キャノンボール

劇場公開日

4%
24%
47%
21%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界の名車、高級車に乗ったスピード狂たちが腕を競う大陸横断5000キロの最大イベントキャノンボールをドラマティックに描くアクション映画。製作総指揮はレイモンド・チョウ、製作はアルバート・S・ラディ、監督は「トランザム7000」のハル・ニーダム、脚本はブロック・イェーツ、撮影はマイケル・バトラー、音楽はスナッフ・ギャレット、編集はドン・キャンバーンとウィリアム・D・ゴーディーン、美術はキャロル・ウェンジャーが各々担当。出演はジャッキー・チェン、ロジャー・ムーア、ファラ・フォーセット、バート・レイノルズ、ディーン・マーティン、サミー・デイビス・ジュニア、ピーター・フォンダ、エイドリエン・バーボー、タラ・バックマン、ドム・デルイズ、ジャック・エラム、マイケル・ホイなど。

1981年製作/95分/アメリカ・香港合作
原題:The Cannonball Run
配給:東宝東和

ストーリー

アメリカ東海岸コネティカットから西海岸カリフィルニアまでの5000キロ高速道路でスピードを競う最大のレースキャノンボール。参加者はレーサーの資格不要。レーシング・カーでなく普通の乗用車で走る。交通ルール、制限速度55マイルなどすべて無視、誰でもチャレンジできるのだ。早速様々な野心家たちが集まってくる。救急車の運転手に扮装した2人のコンビ。救急車がフリーパスなのを利用した2人は、慌てて医者と患者を探しあてる。ロジャー・ムーアにそっくりのプレイボーイ風の男シーモア(ロジャー.ムーア)は、007ばりにアストン・マーティンに乗って颯爽と参加。参加者名簿にロジャー・ムーアとサイン。日本の名車スバルに乗るのは最新科学装置を武器にする東洋人チーム。中には牧師に扮したジャズ狂の黒人と白人の2人組もいる。そして男性陣に混ってシャレたジャンプスーツで参加する美人コンビ(エイドリエン・バーボー)(タラ・バックマン)。白いロールス・ロイスで乗りこんだのは、アラブの石油王。会社の重役で飛行中の自家用機からパラシュートで降り立った男は、何と2輪車で挑戦する。そしてこのレースにつきものの違反摘発にやっきになる全米ハイウェイ安全実施機関副長官。やがて、真夜中、レースが開始される。スタート地点とゴールでタイム・レコーダーにタイム・カードをパンチし、その時差の少ない車が優勝だ。早くもパトカーの尋問を受ける者、ライバル車の空気をぬく者、それぞれが必死の策略と手段でゴールに向かう。5000キロを完走するためには参加者は予想もつかない障害、難関に遭遇するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.040年以上過ぎ去ってしまうと、今では元ネタが何だったか訳が分からない意味不明なお笑いギャグが山ほどあります

あき240さん
2022年5月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1981年公開
香港ゴールデン・ハーベストとの合同製作

「燃えよドラゴン」はワーナーの製作ですが、ゴールデンハーベストの全面協力の賜物です

ゴールデンハーベストも彼でしこたま儲けようという算段だったはずです
ところが、肝心のブルース・リーが急死してしまうのです

彼の過去作品などで急場をしのぐものの、ブルース・リーの後を継ぐ、カンフースターがいないのです

ようやくジャッキー・チェンを見いだして、1978年に「ドランクモンキー 酔拳」を公開します
ですが同作は確かにヒットもして人気もでたのですが、まだまだ大スターとは言えません

ジャッキー・チェンが大スターになるのは、1983年の「プロジェクトA」の世界的大ヒットを待たないとなりませんでした

本作の1981年当時、米国ではまだまだ無名、知る人ぞ知る程度です

本作でのジャッキー・チェンはカンフー俳優ではなく、東洋人コメディアンとしての出演です
しかも日本人役
ヘンテコな日本語を話したりします

本作のお話は、東海岸の町からLAまで大陸横断レースを無許可でやるというだけの内容
「バニシングポイント」みたいなテーマなんてこれっぽっちもありません

カーアクションシーンもあることは有るけれども、それはメインではなくて、それよりも警察やライバルを出し抜く為のあの手この手のお笑いシーンが連続するドタバタコメディ映画です

40年以上過ぎ去ってしまうと、今では元ネタが何だったか訳が分からない意味不明なお笑いギャグが山ほどあります
それでも少しはあーそういうこと!というギャグも有ります

まあ、雑で適当な作りの映画です
土曜映画劇場とかのテレビ掛け流しで、ビール飲みもってお気楽にながら観みするので十分でしょう

それでも、人気があります
否応なしにだからこそかも知れませんね
だって続編が沢山でるんですから
というか本作も続編です

本作の元ネタというか元祖は、1976年の「爆走!キャノンボール」
こちらはシヨウブラザーズの米国との合作でしたが、お笑いも、カンフーも、東洋人もなし
至って真面目な映画です

まあ、ともあれ本作でジャッキー・チェンは大きく顔と名前が世界的に売れました

本作が「プロジェクトA」が大ヒットする下地になったのは間違いないと思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

2.5ビールを片手に運転・・・これも時代でしょうか?

よしさん
2021年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

アメリカ大陸横断レース「キャノンボール」に参加する、個性豊かなレーサーたちを描くコメディ映画。

随分昔に鑑賞した映画を、CS放送時に再鑑賞。
気楽に肩肘張らずに鑑賞出来る映画ですね。大笑いはしませんが、「クス」と口元を緩めたくなるシーンの連続です。エンディングでNGシーンが流れていますが、出演者達も楽しかったんでしょうね。その雰囲気が映画全体から感じられる映画でした。

ただ、内容は「まったく」と言って良いほどないです。スマホを片手に、家の用事を片付けながら観るに相応しい映画です。
もう一つ不満を挙げれば、ジャッキーチェンの扱いでしょうか。何故か「日本人設定」なのは時代だから仕方ないとして、アクションシーンが余りにも不格好で・・・もう少しなんとかならなかったのでしょうか?

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし

3.0迷走コメディ

odeonzaさん
2020年7月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

2.0車好きの方オンリー

kossyさん
2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 フォーチュン・スターとゴールデンハーベストのロゴ。まさしく香港を含んだ豪華スターの競演だ。冒頭から美女の運転するランボルギーニをカマロのパトカーとのチェイスシーン。激しいカーチェイスを予感させる展開だ。

 しかし、オールスターキャストというのが嬉しいだけで、それほど熱くさせるアクションは多くない。主役のバート・レイノルズ演ずるJJと相棒のビクター(ドム・デルイーズ)は警官の取締りを逃れるための救急車で勝負。医者と患者が必要ということでジャック・イーラムとファラ・フォーセットを強引に同乗させる。ロジャー・ムーアは実名でアストンマーチンに乗る。連れの女性がコロコロ変わるところが007そのものだ。音楽も007をパロッたもので嬉しい限り。ジャッキー・チェンとマイケル・ホイはスバル(レオーネ)だけど、日本人という設定だ。赤のフェラーリには神父コンビ、サミー・デイヴィス・Jrとディーン・マーチン。他にも美女チームのランボルギーニ、アラブチームのロールスロイス、ウィリー走行するハーレーダビッドソンなどなど。終盤にはピーター・フォンダもカメオ出演している。

 デルイーズの変身、キャプテン・ケイオスってのはウケるんだけど、全体的にギャグが小学生でもわかるような軽いネタ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「キャノンボール」シリーズ関連作品