ワルキューレ

劇場公開日:

ワルキューレ

解説

国家に忠誠を誓った軍人シュタウフェンベルクだったが、ヒトラーの独裁政権に絶望し、祖国のために総統暗殺を企てる。第2次大戦中の1944年7月20日、ナチスのクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐を首謀者として決行されたヒトラー暗殺計画を、ブライアン・シンガー監督、トム・クルーズ主演で描く歴史サスペンス。共演にケネス・ブラナー、テレンス・スタンプ、ビル・ナイ、カリス・ファン・ハウテンら豪華キャストが集結。

2008年製作/120分/アメリカ
原題:Valkyrie
配給:東宝東和
劇場公開日:2009年3月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2008 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0ナチス政権の再現度は評価できるし、キャスティングも実在した人物に寄...

2023年9月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

ナチス政権の再現度は評価できるし、キャスティングも実在した人物に寄せていて良かったです。

ハリウッドらしからぬ奥ゆかしさがあります。

円盤の特典映像がドキュメンタリーで、事実をもっと知りたいなら視聴をオススメします。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Don-chan(Daisuke.Y)

3.5アメリカ人による

2023年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

英語での台詞云々は置いておいて。トムクルーズが何故この作品を作ったのか考えたらやはり、(こんなドイツ人もいたんだ。)を世に知らしめたかったことだと思う。実際、私は知らなかった。以前あの爆発のシーンを違う作品で観た記憶があるが、他の記憶が曖昧でこの事実が残っていなかった。
大概の作品では、
ドイツ=ナチス=残虐に描かれているが、当時の軍人や一般市民の中には憤りを持っていた人は少なくなかった筈。『シンドラーのリスト』のシンドラーとは少し違うが狂っていないまともなドイツ人がたくさんいて自国の正常化の為には命も顧みず行動にうつす人達を記憶に留めて欲しいという願いが込められていると思う。
ドイツ以外の国が作ることで必要以上の美化もなく冷静な思いで作られた作品となっているかと思う。

コメントする 2件)
共感した! 6件)
りか

3.5ヒトラー暗殺計画。かなり事実に忠実に作られているようだ。こんなこと...

2023年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ヒトラー暗殺計画。かなり事実に忠実に作られているようだ。こんなことがあったのかと勉強になった。緊迫感もあってなかなかなのだが、いかんせん結果が見えてしまっているのがつらい。
本日、大雨にて出勤断念。映画と昼寝をを楽しもう(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はむひろみ

4.0信念

2023年5月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 1件)
光陽