戦場にかける橋

ALLTIME BEST

劇場公開日

解説

ピエール・ブールの同名小説を名プロデューサー、サム・スピーゲルと巨匠デビッド・リーンのコンビで映画化した戦争大作。第2次世界大戦下の1943年、ビルマとタイの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、捕虜となったイギリス人兵士と、彼らを利用して橋を造りたい日本軍人たちの対立と心の交流を描く。出演はウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス、早川雪舟。57年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む7部門で受賞した。

1957年製作/155分/アメリカ
原題:The Bridge on the River Kwai

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第15回 ゴールデングローブ賞(1958年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) アレック・ギネス
最優秀監督賞 デビッド・リーン

ノミネート

最優秀助演男優賞 早川雪洲
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0ギネスと早川の構築する、敵味方を超えた複雑な関係性が魅せる

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アカデミー賞では作品賞をはじめ7部門を受賞し、映画史に名を残した戦争映画。捕虜となった英国人兵士(アレック・ギネス)と日本人将校(早川雪洲)が、互いに主義主張を譲らぬ中でいつしか妥協と協力を繰り返しながら橋建設を進めていく。最初は全く折り合えなかった二人が一つの目標に向けて視線を同じくしていく姿には、決して敵味方の二元論で割り切ることができない戦争というものの複雑さを垣間見せる。そんな二人にも皮肉な結末が待っているという、ますますもって複雑な余韻を残すこの映画。世の中に「敵の顔」が全く見えない戦争映画が多い中、本作は新たな境地を切り開いたとみていい。ギネスと早川、アカデミー賞にも絡んだ二人の演技は、ある意味、「戦場のメリークリスマス」の坂本龍一とデヴィッド・ボウイのようなものと言えるのかもしれない。クライマックスの鉄橋爆破シーンは映画好きなら一度は目に焼き付けておきたい歴史に残る名場面だ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
牛津厚信

4.5【”君は、”クワイ河マーチ”に込められた想いを知っているか!”英国将校の、日本軍の捕虜になっても失わない気位と共に、戦争の愚かしさを見事に描き出した作品である。】

NOBUさん
2022年7月13日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 今作のメインテーマである、”クワイ河のマーチ”は不惑以上の年代の方であれば、例えば小学校の運動会の入場行進曲などで、聞いたことがある方が多いのではないかと、推察する。
  明るく、勇壮な曲調であり、日本軍に囚われた英国軍が見事に逆襲する・・、と言う事を想起させる。
  だが、今作を観れば分かるのであるが、決して勧善懲悪の物語ではなく、戦争の愚かしさや虚しさを描いた作品なのである。-

■第2次世界大戦下のビルマ。
 日本軍捕虜収容所に、ニコルソン大佐(アレックス・ギネス)率いるイギリス軍捕虜が送られてくる。
 所長・斎藤大佐は、彼らにアメリカ軍少佐・シアーズ(ウィリアム・ホールデン)と共に泰麵鉄道のバンコウとラングーンを結ぶための橋梁建設の労役を命じる。
 だがニコルソンは将校を働かせるのは、ジュネーブ協定に反すると主張し、斎藤と対立する。

◆感想

・今作で、捕虜収容所を束ねる、斎藤大佐の位置づけは重要である。期日までに橋を完成させないと、切腹せざるを得ない。彼はジュネーブ条約を盾に、将校を労役に就かせないと主張するニコルソン大佐を見せしめの様に”オーブン”と呼ばれる獄に繋ぐ。
だが、ニコルソン大佐はそれに屈しない。
ー 今作が、奥深く描かれているのは、日本の大佐を安易な悪役として描かずに、大佐も又、上部からの指示通りに橋が作れない事に苦悩する姿をキチンと描いている事だと思う。-

・そして、ニコルソン大佐を懐柔しようとする斎藤大佐に対し、橋の建設方法の瑕疵を指摘し、捕虜の殊遇改善も含めて、交渉していくニコルソン大佐の姿。
ー 彼の政策は身を結び、英国捕虜だけではなく、日本軍も橋梁建設に協力して行く様。-

・一方、序盤に収容所を命からがら脱出した、アメリカ海軍のシアーズ中佐(ウイリアム・ホールデン)が、保養所でノンビリしているところにウォーデン少佐(ジャック・ホーキンス)が現れ、シアーズの身分詐称を指摘しつつ、現地に戻る事を指示する。

■橋梁建設に、惜しまない努力を費やすニコルソン大佐。だが、一方ではその橋を爆破しようとするウォーデン少佐らの企み。
 そして、見事に橋梁はニコルソン大佐達の優れた工学知識により完成するも・・。

<今作は、メインテーマソングだけ聞くと、単なる第二次世界大戦時の反日本映画と捉えらえがちであるが、実は違う。
 今作が描いたのは、戦争の愚かしさや、虚しさである。
 そして、それを分かりつつ、懸命に与えられた任務を遂行しようとしたイギリス、アメリカ、日本の軍人たちの姿を見事に喝破した点が素晴しいのである。
 反戦映画の逸品であろう作品である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

5.0クワイ河

2022年7月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第2次世界大戦中のビルマ、日本軍は鉄道を敷設し輸送力の向上を図っていた。
橋の建設にはイギリス軍捕虜を動員していたが、工事は遅れていた。
一方、イギリス軍のこの鉄道を爆破しようとしていた。
イギリス軍の大佐がアレック・ギネス、日本軍の捕虜収容所所長の大佐が早川雪洲で、二人の誇りをかけた争いは見ごたえがある。
アメリカ軍兵士のウィリアム・ホールデンはいかにもアメリカ、という感じだ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
いやよセブン

4.5名誉と誇り…男たちの架け橋!

2018年9月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
しゅうへい
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「戦場にかける橋」シリーズ関連作品