劇場公開日 2008年1月12日

  • 予告編を見る

「レンブラントと女性達」レンブラントの夜警 グッドラックさんの映画レビュー(感想・評価)

3.35
6%
38%
56%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.0レンブラントと女性達

2013年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

17世紀のオランダ、画家レンブラントの人生の絶頂と転落を、有名な作品「夜警」から読み解いていきます。
登場人物が多くてわかりにくく、二度鑑賞しました。ピーター・グリーナウェイ監督、2008年の作品です。

R指定で肌もあらわなシーンが多いですが、光と影を巧みに使った映像は、見たことのない美しさでした。
マーティン・フリーマン演じるレンブラントをはじめ、市警団メンバーも絵画から抜けてきたよう。女性は当時の美女よりシャープな現代美女ぞろいです。

謎解きより、レンブラントと女性達の関わりの方が面白かったです。
妻サスキアとの関係は温かく、自然に描かれていて良かったです。素晴らしい才能、甘ったれで意地っ張り、女好き。そういう男を愛し、彼と愛児を遺して逝かなければならなかった賢い妻は、切なくて強いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック
「レンブラントの夜警」のレビューを書く 「レンブラントの夜警」のレビュー一覧へ(全5件)
「レンブラントの夜警」の作品トップへ