フォレスト・ガンプ 一期一会

ALLTIME BEST

劇場公開日:

フォレスト・ガンプ 一期一会

解説

頭は少し弱いが、誰にも負けない俊足と清らかな心をもった男フォレスト・ガンプの数奇な人生を、アメリカ現代史と重ねて描き出していくヒューマンドラマ。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス。主演にトム・ハンクス。知能指数が人よりも劣っていたが、母親に普通の子どもと同じように育てられたフォレスト・ガンプは、小学校で優しく美しい少女ジェニーと運命的な出会いを果たす。俊足を買われてアメフト選手として入学した大学ではスター選手として活躍。卒業後は軍隊に入り、ベトナム戦争で仲間を救って勲章をもらい、除隊後はエビ漁を始めて大成功を収める。しかし、幼い頃から思い続けているジェニーとは再会と別れを繰り返し……。第67回アカデミー賞で作品賞ほか6部門を受賞。ハンクスは前年の「フィラデルフィア」に続き2年連続で主演男優賞を受賞した。2022年3月、4Kリマスター版でリバイバル公開。

1994年製作/142分/PG12/アメリカ
原題:Forrest Gump
配給:シンカ
劇場公開日:2022年3月18日

その他の公開日:1995年3月11日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

ノミネート

外国作品賞  

第67回 アカデミー賞(1995年)

受賞

作品賞  
監督賞 ロバート・ゼメキス
主演男優賞 トム・ハンクス
脚色賞 エリック・ロス
編集賞 アーサー・シュミット
視覚効果賞  

ノミネート

助演男優賞 ゲイリー・シニーズ
撮影賞 ドン・バージェス
作曲賞 アラン・シルベストリ
美術賞  
音響賞  
音響効果編集賞  
メイクアップ賞  

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) トム・ハンクス
最優秀監督賞 ロバート・ゼメキス

ノミネート

最優秀助演男優賞 ゲイリー・シニーズ
最優秀助演女優賞 ロビン・ライト
最優秀脚本賞 エリック・ロス
最優秀作曲賞 アラン・シルベストリ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1994 by Paramount Pictures.All Rights Reserved.

映画レビュー

4.527年前の作品なのに色褪せぬ、これぞ不朽の名作

2022年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

ロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクスがタッグを組んだヒューマンドラマ。知能指数が平均よりも劣るが、誰にも負けない俊足と清らかな心をもった男フォレスト・ガンプの数奇な人生を、アメリカ現代史と重ねながら描いている点が秀逸。もう何度観た事だろう……。高校卒業後、初めて劇場で観た作品だと記憶。初恋の人・ジェニーとは再会と別れを繰り返すが、個人的には俊足を買われてアメリカンフットボール選手として入学した大学で、スター選手として活躍するあたりは、妙に記憶に焼き付いている。アカデミー賞では6部門を制したが、これぞ記憶にも記録にも残る代表的な名作と言って良いだろう。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
大塚史貴

3.5ダン中尉がかっこよかった

2024年2月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

嘘っぽい映像(月とか)が逆にかっこよかった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
映画ぜんぜん見ないくん

4.0動き続ける

2024年2月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

幸せの秘訣は動き続ける事にあるんじゃないか、と感じた作品。
成功しても失敗しても辛く悲しい時もとにかく次!!目的や着地点がまだ想像出来ていなくてもとりあえず何か行動に移す事の大切さが分かりました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
箱

5.0色褪せることなき名作

2024年2月21日
iPhoneアプリから投稿

暫くぶりにフォレストガンプを鑑賞。
恐らく10代の頃以来だろうか?
作品が内包するベトナム戦争前後のアメリカの歴史的意味付けや人種差別への投げかけ、恋愛観、それに子育てに対する視線等々。
以前見た時に比べ、ストーリーから得られる情報がぐんと増えており、解像度が更に増した印象だ。

何度も見てきた作品だが、それでもやはり要所要所で落涙してしまう自分がいた。
ジェニファーとの出会いと別れ、そして息子との毎日。
自分や子供のこれからの人生とも重ねてしまう所もあり、作品の持つ豊かさを肌で感じる事ができた。

見るたびにこうも印象が変わり、自分の人生と共に深みを増していく作品はそうそうないだろう。
時代に染まらず、かと言って離れもせず。
風に舞う羽根のような人生を送ったフォレスト。
激動の時代を迎えようとしているこんな世の中だからこそ、学ぶべきところは非常に多いと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ジョイ☮ JOY86式。
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る