フルメタル・ジャケット

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
フルメタル・ジャケット
フルメタル・ジャケット
24%
57%
17%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

原作はグスタフ・ハスフォードの処女小説「短期応召兵(ザ・ショート・タイマーズ)」。米海兵隊3092小隊の新兵たちはいじめ、侮辱が横行する環境下、過酷な訓練を強いられる。人を殺すことを教え込まれ、人間性が奪われていった新兵のひとり、パイルはついに精神を病み自殺してしまう。その後、それぞれベトナムへ送り込まれた新兵たちだったが……。戦火のシーンではスローモーション技術を駆使し、兵士の死をリアルに描いている。

1987年製作/116分/アメリカ
原題:Full Metal Jacket
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第12回 日本アカデミー賞(1989年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0これは米兵のリアルですか?

2021年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

最初の軍隊行動は気持ちが良いくらい面白くて
みんな反応と判断が早く常にYes !sir!
このフレーズとリズム、聞いたことあるwwギャグだよね?
「これか〜」って思っちゃった
あたし本当に戦争映画好きじゃなくて…
でも映画は知らない世界の勉強だと思って
好きじゃないものも積極的に見ることにしてるのね
キューブリックもトラウマがあって、見るまで勇気要る
ヘリコプターからバラバラと女子供を無差別に射殺する兵士の顔は
本当におぞましく
ヤな映画!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

3.0前後半で異なる二部構成

2021年2月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

前半は、キューブリック監督ならではの「一点投資図法」×「軍隊の規律」が相まって、奥行きのある美しい構図での訓練シーンが淡々と続く。対して後半は躍動感があり、戦場の緊迫感が楽しめるという2部構成。途中でベトナム戦争について調べながら視聴したが、戦場でもし自分がエンディングのようなシーンに遭遇したら、どちらを選択するのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

3.0ベトナム戦争の背景を知ってから観た方が良いかも

Iwarenkonさん
2021年2月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

キューブリックのメガホンなんですが、個人的にはイマイチなんですよね…
前半の訓練シーンもあそこまでの長尺が必要か疑問だし、何故戦闘シーンで市街戦を選んだのかなぁ?
唯一盛り上がったのは前半最後の例のシーンだけかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Iwarenkon

4.5【”アメリカ、ベトナム戦争史を黒く塗れ!”前半パートの激烈な新兵訓練シーンと、後半パートの実戦の非情さを鮮烈に描いた作品。この作品以降の米戦争作品からヒロイズムを払拭した記念碑的作品。】

NOBUさん
2021年1月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、VOD

怖い

興奮

知的

■今作が発表されるまでは、メジャー作品ではここまでベトナム戦争の実情について、リアルな描写で描いた作品は稀有であった。
 そして、この作品をきっかけに「プライベートライアン」を代表とした、”戦争を美化しない”作品が続々と製作された。

 内容は、映画好きであれば(映画好きでなくても)知っていると思われるので個人的感想のみ記す。

◆前半シーン
 ・新兵ジョーカー(マシュー・モディーン)と”太っちょ微笑みデブ”レナード(ヴィンセント・ドノフリオ)達が、ハートマン鬼軍曹にFワード満載の中、しごかれるシーンの数々。

 海兵隊ってここまで、やるの!と戦慄したシーンが、延々と繰り広げられる。

 ”太っちょ微笑みデブ”の微笑みが、優しい目付きから、明らかに精神に異常を来した微笑みに移行していくショット。

 怖い、怖すぎる。

 - 今作を初めて観た際には、ヴィンセント・ドノフリオの名前も知らなかったが、その後の彼の活躍する姿を見ると、何故か”頑張ったな、微笑みデブ・・”と、脳内で呟く自分がいる。
 〇学生時に観て、もし自分が将来、人に教える立場になったら、”ハートマンのようには絶対にならないぞ!”と思った。

 そして、今作鑑賞後の数年後、まさかの技能系新入社員教育を全面的に任された時、この映画を思い出したなあ・・。(それまでは、軍隊の様な旧弊教育をしていたのである・・)-

◆後半シーン
 ・前半シーンのインパクトが強いので、多くの人は見逃しがちであるが、この後半シーンのリアリティ溢れる”静かな”戦闘シーンが、今作後の数々の米戦争映画に与えた意義は、実に大きいのである。
 「プライベートライアン」「アメリカスナイパー」etc.etc.・・。

<常に進化し続けた、スタンリー・キューブリックがベトナム戦争をリアルに描き出した作品。
 かの御大に、反戦映画を製作している意識は無かったのでは…、と私は思っているが、今作以降の米戦争映画の内容に多大なる影響 ーヒロイズム除去ー を与えた映画であると、私は思っている。
 エンディングで流れる”Paint It,Black"を聴くと、矢張り、反戦のメッセージなのかなあ・・と思う映画でもある。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全58件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「フルメタル・ジャケット」以外にこんな作品をCheck-inしています。