ストーカー(1979)

劇場公開日

33%
42%
19%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある小国を舞台に不可思議な立入禁止の地域である“ゾーン”に踏み込んだ三人の男たちの心理を描くSF映画。監督・美術は「鏡」のアンドレイ・タルコフスキー。アルカージーとボリスのストルガツキー兄弟の原作「路傍のピクニック」を基に彼ら自身が脚色。撮影はアレクサンドル・クニャジンスキー。音楽はエドゥアルド・アルテミエフが各々担当。出演はアレクサンドル・カイダノフスキー、アリーサ・フレインドリフ、アナトリー・ソロニーツィン、ニコライ・グリニコなど。

1979年製作/ソ連
原題:Stalker
配給:日本海映画

ストーリー

とある小国に、謎に包まれた“ゾーン”と呼ばれる地域があった。立入禁止になっていたが、そこには、人間にとって一番大切な望みがかなえられる“部屋”があるというのだ。そして“ゾーン”に踏み込むという大胆な行動をとる者が出現した。案内役はストーカー(アレクサンドル・カイダノフスキー)と呼ばれている男だ。止める妻(アリーサ・フレインドリフ)を説得し、今“ゾーン”へと出発するストーカー。作家(アナトリー・ソロニーツィン)と教授(ニコライ・グリニコ)の二人と待ち合わせて“ゾーン”に向かう三人。境界地帯に待機していた警備兵の銃弾をくぐり“ゾーン”への侵入を果たす三人。そこにはこの“ゾーン”を探るためにこれまでに送り込まれた軍隊の戦車や人間の死骸が無残にさらされている。水に溢れた“乾燥室”を通り“内挽き器”という恐しいトンネルをくぐり、ついに“部屋”にたどりついた。しかし、踏み込む瞬間、教授が、自分で造った爆弾を取り出し、“部屋”が犯罪者に利用されることを避けるために、“ゾーン”爆破を目的としていたことを告白した。“ゾーン”を支えに生きてきたストーカーはその爆弾を取りあげようする。そのストーカーの態度に疑問を感じる作家。彼ら自身“部屋”に対する考えが、徐々に変化をみせる。“部屋”は、いったい彼らにとって、いかなるものであったのだろうか。自ら自身にもわからないのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0映像美と哲学的テーマを理解できるかどうか

にゃんさん
2020年12月28日
Androidアプリから投稿

難解。とにかく難解。

哲学的なメッセージが込められているのだと思うけど、まだ私には理解しきれないなという印象。一度見ただけで全てを掴みきれる気はしなかった。
二度目が見たいかというと………

映画の内容自体は、
おっさん三人がゾーンを目指してひたすら歩いてくだけであるし、時間もかなり長尺なので途中から我慢大会のように感じた。

でも、映像はとても個性的で見る価値はあると思う。

終始、殺伐として閉鎖的な雰囲気を感じさせる映像には惹かれた。

ただ、

結局、ゾーンって何?みたいな所があるので、鑑賞した後はとてもモヤモヤした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃん

4.0むかしストーカーとはこの映画のことだった

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

ストーカーという用語が一般化した当初、タルコフスキーが脚光を浴びていると勘違いしたことがある。
ストーカーの呼称が無かった時代──おそらく80年代の半ばまで、それは変質者とかしつこい奴とか変態などと呼ばれていた。もしその当時誰かがストーカーと発したなら1979年のソビエト映画を指しているはずだった。
ただ一般に使われるストーカーとは意味が違い、映画では案内人の意味があった。

日本ではタルコフスキーといえば惑星ソラリスだが英語圏ではストーカーが同監督の代表作と見なされている──という記述を昔どこかで読んだことがある。同監督中imdbランクもトップで、母数も10万人を越えている。

個人的には僕の村は戦場だったがいちばんいい。二ばん目は鏡で、三ばん目はノスタルジア、四五番がサクリファイスと惑星ソラリス、ストーカーはその次だった。
これは解り易さの順番でもある。解らない話はないが、大人になるほど、まどろっこしくなる。若い時分ならアート系に与し得た気分が、年を経ると、もったいぶって見える。それはおそらく、誰にもあることではないか──と思う。

昔はアントニオーニもベルイマンもアンゲロプロスも楽しく見られたが、もう、その鑑賞気分にはならない。──とは個人の経年変化でもあるが、そもそも時代だってそうである。示威か懐古趣味で長回しする監督はいるだろうが、長回しに根拠がなければ、長回しに意味はない。アートを大資本に乗せているのはもはやテレンスマリックくらいなものだ。
時代である。

ロシアのSF小説にもとづく話。
隕石が落ちた一帯に怪異現象が発生し、ゾーンと呼ばれ、軍の管理下で立入禁止区域となる。
そこを案内人ストーカーと、教授と作家、三人の男が行脚する映画。
ゾーンは廃屋や瓦礫をふくむ野原である。そこは美しい場所だが、もし設定を外すなら、三人の男が野原や廃墟を歩いて行く、だけの映画である。

かつて人に使われていたものがうち捨てられている。それら雑多な滓か澱か塵のようなものの集積を、近い俯瞰でゆっくりとパンする撮影がよく使われる。
ロケーションには特殊効果が使われず、撮影用と思える敷設も最小限にとどまっており、ゾーンは殆どただの荒れ地である。
そこには水と草木と泥濘と苔むした廃墟と静寂のほかには何もない。

ゾーンを生きて通過できるのは善人だけ──とされている。ただ「善人」とはゾーン側の判断基準である。ストーカーはナットと包帯でつくった道標を投げつつ、迂回しながら、怖々と進んでいくが、我々から見えるのはただの原野だ、そこでまず試される。
道中、三人は観念的な低回をする。それは俺たちはなぜ生きているのか──系の問答で、強引でも前衛的でもないが、また試される。
試されるのは、好奇心かもしれない。リテラシーかもしれない。
あるいは眠気かもしれない。

rottentomatoesに映画を表わした寸言があった。
It's a film that challenges us to be bored, while refusing to be boring.
作家は人生が退屈なものだと感じており、変化か刺戟をもとめて、ストーカーに案内をたのんで、ゾーンに入ってきた。教授にも、体制への不満があった。いうなれば退屈を拒否しようとしていた。ところが、男三人が原野を歩くのは、いくらタルコフスキーの画面が充溢しているとはいえ、退屈なものだ。
「退屈することを拒否しながら、退屈するように私たちに挑戦する映画」とは正にその通りである。

長い道中は布石であって、重要な寓意はない。できれば我慢をお勧めする。SF的素材を用い、すべてが象徴になっているが、人は幸せを求めて外界を探求していくが、あんがい奇跡は身近にいるという話──だと個人的には思っている。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

1.0芸術もどきの、深層心理かぶれ

2020年6月25日
PCから投稿

何か人間心理の真理を追究しているふりをしていますが、それは幻想であり、都市伝説というものでしょう。
ロシアらしいと言えば、閉塞した世界で伝染しそうな考え方です。
これは病んでるかどうかのリトマス紙みたいな映画かもしれません。
弱った心にはつけいる隙があるから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

5.0超高次元な芸術的傑作

2020年1月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

悲しい

興奮

知的

内容がとても深い。哲学的な内容で、全てのセリフや会話がいちいち興味深くて引き込まれた。その中でもクライマックスのゾーン部屋前の3人の会話は圧巻だった。ロールプレイングゲームの様なストーリー展開も面白かった。

演出が芸術的で唯一無二。まず画の美しさが半端じゃ無い。どのシーンもS級芸術作品の様な美しさ。
音楽の使い方も凄い。列車の通る雑音の中に微かに聴こえてくるクラシックミュージック。こんな音楽の使い方は初めて観た!映像のセピア色とカラーの使い分けも秀逸で、ラストシーンの奇跡を演出したカラー&微かに聴こえてくる「喜びの歌」は鳥肌ものだった。「地獄の黙示録」の「ワルキューレ」や「北の国から 2002遺言」のドヴォルザーク「新世界より」と同じくらい鳥肌の立つクラシックミュージックの使い方だった。またラストシーンでは、奇跡が起こったにも関わらず娘が退屈そうな表情をしているのが印象深かった。奇跡は起こったが、その願いは母親のもので、本人のものではなかったということか。こんなにも美しく奥深さも兼ね備えた完璧な終わり方はそうないんじゃないだろうか。
タルコフスキー監督の思想と超高次元の芸術性に圧倒された。

念願の劇場にて2度目の鑑賞。水に犬、タルコフスキー監督の世界観。音の凄さに身震いする。突き詰められた効果音に、列車のカタンコトンカタンコトンという音の中から聴こえてくるクラシックミュージック。芸術、哲学、無意識の自分、本質的な自分。人間の脳は10%しか使われていない。残りの90%は未知なる無意識。意識や意志の思い通りにはいかないのが人間の脳。皆、意識的な願望とは違う本質的な願望が無意識の中には眠っている。ゾーンはその人の一番強い願望を叶えてくれる神聖な場所。ゾーンにたどり着いたとしても、大概の人間は自分の意識出来てない深層心理にある強い私利私欲が叶えられてしまう。そしてその欲望の醜さに失望する。しかし奇跡は起きた。母の願いが通じたのか、その願いは娘のことを思う純粋な愛だった。しかし...、その奇跡の恩恵を受けた当の娘はどうでもいい様な浮かない表情。子の心、親知らず。親の心、子知らず。純粋な愛の奇跡が起きても尚思い通りにはいかない...。人生は難しい...。人間は難しい...。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ストーカー(1979)」以外にこんな作品をCheck-inしています。