倍賞千恵子×藤竜也×市川実日子で“泣ける”夫婦の漫画を映画化 「初恋」2019年春公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月27日 > 倍賞千恵子×藤竜也×市川実日子で“泣ける”夫婦の漫画を映画化 「初恋」2019年春公開
メニュー

倍賞千恵子×藤竜也×市川実日子で“泣ける”夫婦の漫画を映画化 「初恋」2019年春公開

2018年4月27日 05:00

夫婦の絆描く「お父さん、 チビがいなくなりました」映画化「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」

夫婦の絆描く「お父さん、
チビがいなくなりました」映画化
(C)2019西炯子・小学館/
「お父さん、チビがいなくなりました」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西炯子氏による人気漫画「お父さん、チビがいなくなりました」が、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」のタイトルで実写映画化され、倍賞千恵子藤竜也市川実日子が共演することがわかった。

原作は、映画化もされた「娚の一生」などで知られる西氏が、老夫婦の秘めた思いを描いた漫画。「増刊フラワーズ」に掲載され、読者からは「泣ける」「こんな愛のある夫婦になりたい」など多くの声が寄せられた感動作だ。「毎日かあさん」「マエストロ!」などの小林聖太郎監督がメガホンをとり、「人のセックスを笑うな」「月と雷」の本調有香が脚本を執筆する。

3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦ふたりと猫1匹で暮らしている結婚44年の勝と有喜子。平穏な暮らしを送るなか、有喜子は娘・菜穂子に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。その言葉を受けた夫が、妻に伝えることとは……。そして時を同じくして、有喜子の心の拠り所だった猫・チビが姿を消してしまう。

倍賞は夫に尽くしながら、「自分は愛されているのだろうか」という寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じる。「年を重ねてからラブロマンスみたいな作品に出合えたらいいなと、ずっと思っていました。日本では私くらいの年代が主人公のラブロマンス作品って少ないですから」と嬉しそうに述べ、「この作品の台本を頂いた時に、そんな自分の思いにぴったりときました。そして私たちの年代はもちろんですが、もっと若い方々がご覧になっても、結婚や夫婦でいることを考える良いきっかけになる作品じゃないかと思います」と明かした。

藤は無口かつぶっきらぼうな亭主関白で通してきたが、妻から離婚を切り出されると、ずっと心に秘めてきた思いを告白する夫・勝役に。「演じた勝という人物は、こんなにいわゆる亭主関白な人って現実にいるのかなと思うくらい。その匙加減が難しかったですが、小林監督と話し合って調整していきました」と語る。倍賞とは映画初共演となるが、「倍賞さんとは普段から家族ぐるみで付き合いのある友人関係なので、普段の生活をそのまま倍賞さんと送っているような、いい夫婦の雰囲気になっていると思います。ただ倍賞さんを見ていると、ふとその可愛らしさに思わず優しくなってしまうので、小林監督からよくNGを出されました」と振り返り、倍賞も「藤さんとは28年前にやはり夫婦役を演じたドラマ以来ですが、家が割とご近所だったりで親交はずっとありました。藤さんは日本的な頑固さのような雰囲気をお持ちなので、今回のお父さん役、とても似合ってらっしゃいました」と話した。

また、市川は娘・菜穂子に扮しており、「長年連れ添った夫婦、子どもが親を思う気持ち、そして猫と暮らすこと。いろいろな方に楽しんでいただける作品になると思います。子どもが親を思う気持ちって年代によっても変わってくるなあ。でも、ずっと親子で家族なんだ。というようなことを感じながらいました」と思いを馳せた。「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」は、2019年春に全国で公開。

(映画.com速報)
娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 娚の一生 ブルーレイ豪華盤[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,156 西炯子の人気コミック・大人の女性のバイブル『娚の一生』が実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi