海底二万哩

劇場公開日

25%
42%
25%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウオルト・ディズニーによるシネマスコープ劇映画の第1作。原 作はフランスの空想科学小説家ジュール・ヴェルヌの代表作で、1916年に、ユニバーサルで無声映画として映画化されたことがある。脚色はアール・フェルトンが担当し、物語には現代に相応しいように種々手を加えている。撮影は「ケイン号の叛乱」のフランツ・プレイナー、音楽は「砂漠は生きている」のポール・スミス。監督は「恐怖の土曜日」のリチャード・フライシャーである。主な出演者は「スタア誕生(1954)」のジェイムス・メイスン、「星のない男」のカーク・ダグラス、「我が心に君深く」に出演したニュー・ヨーク劇壇の名優ポール・ルーカス、「ローレンの反撃」のピータ・ローレ、ロバート・J・ウィルク、カールトン・ヤングなど。1954年度アカデミー特殊技術賞と色彩美術賞を受けたテクニカラー、1954年作品。

1954年製作/127分/アメリカ
原題:20,000 Leagues under the Sea
配給:大映洋画部

ストーリー

1866年から68年、世界各地の海で怪事件が次々と起った。航行中 の船が、怪物に襲われ沈没する。米国政府は調査艦の派遣を決定し、海洋学者アロナクス教授(ポール・ルーカス)と助手コンセイユ(ピータ・ローレ)も調査団に加わった。また銛(もり)打ちの名手ネッド(カーク・ダグラス)も、怪物を仕止めんと乗艦していた。3カ月の調査が続いたが、怪物は現われなかった。一同が帰国を決意した夜、艦は怪物の体当りで沈没した。博士、コンセイユ、ネッドの3人は漂流の末、巨大な潜水艦に辿りついた。怪物の正体はこれだった。怪潜水艦の囚人となった3人は海底の旅はこうして始まった。艦長の名はネモ(ジェイムス・メイスン)、艦の名はノーチラスといった。乗組員の食事はすべて海の産物だった。或る時、3人は海底散歩に招待された。沈没船の財宝に、ネモは目もくれない。彼は電気銃でフカを1発で仕止めた。海底の旅は続いた。ノーチラスは突然浮上し、ネモは博士を或る島に案内した。大勢の囚人が苦しい労役に服していた。国の権力に逆らった奴隷達は昔のネモの姿でもあったのだ。地上の権力へのネモの憎しみ、その理由が博士にも理解出来た。その夜、艦は島を出帆し、火薬船を撃沈した。艦は根拠地へ向った。脱出の機会を覗うネッドは、指令室の海図を盗み見て、根拠地の位置を書いた紙片を瓶に封入し、海中に投じた。根拠地への途中、艦は座礁した。上陸を許されたネッドは、孤島に上陸し脱出をはかったが、島には喰人種がいた。逃げるネッドを追って、原住民は艦に来襲した。ネモは艦に電流を流して撃退した。その夜、1隻の戦艦がノーチラスを発見し砲火をあびせたので、艦は浸水、沈下した。苦斗数分、やっと機能を取り戻したが、次の危険が待っていた。大イカとの戦いでネモは、イカの脚に巻かれて危くなったが、ネッドは銛でイカを倒してネモを救った。艦は根拠地へ着いたが、島は各国軍隊によって包囲されていた。ネモは島の動力の秘密が知れるのを恐れ、単身島を爆破せんと上陸したが、全身に重傷を負った。ノーチラスは再び海へ出た。自分の命が長くないことを悟ったネモは、艦を沈める決心をした。博士等3人が艦を脱出した時、島はキノコ型の噴煙をあげて爆発した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第27回 アカデミー賞(1955年)

受賞

美術賞(カラー)  
特殊効果賞  

ノミネート

編集賞 エルモ・ウィリアムズ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0海洋活劇の名作

odeonzaさん
2019年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0反戦、反核

kossyさん
2019年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 子供の頃、ぼーっと観ていただけだったので、改めて観ると、すごい!!この潜水艦のデザイン・・・魚だ。ネモ船長が貨物船を攻撃する理由もわかった。積荷は火薬ばっかりなんだし、すぐ爆発して沈没してしまう。この映画が作られたのは朝鮮戦争の時代なのに反戦という言葉も出ていたんですね。知りませんでしたよ、まったく。単なる冒険もの映画ではなく、結構骨太の映画だったのですね。

 ただ、核兵器など化学兵器を悪しき物として捉えるところや潜水艦そのものに関して言えば、1868年という設定にする必要性はあったのか・・・これだけが疑問だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

5.0史上最高のSF映画

2018年5月21日
iPhoneアプリから投稿

史上最高のSF映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ネモ艦長

2.0古き時代の海への憧れと想像の空想科学小説を、進歩した現実世界のほうが追い越してしまった

Cape Godさん
2013年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

総合40点 ( ストーリー:40点|キャスト:65点|演出:55点|ビジュアル:50点|音楽:65点 )

 科学技術の発達していないこの時代に海への憧れをこのように空想科学小説に描いた原作者ジュール・ヴェルヌは天才だと思うが、いかんせん19世紀の想像の産物である。大王イカの調査が進み、魚雷にミサイルまで搭載した原子力潜水艦が世界中の海をうようよと動き回っている現在はすでに彼の想像をはるかに追い越してしまって、この話の展開はやはり古い。NHKやディスカバリーのドキュメンタリー番組で現実の深海生物や潜水艦のことを見ているほうが数段面白いと残念ながら感じてしまう。さらに映画の製作年が1955年というのもあって、映像技術とセットの古さが目について楽しめるものではなかった。
 ちなみに世界最初の原子力潜水艦が完成し、それがジュール・ヴェルヌの「海底二万哩」に登場する原子力潜水艦の名前にちなんでノーティラス号と名付けられたのは、この作品の公開の前年の1954年である。そのような時代背景もこの作品の制作にはあるのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る