レーベル設立80周年ドキュメンタリー「ブルーノート・レコード ジャズを超えて」9月6日公開

2019年7月29日 15:45

歴代アーティストたちの証言からブルーノートの魅力に迫る
歴代アーティストたちの証言からブルーノートの魅力に迫る

[映画.com ニュース]数々の傑作を世に送り出し、世界中の音楽ファンを魅了し続けるジャズレーベル「ブルーノート・レコード」設立80周年を記念して製作されたドキュメンタリー「ブルーノート・レコード ジャズを超えて」が、9月6日公開される。

「ブルーノート・レコード」は、第2次世界大戦前夜のナチス統治下にあったドイツからアメリカに移住したアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフというジャズファンにより、1939年のニューヨークで立ち上げられた。アーティスト主導の録音体制を敷き、妥協することなく理想を求めるライオンとウルフの理念は、ジャズだけでなくアート全般、ヒップホップなど、ブルーノートの歴史に脈々と受け継がれてきた。

ロバート・グラスパーら若手アーティストによる「ブルーノート・オールスターズ」とレジェンド奏者ハービー・ハンコックウェイン・ショーターによるスペシャルセッションの模様や、貴重な過去のアーカイブ映像、ノラ・ジョーンズウェイン・ショーターら歴代アーティストや関係者たちの証言からブルーノートの魅力に迫っていく。監督はソフィー・フーバー。

また、バド・パウエル「ウン・ポコ・ロコ」、ジョン・コルトレーン「ブルー・トレイン」、キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイビス「サムシン・エルス」、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「モーニン、チュニジアの夜」など、同レーベルを代表する名曲の数々が、本編を彩っている。

ブルーノート・レコード ジャズを超えて」(www.universal-music.co.jp/cinema/bluenote/)は、9月6日から、Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース