精霊の島

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

米軍がまだアイスランドに駐留していた50年代を舞台に、ある大家族の肖像を描く作品。監督は「コールド・フィーバー」のフリドリック・トール・フリドリクソン。製作はフリドリクソン、ぺーター・ロンメル、エイイル・オーゼガード、ペーター・アールベーク・ヤンセン。脚本はエイナル・カラソンで、原作は彼による同名のベストセラー小説。撮影はアリ・クリスティンソン。音楽はヒルマル・オルン・ヒルマルソン。音響はキャルタン・キャルタンソン。美術はアオルニ・パオッル・ヨハンソン。編集はスティングリムール・カールソン、スクーレ・エリクセン。出演は、フリドリクソン作品の顔となっているギスリ・ハルドルソン、アイスランドでは大人気のバルタザル・コルマキュルほか。

1996年製作/103分/アイスランド
原題:Djöflaeyjan
配給:ユーロスペース

ストーリー

50年代のレイキャヴィク。米兵が残していったバラックに住むカロリナ(シギュルヴェイ・ヨンスドッティール)の家は、四世代が一緒に住む大家族。不思議な霊能力を持つカロリナとその夫トマス(ギスリ・ハルドルソン)の娘ゴゴは、米兵と再婚して渡米することになる。ゴゴの長男バディ(バルタザル・コルマキュル)はゴゴの後を追うが、数年後アメリカかぶれとなって帰郷。そんなバディの自分勝手な振る舞いが、やがて周囲に不協和音を奏でていく。ある晩、バディが結婚相手の娘、フヴェラゲルズルを家に連れてきた。彼女は、バディの弟ダンニ(スヴェイン・ギェイルソン)が密かに思いを寄せていた相手だ。ダンニは絶望するが、それをバネに頑張り、念願の飛行士になることができた。ダンニは一躍ヒーローに。一方、それが面白くないバディは、ゴゴのいるアメリカへ逃げることにした。そんな時、カロリナが飛行機事故を予言。死んだのはダンニだった。葬式のため、ゴゴとバディが帰郷。ゴゴは再婚相手の米兵と別れ、今度はノルウェー人と結婚することになった。バディは相変わらず酔い潰れている。家族の住んでいたバラックは取り壊され、皆は、公団アパートへと引っ越しすることになった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く