劇場公開日 2009年3月20日

  • 予告編を見る

ワルキューレ : 映画評論・批評

2009年3月10日更新

2009年3月20日よりTOHOシネマズ日劇ほかにてロードショー

スリリングなドラマだが、反乱の有志たちを正面から描きすぎ

ヒトラー暗殺計画はいくつか聞いたことがあるが、“ワルキューレ作戦”がこんなに大がかりで、クーデターを狙ったものであったとは、映画を見るまで知らなかった。この作戦のアイデアが素晴らしい。元々の“ワルキューレ作戦”は、反乱軍鎮圧用に作られていた既存のオペレーション。それを逆利用してヒトラー暗殺後の全権を奪おうというのだ。軍人の中の誰を味方に引き入れ、誰を騙し、組織をどう作るのか。準備段階の描写はスパイ映画をみるように面白い。特にトム演じるシュタウフェンベルク大佐が、ヒトラーのサインを手に入れようとする件はスリリングで、緊迫感が盛り上がる。

もちろん、ヒトラーは暗殺されていないので、この作戦も失敗に終わることは映画を見る前から分かっている。だから当然、なぜ失敗したのかをスリルあるドラマに仕立て、それを映画の芯にするべきなのだが、ブライアン・シンガーは、正義のために立ち上がった有志たちを真っ正面から描きすぎた。シュタウフェンベルクのリーダーとしての資質など、失敗に繋がるポイントはいくつか推察できるのだが、どれもあっさり通過してしまっている。例えば、この事件と人間たちをサイドから見ていた架空の人間を主人公にするとか、構造上の工夫がもっとあってもよかったのではと惜しまれる。トムは相変わらず制服がよく似合う。部下の青年将校と一瞬視線が絡み合うシンガー好みのシーンにグッと来た。

(森山京子)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ワルキューレ」の作品トップへ