ストーカー(1979)

劇場公開日

ストーカー(1979)
33%
39%
21%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ある小国を舞台に不可思議な立入禁止の地域である“ゾーン”に踏み込んだ三人の男たちの心理を描くSF映画。監督・美術は「鏡」のアンドレイ・タルコフスキー。アルカージーとボリスのストルガツキー兄弟の原作「路傍のピクニック」を基に彼ら自身が脚色。撮影はアレクサンドル・クニャジンスキー。音楽はエドゥアルド・アルテミエフが各々担当。出演はアレクサンドル・カイダノフスキー、アリーサ・フレインドリフ、アナトリー・ソロニーツィン、ニコライ・グリニコなど。

1979年製作/ソ連
原題:Stalker
配給:日本海映画

ストーリー

とある小国に、謎に包まれた“ゾーン”と呼ばれる地域があった。立入禁止になっていたが、そこには、人間にとって一番大切な望みがかなえられる“部屋”があるというのだ。そして“ゾーン”に踏み込むという大胆な行動をとる者が出現した。案内役はストーカー(アレクサンドル・カイダノフスキー)と呼ばれている男だ。止める妻(アリーサ・フレインドリフ)を説得し、今“ゾーン”へと出発するストーカー。作家(アナトリー・ソロニーツィン)と教授(ニコライ・グリニコ)の二人と待ち合わせて“ゾーン”に向かう三人。境界地帯に待機していた警備兵の銃弾をくぐり“ゾーン”への侵入を果たす三人。そこにはこの“ゾーン”を探るためにこれまでに送り込まれた軍隊の戦車や人間の死骸が無残にさらされている。水に溢れた“乾燥室”を通り“内挽き器”という恐しいトンネルをくぐり、ついに“部屋”にたどりついた。しかし、踏み込む瞬間、教授が、自分で造った爆弾を取り出し、“部屋”が犯罪者に利用されることを避けるために、“ゾーン”爆破を目的としていたことを告白した。“ゾーン”を支えに生きてきたストーカーはその爆弾を取りあげようする。そのストーカーの態度に疑問を感じる作家。彼ら自身“部屋”に対する考えが、徐々に変化をみせる。“部屋”は、いったい彼らにとって、いかなるものであったのだろうか。自ら自身にもわからないのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0やっぱり長いよ!タルコフスキー!

osmtさん
2022年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osmt

3.0眠気が、、、

りうさん
2021年9月28日
iPhoneアプリから投稿

最初から最後までずっと静かなシーンが続く映画。
2倍速いや、3倍速で見ればちょうどいいかも。
とにかく間が長い!
神秘的で世界観もいいし、面白くない訳じゃ決してないんだけど、せっかちな自分には、もうちょっと展開が早い方が好みかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りう

5.0【ゾーン】

ワンコさん
2021年7月2日
iPhoneアプリから投稿

ゾーンという言葉が、ちょっと特殊な意味を持って使われたのは、僕にとっては、この「ストーカー」が初めてだった。

今では、スポーツ選手が、感覚が研ぎ澄まされる状態をゾーンと呼んだり、結構、カッコいい言葉でもある。

この作品は、惑星ソラリスよりもSF的ではない。

だが、人の内面にフォーカスして、哲学的・宗教的、更に、社会的な要素や視点を含み、エンディングでは、寓話的な教訓もあり、ユニークな映画になっている。

SF自体が、こうした要素を含むことは多いのだが、僕自身は、少し難解な大人向けの寓話だと思っている。

初めて観たのは数十年前だが、DVDも持っていて、半年くらい前からレビューを残すために、再鑑賞しようかだらだら悩んでいたところ、今回、劇場で惑星ソラリスと立て続けに観る機会が訪れるとは思いもしなかった。

シンクロニシティだろうか。
不思議な映画だ。

ゾーンは、実は、僕達の世界のような気がする。

製作当初は、ソ連社会を表現したと言われることもあったが、現代の僕達の世界に通じるものがかなりあると思う。

目標達成のためには、近道を考えるよりも、たとえ地道で遠回りでも着実に努力を重ねることが重要です。

よく聞く教訓めいた言葉だ。

ありもしない困難な道(※肉挽き機)がでっち上げられて、難なく潜り抜けると、あなたは素晴らしい人ですねと言われる。

怪しい物品のセールス・トークのようでもある。

そして、作家、物理学者、ストーカーがゾーンとは一体何か話をする場面もあるが、それぞれに表面的或いは理想的なことを言うが、その裏には何か良くない考えが透けて見える気がする。

ヤマアラシの願いとは裏腹に多額の富を手にしたという、人の心の奥底に潜む「本心」たる願いとは、こういうことだというエピソードは重要だ。

平和、平等、民主主義、様々な理想は掲げられるが、掲げる人間たちこそが反対のことを推進していたりする。

上辺と本心は異なるのだ。

これは、僕達の世界そのもののような気がする。

ただ、映画ストーカーの世界は寓話だ。

「善良な」ストーカーの足の不自由な子供は、善良なストーカーの「本当の願い」を具現化するように、超能力を手にしたのだ。

自由に動ける健常な脚ではなかったが、正直者は救われたのだ。

これは、僕達の世界に対して、映画が提示した希望なのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワンコ

1.0墓荒らし

odeonzaさん
2021年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る