エル・スール

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「ミツバチのささやき」のビクトル・エリセ監督が、同作から10年を経た1983年に発表した長編監督第2作。イタリアの名優オメロ・アントヌッティを迎え、少女の目を通して暗いスペインの歴史を描いた。1957年、ある秋の日の朝、枕の下に父アグスティンの振り子を見つけた15歳の少女エストレリャは、父がもう帰ってこないことを予感する。そこから少女は父と一緒に過ごした日々を、内戦にとらわれたスペインや、南の街から北の地へと引っ越した家族など過去を回想する。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第1弾として、監督自身の監修によるデジタルリマスター版が公開。

1983年製作/95分/G/スペイン・フランス合作
原題:El Sur
配給:アイ・ヴィー・シー
劇場公開日:2017年3月25日

その他の公開日:1985年10月12日(日本初公開)、2009年1月24日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 カンヌ国際映画祭(1983年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ビクトル・エリセ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2005 Video Mercury Films S.A.

映画レビュー

5.0繊細なやりとりと美しい陰影

2024年2月23日
iPhoneアプリから投稿

「エルスール」はなかなか劇場で観るタイミングがない作品だったのでうれしい
初公開ぶりに見直してみたけど、秘密を抱えてる父と娘との繊細なやりとりを美しい陰影の画面で見せる綺麗な作品だった。
娘のエストリァの服が素朴だけどおしゃれで可愛かった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
サート

1.5ほんとに意味わかんなかった

2024年2月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

3回は寝た

コメントする (0件)
共感した! 0件)
かまぼこたんごろう

4.0エリセ自身の追想の如き傑作

2024年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

「ミツバチのささやき」から10年を経て1983年に発表されたビクトル・エリセ監督の長編第2作。

前作と違いスペイン🇪🇸の本格的な民主化が始まった時期に撮られただけに表現がストレートでわかりやすい。結果、内戦以降の歴史を俯瞰することとなった。

時は1957年、15歳の少女エストレリャの父アグスティンが失踪した。エストレリャは幼い頃からの父の記憶をたどった。

内戦で敗者となり投獄された左派の父は右派の祖父のもとを離れ南から北へ移住していた。

内戦後の状況がすっきりしたものの父の心情が語られることはない。南で愛した女性への思いもわかるが、それだけでは足りない。自分には到底理解できない父の焦燥を思った。

南を知らずに育ったエストレリャがひとり南へ向かう構図が凄いなぁ。激しくはげしく感動した。これが映画だ。

エル・スール、南へ、、、

そう、エストレリャはエリセだった。

「父 パードレ・パドローネ」「アレクサンダー大王」のオメロ・アントヌッティと再会した。予期せぬ再会だったけど嬉しかった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
エロくそチキン2

4.0ソレジャナイ

2024年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初見。
父と娘の美しい物語…と思いきや、途中からなんだか安っぽいメロドラマみたいな展開に…
俳優が子役も含めてみんな良くて、撮影がめちゃくちゃに美しいが、それに誤魔化されちゃってないか?
「ソレジャナイ…」と思ってしまった…

しかしスペインの人達にはずっと内戦の影が付いて回るんだな…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぱんちょ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る