゃんと堂本

ゆりが、えんちゃんに言う、「触ってみなきゃ、分かんないじゃない」

ちょっと芸術家っぽい発言だけれども、恋愛だって同じだ。

そして、触って終わることもある。

みるめは、触られて、もっと深入りしそうになって、離れられてしまった。

鼻の穴が膨らんでいると指摘されたえんちゃんのように、触ろうとして触れないこともある。

思い切って、触ってみた方が良かったのか。

「人生には自分じゃどうしょうもないことがあるんだなって思い知らされてるだけ」とは、えんちゃんの言葉だ。

でも、触って傷つくことだってあるし、それを怖いと思う気持ちは、誰にだってあるだろう。

校舎の屋上のひとりぼっちのみるめ。

えんちゃんに鼻の穴が膨らんでいることを指摘した堂本の唇が、えんちゃんの唇に触れる。

堂本は、えんちゃんをよく見ていたのだ。

三つのトライアングルは、ほどけてしまった。

結果、残ったのは、一つの点と、二つの関係だけ......。

誰にでも、どこにでも起こりそうな青春ラブストーリーだ。

皆さんの評価は低いけど、僕は面白かった。

みんな、いっぱい恋愛しようよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ワンコ
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る