テス

劇場公開日

15%
52%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀末のイギリスの東北部の農村を舞台に、貧しい行商人の子として生まれた娘テスの波乱に富んだ生涯を描くトマス・ハーディ原作『ダーバヴィルのテス』の映画化。製作総指揮はピエール・グルンステイン、製作はクロード・べリ、監督は「チャイナタウン」のロマン・ポランスキー。ハーディの原作を基にジェラール・ブラッシュ、ロマン・ポランスキーとジョン・ブラウンジョンが脚色。撮影はジェフリー・アンスワースとギスラン・クロケ、音楽はフィリップ・サルド、編集はアラステア・マッキンタイア、製作デザインはピエール・ギュフロワ、美術はジャック・ステファンズ、衣裳デザインはアンソニー・パウエルが各々担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ピーター・ファース、リー・ローソン、ジョン・コリン、デイヴィッド・マーカム、ローズマリー・マーティン、リチャード・ピアソン、キャロリン・ピックルズ、パスカル・ド・ボワッソンなど。

1979年製作/フランス・イギリス合作
原題:Tess
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

19世紀の末、イギリスのドーセット地方にある村マーロット。ある日の夕暮時、なまけ者の行商人ジョン・ダービフィールド(ジョン・コリン)は、畑の中を行く村の牧師に声をかけられた。彼は地方の歴史を調べており、ダービフィールドが、実は征服王ウィリアムに従ってノルマンディから渡来した貴族ダーバヴィルの子孫であることを告げた。突然の話に驚きながら、彼は家の者達に伝えようと、帰路を急いだ。その頃、タ闇の野原では、白いドレスに花飾りをつけた村の娘たちがダンスを楽しんでいた。その中に、ひときわ目立って美しい娘がいた。ジョンの長女テス(ナスターシャ・キンスキー)である。彼女は踊りを終えると一人で家に帰った。ジョンからダーバヴィルの子孫であると聞かされた妻(ローズマリー・マーティン)は、早速テスをダーバヴィルの邸に送りこみ、名のりをあげて金銭的な援助を受けようと考えた。家族の為にダーバヴィル家を訪れたテスは、着く早々その家の息子アレック(リー・ローソン)に会った。彼はハンサムだが、なまけ者のろくでなしで、美しいテスを見るなり夢中になった。そして、彼はいやがるテスを無理やり森の中で犯した。アレックの情婦になったテスは、ある日の夜明けダーバヴィル家をぬけ出した。両親のもとに戻ったテスは、やがてアレックの子供を産むが、わずか数週間でその子は死んだ。新しい生活をはじめようと、ある酪農場で働くことにしたテスは数人の娘たちと共に乳搾りに精を出した。そこで、農業の勉強をしに来ている牧師の息子エンジェル(ピーター・ファース)と知り合いになったテスは、このまじめで静かな青年に心を惹かれた。彼もテスに恋心を抱き、ある日、彼は正式に結婚を申し込んだ。暗い過去をもつテスは、この申し込みを拒み続けるが、その悩みを手紙につづり彼の部屋の戸ロにすべりこませた。翌日、何の変化も見せないエンジェルの態度に安心したテスは、彼と幸福の時を過ごす。しかし、それも束の間だった。手紙は床に入りこみ、読まれないままだったのだ。それを知ったのは結婚式の前夜だった。式を終えハネムーンを過ごすためにやってきた別荘で、エンジェルが過去の誤ちを告白し、それに続いてテスもアレックとの一件を告白した。しかし、その告白を聞いたエンジェルは、別人のように冷たくなり、一人外に出てしまった。エンジェルの理想生活は崩れ、テスに別れを告げブラジルの農場に発っていった。絶望にくれるテスは、また一人荒地をさまよい、昔の同僚マリアン(キャロリン・ピックルズ)をたよりに農仕事に戻った。そんなある日、アレックがテスを求めてやって来た。彼の申し出を拒むテスだったが、今はジョンも死に、貧しさに苦しむ家族のことを考えると、アレックに従うよりなかった。便りのないエンジェルを諦め、テスは遂にアレックと共に生活を始めることにする。やがてブラジルから戻ったエンジェルは、テスに対する厳しい仕打ちに自責の念を抱き、テスの居所を探していた。やっとテスの住む所が避暑地サンドボーンであることを聞きだしたエンジェルはその豪華な家のべルを鳴らした。そこでエンジェルが会ったテスは貴婦人のような物腰の以前とは別人のテスだった。すべてが遅すぎたと言うテスの前を、エンジェルは肩を落として立ち去った。部屋に戻って泣くテスを、アレックはなじった。出発まぎわの列車に、ひとり寂しく乗り込んだエンジェルは、そこにテスの姿を発見した。彼女はアレックを殺し、エンジェルを追ってきたのだ。今こそ抱き合う二人。森の中の別荘で初めて結ばれたテスとエンジェルは、しかし、逃亡の果ての遺跡で、追ってきた騎馬警官に捕われるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第4回 日本アカデミー賞(1981年)

ノミネート

外国作品賞  

第38回 ゴールデングローブ賞(1981年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ナスターシャ・キンスキー
最優秀監督賞 ロマン・ポランスキー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0美女と取り巻く身勝手な奴ら

2020年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

5.0妻に捧げた映画

2019年9月7日
Androidアプリから投稿

ロマンポランスキー監督の妻、シャロンテートは1969年にヒッピーに殺されてしまう。(ワンス・アポン・ア・タイムインハリウッド)
この作品はシャロンが殺される前の日に夫のために買ったら本テスが原作である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
19歳®︎

4.0ファムファタルを体現した美しさ

あき240さん
2019年1月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ナスターシャ・キンスキー、本作撮影時18歳
その美貌は3時間近い長い物語を飽きさせずに画面に目を釘付けにするほどのもの

ふっくらととした女性らしい柔らかい身体の線は胸にも腰にもない
だからセクシャルな官能的な美しさではない
両手を彼女の腰に回せば、左右の指が触れそうなほどに細い
そして背筋は後ろに反った美しい湾曲したラインを描いている
硬い果実のような処女を映像にするならば彼女がそのものだ

しかし、それはロリータとはまた違う
男を翻弄するような小悪魔的でもないし、子どもでもない
テスは自分を持った分別のある大人の女性だ
アレックに襲われてしまったのはまだ男の怖さを知らなかった、経験値が足らなかっただけのこと

ファムファタルという言葉がある
運命の女とも宿命の女とも、魔性の女とも訳される
クリムトの絵画にも描かれている
その絵画はもう少し柔らかい線の女性だが
ナスターシャ・キンスキーはもっと硬いまだ少女のラインを持つ身体であるが、疑いもなくファムファタルそのひとだ
ファムファタルとして有名なギュスターブ・モローの絵画サロメよりも、彼女はまださらに細く硬い

男は彼女を一目みれば運命を変えられてしまう
迂闊に近づけば心を奪われ身の破滅を招く女性だ
賢明ならば自分には関係のない女性だと、想いを抱く前に頭から追い出さないといけない
そんな美人のこと
本作のナスターシャ・キンスキーの画面に写る姿は、そのレベルの美しさを体現している
果たして、本作に登場する二人の男性は身の破滅に至るのだ

テス自身は異性に対して奥手であり、慎み深い女性であるとこは冒頭の草原でのクラブダンスのシーンで最初に語られる
しかしエンジェルは別れ際に二度見どころか三度見して去っていく
彼女の美貌は磁力の様に男を引き寄せてしまうのだ
彼女は普通のどちらかといえば奥手の貧しい農家の娘にすぎないのにそうなってしまうのだ

美しい、ただそれだけで、得する女性もいる
しかし美女もあるレベルを超えると却って不幸になってしまうのが彼女なのだ

普通の男性は危険を感じて避ける様になる
近寄って来るのは、美女をモノにする事だけに関心のある碌でもない男
またはその美しさを女神の様に清純そのものの存在として崇めて、生身の女性として見れない一点の汚れも許せなくなる男
この二種類の男しか寄って来なくなるのだ
正に本作の二人の男だ

テスは何一つ悪くはない
ただその美しさが勝手に男を狂わせてしまうのだ

本作はこのファムファタルの美しい魔力の有り様を見事に映像にしてみせている
ナスターシャ・キンスキーでなければできなかっただろう
そしてポランスキー監督が彼女のその美しさ、そしてそれがもたらす恐ろしい力を見事に描ききっている

美人なのに、良い彼氏ができない、近寄ってくるのは碌でもない男ばかりとお嘆きの貴方に、ぜひ観て頂きたい作品です
普通の誠実な男性を望むなら、貴方が逃げ腰の彼を積極的に引き寄せて、あきらめさせないように励ます努力が普通の女性以上に必要なのです
そして早い段階で本当の貴方をさらけ出さないといけないのです

それなりのあなたには、普通で良かったと安堵できる作品ではないでしょうか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

3.5ナスターシャ・キンスキーの美しさをただただ堪能。 物語自体はさほど...

2018年12月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ナスターシャ・キンスキーの美しさをただただ堪能。
物語自体はさほど面白いものではなかった。えー、そんな結論になるの?って感じ。当時の歴史的知識が若干必要かも。そしてあまりに長い。
やはり本作はナスターシャ。ただなぜだろう、綺麗とは思うのだが、熱烈なファンにはなりきれない。綺麗すぎるのか?不思議だ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全9件)