スウォーム

劇場公開日

スウォーム
0%
0%
29%
57%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南アメリカから襲来した殺人蜂の大群が合衆国をめざして進んだ場合、どんな大惨事が起きるかを描く。製作総指揮はシドニー・マーシャルとアル・ゲイル、製作・監督はアーウィン・アレン、脚本はスターリング・シリファント、原作はアーサー・ハーツォグ、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はハロルド・F・クレス、特殊効果はハワード・ジェンセンが各々担当。出演はマイケル・ケイン、キャサリン・ロス、リチャード・ウィドマーク、リチャード・チェンバレン、オリヴィア・デ・ハビランド、ベン・ジョンソン、リー・グラント、ホセ・フェラー、パティ・デューク・アスティン、スリム・ピケンズ、ブラッドフォード・ディルマン、フレッド・マクマレイ、ヘンリー・フォンダなど。

1978年製作/アメリカ
原題:The Swarm
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

ある早朝のこと、はるばるブラジルから渡ってきた恐るべき殺人蜂の大群がテキサス州東南部に襲来した。世界的な昆虫学の権威クレーン(マイケル・ケイン)は大災害を未然に防ぐためアメリカ大統領の特命をおびて現地に派遣された。クレーンは殺人蜂の一群を追ってヒューストンの近くにあるミサイル基地に行きつくが、すでに殺人蜂の姿はなく、猛襲の凄まじさを物語る基地職員の無残な死骸だけが残されていた。その人けのないミサイル基地で出会ったスレーター空軍将軍(リチャード・ウィドマーク)と副官のベーカー少佐(ブラッドフォード・ディルマン)は、はじめは惨殺した犯人が蜜蜂であることなど信じられない面もちだったがクレーンの説明で事態の深刻さに気がつくのだった。ヒューストンに向っていることから殺人蜂の大群がテキサス州西南部を襲い、まもなくアメリカ全土に及ぶことは明らかだった。基地の女医で空軍大尉のヘレナ(キャサリン・ロス)、免疫学者のクリム博士(ヘンリー・フォンダ)、昆虫学者のハバード博士(リチャード・チェンバレン)、近くの町メアリーズビルの学校長モーリン(オリヴィア・デ・ハヴィランド)、その求婚者であるふたりの男性、フェリックス(ベン・ジョンソン)とクラレンス(フレッド・マクマレイ)、ウェートレスのリタ(パティ・デューク・オスティン)、テレビの人気アナウンサーのアン(リー・グラント)、水道局の監督官ジャッド・ホーキンス(S・ピケンズ)らが、殺人蜂防衛撃滅作戦に立ちあがり、さまざまな計画を検討していた。が、そのころまたしても殺人蜂がピクニックを楽しんでいた家族を襲い、殺戮のかぎりを尽くし、メアリーズビルへ突進中との急報が伝えられる。クレーンとヘレナはただちにメアリーズビルに急行するが、殺人蜂の大群はますます猛威をふるい人類を圧倒し、その災害はまさに頂点に達した。ヒューストンを侵略し、この大都会を麻痺させてしまうことは避け難かった。そんな中、クレーンとヘレナは蜂が音に敏感であるということからある作戦を実行にうつす。ヘリコプターから海に音を発する機械を打ちこみ、殺人蜂をひきよせようというのだ。作戦は的中し、海は音にひきよせられた殺人蜂で黒一色と化した。そこへ火焔ミサイルが放たれ、殺人蜂の大群は一瞬のうちに火に包まれ、熾烈な戦いは人類の勝利に終わる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第51回 アカデミー賞(1979年)

ノミネート

衣装デザイン賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

2.06月4日はムシの日

kossyさん
2020年6月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.0★ 殺人蜂。

2018年3月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

寝られる

昔のパニック映画のポスターは、オールスターキャストの顔写真が羅列されていて、その錚々たる顔ぶれを眺めているだけでも、気分が高揚したものです。
本作のメガホンを取ったアーウィン・アレンという人は、そのような大作映画を製作するだけでは飽き足らず、監督までしちゃった山師のような人物ですが、よくもまあこんな酷いポンコツ映画を世に送り出せたものだと半ば呆れるやら、感心するやら。とにかく脚本が小学生の作文以下のウ◯コです。
ブラジルから襲来した史上最強の殺人蜂が、米軍のミサイル基地から果ては原発まで破壊し尽くすという、トランプ大統領が見たらショックを受けて卒倒してしまいそうな内容でしたが、飛来する殺人蜂の大群(スウォーム)が黒煙にしか見えず、恐怖がイマイチ伝わって来なかったのが残念でしたね。🐝🐝🐝🐝🐝🐝

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る