レンブラントの夜警

劇場公開日:

  • 予告編を見る
レンブラントの夜警

解説

「コックと泥棒、その妻と愛人」などの鬼才ピーター・グリーナウェイ監督が、画家レンブラントが転落するきっかけとなった名画“夜警”の謎に挑むミステリー。17世紀オランダ。肖像画家として成功を収めたレンブラントは、富と名声、さらに待望の男子まで授かり、まさに人生の絶頂にいた。ある日、彼の元にアムステルダム市警団の肖像画の依頼が舞い込む。下調べのために団員たちに近づいたレンブラントは、金と欲望にまみれた彼らの実態を知る。

2007年製作/139分/R15+/カナダ・フランス・ドイツ・ポーランド・オランダ・イギリス合作
原題:Nightwatching
配給:東京テアトル、ムービーアイ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C) Nightwatching B.V. 2007

映画レビュー

4.0レンブラントと女性達

2013年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

17世紀のオランダ、画家レンブラントの人生の絶頂と転落を、有名な作品「夜警」から読み解いていきます。
登場人物が多くてわかりにくく、二度鑑賞しました。ピーター・グリーナウェイ監督、2008年の作品です。

R指定で肌もあらわなシーンが多いですが、光と影を巧みに使った映像は、見たことのない美しさでした。
マーティン・フリーマン演じるレンブラントをはじめ、市警団メンバーも絵画から抜けてきたよう。女性は当時の美女よりシャープな現代美女ぞろいです。

謎解きより、レンブラントと女性達の関わりの方が面白かったです。
妻サスキアとの関係は温かく、自然に描かれていて良かったです。素晴らしい才能、甘ったれで意地っ張り、女好き。そういう男を愛し、彼と愛児を遺して逝かなければならなかった賢い妻は、切なくて強いです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
グッドラック

3.0絵画のような映画

2009年12月1日
フィーチャーフォンから投稿

知的

難しい

まず思ったのが、映像が絵みたいでとても綺麗です。
照明がいい感じの演出になってた。

ストーリーは、ちょっと難しい。
流れやだいたいの出来事なんかは分かるけど、全部理解するのは無理でした。
人物名が覚えきれないという…(^o^;)

でもこういう映画嫌いじゃないなぁ。
ちょっと長く感じました。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
weeeem

3.0チューリップは、匂わない

2008年11月29日

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
shimo

2.5んーーーー

2008年2月9日

難しい

寝られる

たまには映画でアートな感じを味わうのもいいかなと思い
観に行ったんですけど、正直イマイチでした。
描き方が高尚過ぎるのか、凡人な私にはあまり面白くなかったです。
でも、この絵に対する理解度はもちろん深まったし
当時の画家ってこんなんだったんだ、というのも見えて
そういう点では観て良かったかな。。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
lalala
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る