キングコング2

劇場公開日:

解説

ニューヨークの世界貿易センタービルから墜落死したキングコングが現代医学で息を吹き返し、愛するレディコングを守るために再び人間と対決する。製作はマーサ・シュマッチャー。エグゼクティヴ・プロデューサーはロナルド・シュセット。監督は前作を手がけたジョン・ギラーミン。脚本はロナルド・シュセットとスティーヴン・プレスフィールド、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・スコット、クリエーチャー創作製作はカルロ・ランバルディが担当。出演はリンダ・ハミルトンほか。テクニカラー、シネスコサイズ。ドルビー・ステレオ。

1986年製作/アメリカ
原題:King Kong Lives
配給:松竹冨士映画
劇場公開日:1986年12月20日

ストーリー

10年前、世界貿易センターから墜落したキングコングは、ジョージア州アトランティック大学研究所にある世界最大の集中治療室の中で、植物人間さながらに眠り続けていた。エイミィ博士(リンダ・ハミルトン)ら専従スタッフは700万ドルをかけて精巧な超大型人工心臓を作り、心臓移植の準備に余念がなかった。しかし、一番の問題は手術時に必要な大量の輸血用血液をどうするかということだった。そこに、ボルネオ島に住むミッチェル(ブライアン・カーウィン)という男から、ジャングルで捕えた雌のコングを売ってもいいという連絡が入った。商談は成立し、キングコング並の体重を持つレディコングはアトランティック大学に運ばれてきて、全世界が注視する中で心臓移植手術は無事終わった。だが、絶対安静中のキングコングを興奮させたのはレディコングの悲鳴だった。キングコングは檻を破り、レディコングを連れてジョージア山脈に姿を隠してしまった。翌朝、エイミィとミッチェルは2頭のコングを捜しに行ったが、“新婚の屋根”という場所で発見、その地名にふさわしい仲睦まじい光景にあてられっぱなしだった。やがてネビット大佐(ジョン・アシュトン)が指揮する警備隊がへリコプターで毒ガスを撒き始めた。そのためにレディコングは捕われの身となり、軍隊格納庫に押し込められた。一方キングコングは崖っぷちに追い込まれ、遥か下方の谷川に身を投じた。数カ月間、キングコングの捜索は続けられたが行方が分からず、レディコングは妊娠していることが判明した。ある月明りの夜、突然、キングコングが姿を現わし、レディが捕えられている軍隊基地に向かった。その報を聞きつけてレディコングに会いにいくエイミィとミッチェル、そしてコング討伐に出動するネビット大佐。だがキングコングは傷だらけになりながらもレディコングを救い出し、ある農村に辿りつく。レディコングが産気づいたのだ。警備隊とキングコングが対峙する中、エイミィとミッチェルの励ましに応えるようにレディコングはべイビィを生んだ。再び警備隊の砲撃が再開され、キングコングの、今度は愛する妻と我が子を守るための戦いが始まった。戦車を次々と破壊し、ネビット大佐もひねりつぶしたが、たび重なる砲撃によって、ついに息をひきとった。数カ月後、ボルネオのジャングルの奥地に、仲良く遊ぶレディコングとベイビィコングの姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

2.0コングの悲劇

2024年6月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
近大

2.5ちょっと無理があるかなぁ。

2023年9月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ちょっと無理があるかなぁ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
カネナカ

1.0続編に名作なし…の代表格…か?

2022年10月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

WOWOWのキングコング特集にて。
前作から10年後の続編。
監督はジョン・ギラーミンが続投…なのに、前作でみられた技巧的演出は全く影を潜め、ほとんど工夫のない単調な画面作りに終始している。
ギラーミンは既にキャリアの末期だったのか、本作以降で名前を耳にした記憶がない。

まぁ、オリジナルの続編『コングの復習』('33)も観るところがない映画だった。ただ、あれは前作のヒットを受けて急ごしらえした続編だった。
一方、本作は10年もの時間を隔てての製作で、その目指すところは何だったのか。前作の余韻など既になくなっていたはずだ。

前作のラストシークェンスがイントロに流用されているが、本編のキャストは完全オリジナルで、名のある役者はリンダ・ハミルトンくらいだ。ハミルトンにしても『ターミネーター』後ではあるが、『ターミネーター2』以前なので、看板と言える存在でもない。

とにかく、いい加減な映画である。
コングカップルの着ぐるみショーは、ダラダラと絞まりがなく、舞台の森林セットは恐るべき安普請だ。
もはやコングの所有権・管理責任の所在などどこかに行ってしまい、頭に血が上った軍人とコングの闘いが展開するのだが、これにしても地上戦だけのスケールの小ささだ。

ただ、観るべきところが全くないわけではない。
軍の施設に囚われたレディコングを救出する場面は、スリリングだった。

最後はメロドラマで締めるのだが、ベビーコングが小さすぎないか?みたいなことが気になってしまう。
この脚本でちゃんと泣いてみせるのだから、役者はすごい。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
kazz

3.51976年の作品は観ておらず、1933年版からいきなりの「2」視聴...

2022年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1976年の作品は観ておらず、1933年版からいきなりの「2」視聴となった。
キングコングを単なる怪物として描くのではなく、レディコングや産まれてきた子どもへの慈愛の表情にはほっこりさせられた。
それにしてもキングコングにしてみれば実に迷惑な話だ。
今まで住んでいた孤島から無理やり連れて来られ、危険生物ということで二度も殺されてしまうのだから。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
省二
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る