サイコ2

劇場公開日:

解説

アルフレッド・ヒッチコック監督作品「サイコ」(60)の続編。ユニヴァーサルとオーク・インダストリーズが共同で出資し、「サイコ」で助監督をつとめたヒルトン・A・グリーンが製作した。エグゼクティヴ・プロデューサーはバーナード・シュワルツ。監督のリチャード・フランクリンはオーストラリア人で、80年にジェイミー・リー・カーティス主演のRoad Gamesを作った人物。脚本は「処刑教室」のトム・ホランドで、彼は保安官助手の役で出演もしている。撮影はディーン・カンディ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、特殊ビジュアル効果は「キャット・ピープル(1981)」のアルバート・ウィトロック。アンソニー・パーキンスとヴェラ・マイルズが前編に引き続き同じ役を演じる他、メグ・ティリー、ロバート・ロッジア、デニス・フランツらが出演。ストーリーは「サイコ」のキャラクターに基づいたオリジナルで、「サイコ」の原作者ロバート・ブロックの書いた[サイコ2」(創元推理文庫)とは別ものである。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

1983年製作/113分/アメリカ
原題:Psycho II
配給:ユニヴァーサル=CIC

ストーリー

ハイウェイを離れたところに建つベイツ・モテル。雨の夜、このモテルのl号室にとまったマリオン・クレイン(ジャネット・リー)が、モテルの経営者ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)にナイフで刺殺される事件がおきた-以上、前編「サイコ」のフッテージを流用。-ノーマンは10年前に母親を殺害し、その罪の意識からノーマンの精神の中に母親が同居しており、マリオンの裸を覗き見したノーマンに怒って、母親がマリオンを殺したのだった。ノーマンは逮捕され、精神異常者として病院に収容された。22年後、ノーマンは精神異常が治癒したとして、マリオンの妹ライラ(ヴェラ・マイルズ)の抗議にもかかわらず釈放されたノーマンは主治医レイモンド(ロバート・ロッジア)とともに、自分の邸に戻ってくる。その時、彼は窓に誰かの姿を見たような気がした。レイモンドの尽力で、ノーマンは近くの町フェアヴェイルのダイナーに皿洗いとして働くことになる。初老のスプール夫人が他のウェイトレスを紹介してくれた。ノーマンはへまばっかりやってるメアリー(メグ・ティリー)と仲良くなる。同棲している男友達から捨てられたという彼女をモテルに連れてくる。モテルの管理を病院から依頼されていたトゥーミイ(デニス・フランツ)が、モテルを連れ込み客に貸し、しかも部屋にマリファナのすいがらがあったことから、怒ったノーマンはトゥーミイを首にする。結局、メアリーを邸にとめることにした。ダイナーで、「女をほおり出せ、母親より」というメモを見て、ショックを受けるノーマン。ノーマンはダイナーをやめ、モテル経営に専念することにした。何者かによって、トゥーミイが惨殺され、邸の地下室に忍び込んだカップルの男の方が殺される。しかも、ノーマンの母親の部屋が昔通りになっていたかと思うと、いつの間にか家具に白い布がかかった状態にもどったりした。しだいに、ノーマンは自分が前のように狂い出しているのだと思うようになる。やがて、トゥーミイの死骸が発見され、メアリーが実はライラの娘であることが明らかになる。母娘はノーマンの精神を狂わせて、再び病院へ送り返そうと企んでいたのだ。しかし、メアリーはこの陰謀が嫌になり、母親にもうやめようと言い出す。母親は無論そんな気はなく、邸の地下室に入り込み、そこで何者かに刺殺される。その後、半狂乱のメアリーにレイモンドが殺された。精神がおかしくなったノーマンは、母親の電話に答えて、メアリーに襲いかかった。邸にスプール夫人が尋ねて来た。彼女は自分がノーマンの本当の母親で、彼を育てることができなかったので、姉のベイツ夫人に預けたことを打ち合ける。これまでの殺人はノーマンを守るために彼女が犯したのだった。ノーマンは平然としてその告白を聞き、シャベルで彼女を殴り殺す。そして死体を母親の部屋へ運ぶ。再びノーマンの肉体に母親がやどった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0オリジナル『サイコ』のシャワーシーンが映し出されるオープニング

kossyさん
2021年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 母親の亡霊に怯えるノーマンと、陥れようとする人間。オリジナルのモーテルと実家はそのままカラー映像としてよみがえる。

 モーテルを管理していた男が消され、館の地下で遊んでいた少年が殺される。途中から犯人が読めるような展開にしておきながら、「でも彼女を殺したのは一体・・・?」と疑問がわき、意外な方向へ急展開。ちょっと反則技のような気もするが、それなりに楽しめる。23年前の俳優二人がそのまま出演していることも好印象だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0何か嫌いじゃない・・・(笑)

2019年12月27日
スマートフォンから投稿

楽しい

あの1作目を越えたなんて誰も言わないでしょうが、何か嫌いじゃないんですよね~(笑) あの続編とは考えずに単品として観てみると・・・それでも世間では酷評かな(笑) 作品の雰囲気が好きなんです、ただ好みになってしまいますが、何か嫌いじゃないんです(笑)

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

0.5何故作ったのか分からない続編!!

2019年8月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

23年振りの続編としては、期待外れの駄作だと思います。キレがなくダラダラとして、薄味で退屈でした。単に続編として観た場合、個人的には、ムカデ人間→ムカデ人間2の進化より大分劣りますし、ホステル→ホステル2以下だと思います。ジェイソンでもあったような展開がありました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
*.꒰ঌ𝔸𝕟𝕘𝕖𝕝𝕠໒꒱.*
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「サイコ」シリーズ関連作品