ダニー・ザ・ドッグ

劇場公開日:

解説

悪漢に殺人マシーンとして育てられた男が、人間的感情に目覚めていく様を描いたヒューマン・アクション。監督は「トランスポーター」のルイ・レテリエ。脚本は「TAXi」シリーズ、「トランスポーター」のリュック・ベッソン。撮影も「トランスポーター」のピエール・モレル。音楽は人気ユニットのマッシヴ・アタック。美術は「花咲ける騎士道」のジャック・ビュフノワール。編集は「トランスポーター」「花咲ける騎士道」のニコラ・トレンバジウィック。アクション演出は「キル・ビル」のユエン・ウーピン。出演は「ブラック・ダイヤモンド」のジェット・リー、「ミリオンダラー・ベイビー」のモーガン・フリーマン、「マスク2」のボブ・ホスキンス、「ダブリン上等!」のケリー・コンドンほか。

2004年製作/103分/フランス・アメリカ合作
原題:Danny the Dog
配給:アスミック・エース
劇場公開日:2005年6月25日

ストーリー

首輪を付けられた孤独な殺人マシーンのダニー(ジェット・リー)は、5歳の時に母親から引き離され、悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホスキンス)に金儲けの道具として地下で育てられてきた。ダニーの心を唯一動かすものはピアノの旋律の記憶だったが、そんなある時、借金の取り立てのために行った骨董品倉庫で、彼は盲目のピアニスト、サム(モーガン・フリーマン)と出会う。数日後、バートとダニーの乗る車がひどい交通事故に遭い、バートは倒れ、ダニーは命辛々脱出。無意識のうちに再び倉庫にたどり着いたダニーは、サムと再会し、彼の家に迎えられた。サムは、ピアニストを目指す18歳の養子の娘ヴィクトリア(ケリー・コンドン)と2人で暮らしていた。ダニーは彼らの愛に包まれて、幸せな日々を送るようになる。一方、しぶとく生き残っていたバートが、ダニーを捜し回っていた。運悪くバートの手下と行き合ってしまったダニーは、地下牢へと引き戻され、バートにデスマッチの格闘場に出場させられる。しかしダニーは、殺人を頑なに拒むようになっていた。バートはそんな彼を責めるが、だがやがて、昔の写真と、モーツァルトのピアノの旋律によって、ダニーの少年の日の記憶が蘇る。彼の母(ジャクリン・ツェ・ウェイ)を殺したのはバートだったのだ。ダニーは復讐のためバートを追い詰めるが、サムとヴィクトリアの必死の助言により、殺人は思い止まった。そしてヴィクトリアのピアノの発表会の日、彼女が弾くソナタを聴きながら、ダニーは涙を流すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0見た。

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

3.0これはこれで

2023年9月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

突飛な設定の脚本だなぁ。まるで日本の漫画が原作のよう。
でも、これはこれでつまらなくはないです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
光陽

2.0ご都合主義過ぎ

2023年9月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

悲しい

怖い

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
UG

4.5人間愛の素晴らしさ

2022年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジェットリー扮するダニーは、首輪を付けられ金貸しの闘犬の様に戦うマシンとして育てられた。人間としての意思を持たせられずひたすら戦った。ある日、モーガンフリーマン扮する盲目の調律師サムと出会いピアノの楽しさを教えてもらった。
闘犬に芽生えた人間性は罪な話かもしれないね。モーガンフリーマンが味があってやはり素晴らしかった。ダニーが心を開いていくくだりが良かったね。人間愛の素晴らしさかな。しかしまた魔の手がすり寄って来る。ダニーはどうする?
アクションもけた外れで、モーガンフリーマンの名演技とジェットリーの表情で家族となったふたりを守ろうとする姿に名作の領域を感じたよ。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
重
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る