フィッシャー・キング

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
48%
30%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

落ちぶれた元人気DJとホームレスの男が、その出会いにより互いの人生を変えてゆくことになる、都会のファンタジー。監督は「バロン」のテリー・ギリアム、製作は「ベビーシッター・アドベンチャー」のデブラ・ヒルとリンダ・オスト、脚本はリチャード・ラグラヴェネス、撮影は「バットマン(1989)」のロジャー・プラット、音楽は「危険な関係」のジョージ・フェントンが担当。

1991年製作/アメリカ
原題:The Fisher King
配給:コロンビア トライスター映画

ストーリー

過激なトークが売りものの人気DJジャック・ルーカス(ジェフ・ブリッジス)は、幸福の頂点から失意のどん底に落とされた。孤独なリスナーが、「ヤッピーたちを殺せ!」というジャックの言葉を真に受けて、レストランで銃を乱射、7人の犠牲者を出して自らも死に、一躍ジャックの悪影響が報道されたからだ。3年後、落ちぶれたジャックは恋人アン(マーセデス・ルール)の経営する下町のビデオショップで、居候のような生活を送っていた。ある日、泥酔したジャックは暴漢たちに襲われ、危うい所をホームレスの奇妙な男に救われる。彼、ペリー(ロビン・ウィリアムズ)の寝ぐらになっているボイラー室の壁には中世の城と騎士、馬に乗る悪魔の〈赤い騎士〉が描かれていた。ペリーは_聖杯_を探しており、それはニューヨークの大富豪の邸宅にあると言う。そしてジャックこそがその聖杯探しの力になる人物だと興奮して言うのだ。間もなくジャックは、ペリーが昔、大学教授であり、レストランで食事中に銃の乱射により愛妻を殺された過去があることを知る。ペリーもまたジャックを失脚させたあの事件の犠牲者だったのだ。忌わしい罪の意識を思い起こしたジャックは、事件以来すっかり人が変わってしまったというペリーのために何かしてやりたいと考え、ペリーの憧れの女性、リディア・シンクレア(アマンダ・プラマー)との仲をとりもつことにする。何とか2人を引き会わせ、アンと4人で食事をするまでにこぎつけたジャック。ペリーの一途な気持ちに孤独なリディアも心を動かされた。だがその夜、ペリーの目の前に〈悪い騎士〉の悪夢が現れ、逃げるペリーをいつかの暴漢が再び襲う。そうとは知らないジャックは爽快感で一杯、仕事を再開することに。だが、ペリーの事故の知らせを受けて病院に向かうと、そこには包帯でぐるぐる巻きにされ、精神症が再発して空を見つめるだけのペリーの姿が。ペリーの回復のためには、あの聖杯を手に入れるしかないと、ジャックは富豪の屋敷に忍び込む。命からがら、聖杯を手にしたジャックはペリーのもとへ。聖杯を見つけた喜びにペリーは一気に回復、病中も看護を続けたリディアとの愛も叶えられる。やっと人間らしい心を取り戻したジャックは、ペリーとともにニョーヨークの夜空を見上げるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

受賞

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジェフ・ブリッジス
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ロビン・ウィリアムズ
最優秀助演女優賞 マーセデス・ルール

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀監督賞 テリー・ギリアム
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0タイトルなし

2019年5月18日
Androidアプリから投稿

セントラルステーションの雑踏が舞踏会に変わるあの瞬間!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0一番好きなのが洋ピンビデオ「クリーマー、クリーマー」

kossyさん
2018年12月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ロビン・ウィリアムスが公園で裸になるシーンが素敵だ。役者魂を感じた。妻を失って自分を失ってしまったのに、ホームレスとなり力強く生きている様が素晴らしい。ジャック役のブリッジスと巧く対比させてあった。リディア役のアマンダ・プラマーも身体をはった(?)演技で笑いを誘う。

 後半になると、クリスマス映画のように奇蹟を起こしファンタジー映画になっているのだが、ここは好きではない。もっと社会派映画のような一面を見せてくれたらもっといい映画になったであろうに。

 一番好きなのが洋ピンビデオ「クリーマー、クリーマー」。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0後半が良い

yupppiiiさん
2018年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

前半あまり引き込まれなくて、うーんって思ってたけど、後半から面白くなってきた☆
人の想いの深い所を抽象的に描いているような?
結果良い作品でした(*´ω`*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yupppiii

4.0I like NY in June, how about you? テリー・ギリアム監督の大人のファンタジー

アキ爺さん
2016年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アクの強い作風で好みが分かれる監督テリー・ギリアムの中でも珍しいハートウォーミングな作品です。随所にテリー・ギリアムっぽさは出てくるんですけど、最後までスッキリと観れます。

内容としては毒舌DJだったジャックとそのジャックがきっかけで起こった銃乱射で妻を失ったパリーの再生の物語。ちょっとおかしなパリーを演じたロビー・ウィリアムズは流石に観る人を惹き付けます。ロビー・ウィリアムズってこういう役が良く似合うなぁ。失墜したDJジャック役のジェフ・ブリッジズ、最初の方の陰鬱な表情と最後使命をやり遂げ病院で楽しそうに指揮者をしている姿の違いといったら。なんとなく印象の薄かったジェフ・ブリッジズなのですが意外といい役者さんだったんだと思いました。

やはり駅で好きな女性とすれ違っただけで周囲の人が踊りだすシーンは秀逸ですね。誰かに恋をしている時の気持ちを上手く表現しています。奥手なカンジだったパリーですが即興でボトルのキャップで椅子を作りあげたりとちゃんと女の子を惹き付ける要素を心得てますね。中華でダブルデートとその後のシーンは観ているこちらまで心温かくなります。

というかアンがいい女過ぎや!この作品でアン役のマーセデス・ルールがアカデミー賞を取ったのはきっとアカデミー会員のおじさん、おじいさん方がアンに「男に尽くしてくれる理想の女性像」を見たからに違いない!!

好きな人とのキスで過去のトラウマが蘇ってきてしまうのは一筋縄でいかないテリー・ギリアムらしさといった所でしょうか?フラッシュバックに襲われたロビー・ウィリアムズが亡き愛妻を思い出し、暴漢に襲われる時に死んで妻に会える事を予感して「サンキュー」っと口してしまうシーンはちょっとゾッとしました。

「6月のNYが好き」っという全編を流れる曲が象徴しているかのような、テリー・ギリアム監督としては毒っけの少ない優しい作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る