ミッドウェイ(1976)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
5%
15%
60%
10%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1942年、北太平洋のほぼ中央部に位置する小島、ミッドウェイにおける日本とアメリカの大海戦を描く。製作はウォルター・ミリッシュ、監督は「エアポート'75」のジャック・スマイト、脚本はドナルド・S・サンフォード、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、美術はウォルター・タイラー、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はロバート・スウィンクとフランク・J・ユリオステテ、特殊効果はジャック・マクマスターが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、ヘンリー・フォンダ、グレン・フォード、三船敏郎、ロバート・ミッチャム、ジェームズ・繁田、ロバート・ウェーバー、ハル・ホルブルック、エドワード・アルバート、ロバート・ワグナー、ジェームズ・コバーン、クリスティナ・コクボなど。

1976年製作/アメリカ
原題:Midway
配給:ユニヴァーサル=CIC

ストーリー

1942年4月18日。大日本帝国海軍連合艦隊司令長官山本五十六大将(三船敏郎)は、渡辺安次中佐(クライド・草津)から、帝都東京が米軍の空襲をうけたという報告を受けた。その頃、太平洋を隔てたホノルルのアメリカ合衆国太平洋艦隊真珠湾基地では、マット・ガース大佐(チャールトン・ヘストン)が、太平洋艦隊司令長官チェスター・W・ニミッツ大将(ヘンリー・フォンダ)の司令で、海軍情報局のジョセフ・J・ロシュフォール(ハル・ホルブルック)を訪ねていた。日本海軍が近々、新たなる作戦を開始する気配を察知したニミッツ長官は、日本軍の動静に関する情報を必要としていたのだ。情報局を出たガース大佐は、そこにホノルルにはいない筈の息子トム・ガース少尉(エドワード・アルバート)の姿を見つけて驚いた。トムは恋人である日系人の娘、佐倉春子との結婚の許しを父に求め、同時に最近逮捕された春子の両親が釈放されるよう、父に尽力を頼む。帝国海軍連合艦隊の戦時待機錨地、広島湾柱島。戦艦大和の艦上で山本長官を囲み、作戦会議が進行していた。出席者は、第2艦隊司令長官近藤信竹中将、第1機動部隊司令長官南雲忠一中将(ジェームズ・繁田)などだった。艦船数でアメリカ海軍を圧倒する日本海軍が、この機に乗じてアメリカの主力、太平洋艦隊をミッドウェイ沖にさそい出し、艦隊による決戦にもち込んで叩けば日本は太平洋を制圧しうる、これが山本長官の決断だった。それに対し、日本軍の基地航空部隊の援護が無い事などを主な理由に近藤中将ははっきり反対の意見を具申した。一方、ホノルルでは、ガース大佐とロシュフォール中佐に迎えられたニミッツ長官が副官のアーネスト・ブレイク少佐(ロバート・ワグナー)を伴い水上飛行艇で真珠湾基地に到着した。そして日本軍の通信暗号『目標AF』がミッドウェイをさすことをつきとめた。しかし、ワシントンの海軍本部から派遣されて来たビントン・マドックス大佐(ジェームズ・コバーン)は、ミッドウェイ作戦が米軍をまどわすための陽動作戦であることを主張する。山本長官がミッドウェイ作戦を決断、大本営軍司令部が昭和17年5月5日に作戦実行を命令した頃にミニッツ長官も基地の防備と増強に着手、日本艦隊の迎撃作戦を命令する。太平洋上の豆粒ほどの島ミッドウェイ目指し日米両艦隊は秘やかに、しかし着々と動き始めた。日米の艦隊比率は日本4に対しアメリカは僅か1だった。5月29日、まずエンタープライズとホーネットを擁する第16機動部隊が真珠湾を出撃、司令官はレイモンド・A・スプルアンス海軍少将(グレン・フォード)。本来はウィリアム・F・ハルゼー中将(ロバート・ミッチャム)が司令官だったが、出撃を前に病に倒れたため、交代したのだ。6月5日、ミッドウェイ決戦の火ぶたは、友永丈市大尉を総司令官とする第1次攻撃隊と、これを迎え撃つミッドウェイ基地戦闘機隊40機の間で切られた。しかし、レーダーを搭載している米艦隊は日本軍の動きの全てを先刻承知していた。午前7時24分、ようやく第2次攻撃隊の発艦準備が整った連合艦隊空母群、赤城、加賀、蒼龍から1番機が飛び立った。あと5分あれば満載されている戦闘機の全部が飛び終わっていたと思われるとき、雲の切れ目を利用して急降下爆撃機が赤城、蒼龍、加賀、飛龍めがけて突っ込んできた。空母は転回する余裕すらなかった。日本軍は4隻のうち3隻まで失った。残る1隻飛龍はヨークタウンを撃沈したものの、ガース大佐の指揮する急降下爆撃隊によって撃沈された。大海戦の勝敗は決した。勝利に湧く真珠湾に、激戦を終えた太平洋艦隊が凱旋した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5今も昔も、情報こそが勝敗を別けるキー

kazzさん
2020年9月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

エメリッヒ版『ミッドウェイ』観賞前に予習を兼ねてソフトで観賞。

70年代に流行ったいわゆるオールスター映画である。
チャールトン・へストンが主役ではあるが、三船敏郎を含めてスター大集合なのでそれぞれに存在感を出さなければならず、主役をフィーチャーしきれていない。かといって、スターたちがそれぞれに活躍するという訳でもない。ロバート・ミッチヤムなんてわざわざ出す必要あったかと感じるほど。

映像面も、実際の記録映像を随所にちりばめてリアリティを持たせているものの、他の映画からの借り物映像も結構あり、継ぎはぎ感が否めない。
日本側空母で艦載機の搭載魚雷を爆弾に積み替える場面は東宝の『連合艦隊司令長官 山本五十六』('68)の映像を使っていた。

主人公へストンの 息子が日系人の女性との結婚を望んでいるドラマ部分は、真珠湾攻撃がアメリカの日系人にどれだけ影響したかを示しているが、へストンは決して差別をしない公正な人として描かれている。
息子を気に掛けすぎていて、戦闘に集中できているのか心配になるが、立派にに米軍勝利に貢献する。

アメリカが日本軍の通信を傍受して暗号解読に注力したことが、圧倒的不利な状況だったこの一戦に勝利した要因だった。
一方で、日本軍は索敵機からの情報がうまく伝わらず、指揮を誤る。ここでは索敵機の無線が故障したことになっている。
細かい事実は不明だし、定説も生き残った人の証言が基になっていると思うので、様々な研究が進んでいる今となっては諸説あるだろう。
が、いわゆる天下分け目の一戦となったミッドウェイ海戦の顛末が、日米両方の視点で描かれていて見る価値のある映画だ。

軍人たちは、敵国人が憎くて戦っている訳ではない。戦っているのは運命の廻り合わせに過ぎず、ただ勝利することが正義だった。
両軍の指揮官はお互いの名前や戦歴は知っていても会ったことはなかっただろう。戦いながらも敵将をリスペクトしていた思いは、それぞれ相手側に伝わっただろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kazz

3.0Leave that to me.

everglazeさん
2020年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ゼロ戦って凄かったんだなぁ。。
海戦シーンは迫力がありますが、あちらこちらから借りてきたもののよう。
明らかに映像の質が違います。

まず、日本人が皆流暢な英語でやり取りしている所から、作り物感は否めません。
日本軍の司令官が米兵を称賛するか??

どれだけディスられるのかなと覚悟していましたが、1976年公開の割には?意外と日本に気を遣っているような気がしました。とは言え、日本人に良い顔する奴は、それなりの目に遭ってしまうのですが。。
主人公は架空の人物。
その息子の恋愛話も、一応差別感情を和らげる目的なのでしょう。
戦争より恋人一筋の息子、戦況より息子が心配な父親。人によっては余計に映ると思いますが、個人的には人間らしさを失わないこの話が救いでした。

多分、気を遣ってくれたのは、日本のためではないのです。
世界のミフネ 対 主役級米俳優5-6人
もうこのバランスこそ、偉大なる三船への配慮と遠慮なのです(^^)。

肝心の三船殿はあまり登場しません…。
英語の日本語訛りが酷くて、後から有名声優が吹き替えたそう。。重い響きの渋い声は似合っています。

もしこの戦争に負けたら、今目の前にいる敵に家族を殺されるかも知れない…。そう思ったら、少しでも戦況に貢献するべく、命を投げ出してしまう心情も理解できるなと、神風を観ていて初めて思いました。。。

“When you're in command, command.”

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
everglaze

0.5これだけの豪華キャストで、どうしてこんな退屈な作品が創れるのか

馬券師さん
2020年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ミッドウェイで兵力がアメリカを圧倒していた日本が負けたぐらい不思議だ。
やはり指揮官(監督)の能力の問題だろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
馬券師

5.0疑いも無く世界最高の戦争映画

あき240さん
2019年1月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

多量の実際の戦争記録映像と76年当時に撮影された映画を見事にシームレスにつないであり、観ていても全く違和感がない
無論、セットでの合成シーンもチープさは微塵も無く厳しくチェックされた考証の確かさも素晴らしい
よって、戦闘シーンは本物の臨場感に溢れている
もちろん軍事的な考証で怪しいところは皆無だ

また冒頭のドーリットル空襲の爆撃機の空母発艦シーンは東京上空30秒からの流用
ミッドウェイに片足着陸する爆撃機のシーンはトラ!トラ!トラ!からの流用
日本艦隊のシーンは恐らく日本の戦記映画からのものだろう
これらも的確かつ効果的に挿入されているので、これもまた違和感無くリアリティーを一層高めている

当然米軍側の視点で物語は進行するが、日本軍側のシーンも多い
そして誠実に公平に描かれている
またその日本側シーンはまるで日本人監督が撮ったかのように日本人が観て違和感が無いレベルなのが恐れ入った
山本司令長官は三船敏郎が演じており、正にそうあって欲しい山本司令長官のイメージを体現している
その他の主要な日本人役、日本側の水兵などのエキストラは日系米国人とのことだが、かれらの顔付き、立ち振舞い、服装などもまったく日本人そのものの雰囲気で日本人として違和感が全く無い

米軍側の主要人物も主人公役のチャールトンヘストンはじめ有名俳優がずらりで画面も引き締まっている
また主人公の息子、その日本人の恋人とのドラマシーンも映画に深みを与えている

音楽はスターウォーズで人気音楽家となる、ジョンウィリアムズが担当しており、現代の我々にも耳に馴染む良い出来だ

音響もサラウンドが出始めに取り組んだ作品でありこれも迫力と臨場感ある戦闘シーンを楽しめる

そして、肝心の海戦シーンの迫力はものすごいものがある
まるでベビー級のボクシング試合の世界チャンピオン戦が恐ろしいくらいの打ち合いになったのをリングサイドで見ているかの様に、ドキドキと動悸がはげしく成るほどのものだ
もちろん海戦の推移を詳しく知っていてもそうなのだ

ラストシーンでニミッツ提督が我々は単に幸運なだけだったかも知れないと語らせる

映画とは離れるが、幸運とは問題を解決するかも知れない切っ掛けをどれだけ沢山集める努力をしていたかだそうだ
つまり幸運の確率は誰にも同じで、サイコロを振る回数を増やす努力をより多くした者が、結果的に幸運を手にするということ
それを無意識に努力している人間が、幸運な人間の正体だという

米軍側は確かにそうであり日本軍はそうでなかった
自ずから幸運の女神はそちらに引き寄せられた訳だ

さて、日本人は果たしてそれを教訓に出来ていたろうか?
福島原発事故の数年前に大津波が原発に甚大なダメージを与える危険性があるとの報告を受けながら、本作での草鹿参謀の様に希望的観測で受け流していたのであった
結果、我々はある意味ミッドウェイの大敗以上の敗北をまたも被っていたのだ
戦前の日本海軍、現代の東電
日本のトップエリートの集団はこの弱点を克服できてはいないのが明らかになったわけだ
次の世代は果たして克服出来るのだろうか?

このような考察までが胸中に去来する、戦争映画としてパーフェクトな作品としてお薦めしたい

但しこれ程の名作なのに、日本語字幕が頂けない
軍事知識の無い翻訳者が作ったものらしく意味が通らない軍事用語の訳がとても多く残念
渕田飛行隊長を司令官、雷撃機乗りを魚雷艇乗りと訳されては困惑してしまう
空母蒼龍の艦名を違う漢字で表記されては、失礼のレベルだ
三船敏郎さんがよりリアリティーがでるように山本提督の制服を日本で作ってまで撮影の為米国に向かった姿勢とは大違いだ
日本語字幕製作陣とこれをよしとした配給会社の猛省を望む
機会があれば是非直して頂きたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る