ミツバチのささやき

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

スペインの名匠ビクトル・エリセが1973年に発表した長編監督第1作。スペインの小さな村を舞台に、ひとりの少女の現実と空想の世界が交錯した体験を、主人公の少女を演じた子役アナ・トレントの名演と繊細なタッチで描き出した。スペイン内戦が終結した翌年の1940年、6歳の少女アナが暮らす村に映画「フランケンシュタイン」の巡回上映がやってくる。映画の中の怪物を精霊だと思うアナは、姉から村はずれの一軒家に怪物が潜んでいると聞き、その家を訪れる。するとこそには謎めいたひとりの負傷兵がおり……。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第1弾として、監督自身の監修によるデジタルリマスター版が公開。

1973年製作/99分/G/スペイン
原題:El espiritu de la colmena
配給:アイ・ヴィー・シー
劇場公開日:2017年3月25日

その他の公開日:1985年2月9日(日本初公開)、2009年1月24日

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2005 Video Mercury Films S.A.

映画レビュー

2.5終始静謐感に溢れ、子どもの心情に寄り添う作品!

2024年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

ビクトル・エリセ監督の最新作『瞳をとじて』の
予習として鑑賞しました。

主演のアナ、イサベルといった子どもの演技、
特に表情や佇まいが実に素晴らしいと思いました。

映画『フランケンシュタイン』を観たあとの
興味がつきない感じや、フランケンシュタインが
実際に住んでいると姉から教わった場所に行く
冒険心、さらには森でのフランケンシュタインとの
邂逅、どのシーンもアナの演技が頭に残りました。

全体的に静謐な感じですから、体調次第では時折
意識が飛ぶかもしれませんので、
鑑賞の際はご注意を!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ひでちゃぴん

3.5「瞳をとじて」つながり

2024年2月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

この映画の背景は1940年、スペイン内戦の終結直後。ヨーロッパでは、スペイン内戦は第二次大戦に直結したと考えられている。一方、この映画の公開は、1973年、スペインでは依然としてフランコによる独裁体制下。何しろ、この映画は暗喩に満ちているから、時代の背景を知っていたほうが良いかもしれないが、日本からは遠い国の話だし、ミニ・シアター・ブームを作った85年当時の観客に、それが理解されていたとは、とても思えない。
何、それでよいのだ。
この映画の良いところはどこだろう。
やはり、アンと言う可愛い(当時5歳の)幼女が少女に変わって行くところに尽きる。
サンタの実在を信じていた男の子が、それが虚構であることに気付くような。
アンの場合には、自分を始めて意識することが重要なのだろう。
「私はアン」と言って、眼を閉じることは、それにつながる。
それを教えてくれたのは、半年しか歳の違わないお姉さんのイザベル。しかし、本当の自分を知るためには、様々な経験もまた必要だった。学校、巡回移動映画、汽車と線路、父親とミツバチ。眼を閉じて最初に現れるのは、確かに巡回映画に出てきてイザベルに聖霊と教えられたフランケンシュタインだったのかも知れないが。
でも、次は列車から飛び降りて家の近くの廃墟に隠れていた兵士になったことだろう。
驚いたことに、この映画は、同じ監督(ビクトル・エリセ)と女優(アナ・トレント)による50年後の映画「瞳をとじて」につながってゆく。しかも、同じセリフ「私はアン」を通じて。今度は、目をとじると過去に出会った大事な人たち、それから自分そのものが見えてくるのだろう。寡作の監督エリセが、この映画を通じて、私たちに教えてくれたものは大きい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
詠み人知らず

4.5表現による闘い

2024年2月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
komasa

4.0評価不能

2024年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

二度観たのに、二度とも割とぐっすり…
こりゃもう自分にとってはそういうもんだと思うしかない…
従って評価できないのですが、記録のために。
点数は平均的な作品に付けるのと同じ点にして、評価を下げてしまわないようにしました。
しかし何故…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ぱんちょ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ミツバチのささやき」以外にこんな作品をCheck-inしています。