過酷なアイドルオーディションに密着したドキュメンタリー、19年1月11日公開決定

2018年11月19日 08:00

「アイドルになりたい」 限界を超えて駆け抜ける少女たち
「アイドルになりたい」 限界を超えて駆け抜ける少女たち

[映画.com ニュース] 音楽事務所WACKによるドキュメンタリー映画「世界でいちばん悲しいオーディション」が、2019年1月11日に公開されることが決定した。九州の離島・壱岐島で行われた7日間のアイドルオーディション合宿に挑む、24人の少女たちに密着。気鋭のドキュメンタリー監督・岩淵弘樹が、アイドルになるための壮絶な戦いに迫り、ほとばしる熱気をカメラに収めた。

アイドルグループ「BiSH」「BiS」「GANG PARADE」「EMPiRE」などの所属事務所WACK。同社の合同オーディションに密着した「劇場版 アイドルキャノンボール2017」に続く今作は、時代を切り拓く新感覚ユニットを生み出す驚きの手法をつまびらかにするとともに、限界を超えて駆け抜ける少女たちの夢と涙を活写する。

候補生たちは歌とダンスだけでなく、マラソンやスクワット対決、人生ゲームなどトリッキーな試練にさらされる。毎夜行われる脱落者発表、そして理不尽とも思えるジャッジに感情を揺さぶられ、やがて本性がむき出しになっていく。過酷な日々に泣きじゃくり、それでも「アイドルになりたい」と一心不乱に食らいつく少女たち。何が彼女たちを突き動かすのか、「遭難フリーター」「サンタクロースをつかまえて」などの岩淵監督が“情熱の源泉”を探り当てていく。

プロデューサーの渡辺淳之介氏は、「自分自身が天才にはなれない、どうしようもなく偽物であることへの失望を思春期にずっと感じていて、なにものにもなれない自分に劣等感を感じ続けてきました」と自身の境遇を振り返る。そのうえで、今作を「WACK合宿オーディションはさながらアイドル版『フルメタル・ジャケット』。軍人になるのではなくアイドルになるべく、1週間で即時育成するブートキャンプです」と説明し、「何者でもない素人の女の子たちがはじめて自分というものを見つめ、人にさらされることによって、学校では味わえない社会の理不尽さに対峙することになります。その葛藤、努力、諦めの感情の揺れ動きがわかりやすくこの映画では見えると思います」とアピールした。

世界でいちばん悲しいオーディション」は、19年1月11日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース