ピーター・グリーナウェイ「ベニスに死す」を新たに映画化

2012年2月23日 12:07

怪しげな映像が魅力のグリーナウェイ監督
怪しげな映像が魅力のグリーナウェイ監督

[映画.com ニュース] 鬼才ピーター・グリーナウェイ監督が、ルキノ・ビスコンティ監督による映画版で広く知られる独作家トーマス・マンの小説「ヴェニスに死す」を新たに映画化することがわかった。

プロデューサーのキース・カサンダーが英スクリーン・デイリーに語ったところによれば、グリーナウェイ版「ベニスに死す」のタイトルは「Food For Love」。ビスコンティ版とは異なり、ベネチアでのロケはごく一部で、ほとんどをスタジオ内で撮影し、グリーナウェイ監督の代表作「コックと泥棒、その妻と愛人」に似た雰囲気の作品になるという。

現在、11月のクランクインに向けてキャスティング中。ビスコンティ版では、主人公の老作曲家アッシェンバッハをダーク・ボガード、主人公がその美しさの虜になる美少年タジオをビョルン・アンドレセンが演じた。

グリーナウェイ監督は現在、2007年の「レンブラントの夜警」に続く“オランダの芸術家”シリーズで、版画家ヘンドリック・ホルツィウスを題材にした「Goltzius and the Pelican Company」(F・マーレイ・エイブラハム主演)のポストプロダクション中。さらに、今後10本は映画を製作したいと宣言しているそうで、企画中の作品のなかには、画家ヒエロニムス・ボッシュの伝記映画もあるという。

(映画.com速報)

コックと泥棒、その妻と愛人[DVD]

コックと泥棒、その妻と愛人[DVD]

最安価格: ¥880

傲慢で残忍な泥棒を夫に持つ妻が、ある男と禁断の恋に落ちてしまう。それを知った夫は残忍な方法で妻に復讐するのだが…。衝撃のラスト・シーンは見た者を驚かす「禁断」の人間ドラマ。ピーター・グリーナウェイ監督作品。
ベニスに死す[DVD]

ベニスに死す[DVD]

最安価格: ¥808

休暇をとってベニス(ベネチア)に静養にやってきたドイツの老作曲家が、まるでギリシャ彫刻のような容姿をした美少年に心を奪われてしまったことからベニスを離れられなくなり、街に蔓延する疫病によって命を落としてしまうまでを描いた“愛と死の大交響詩”。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース