おかしな、おかしな、おかしな世界

劇場公開日

0%
11%
67%
22%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マダムと泥棒」のウィリアム・ローズ夫妻のシナリオを得て「ニュールンベルグ裁判」のスタンリー・クレイマーが製作、監督したスペクタクル喜劇。音楽は「栄光への脱出」のアーネスト・ゴールドが、撮影を「ニュールンベルグ裁判」のアーネスト・ラズロが担当した。出演者は「ニュールン--」のスペンサー・トレイシー、「ショウほど素敵な商売はない」のエセル・マーマン、「ティファニーで朝食を」のミッキー・ルーニー、「腰抜けアフリカ博士」のイーディー・アダムス、「ポケット一杯の幸福」のピーター・フォーク、テレビ界からミルトン・バール、ディック・ショーン、ドロシー・プロバイン、シド・シーザーのほか、ジェリー・ルイス、バスター・キートンらの特出。

1963年製作/アメリカ
原題:It's a mad,mad,mad,mad world
配給:ユナイテッド・アーチスツ

ストーリー

ハイウェイで事故が起きた。グローガンは瀕死の重傷で、救出に谷底へ下りた5人の男に「ロジタ公園に35万ドルが埋めてある」と言って死んでいった。4台の車に乗る5人の男達--海草会社社長ラッセル(ミントン・バール)と妻のエメリン(ドロシー・プロバイン)、妻の母マーカス夫人(エセル・マーマン)の1台、歯科医クランプ(シド・シーザー)とその妻モニカ(イーディ・アダムス)の1台、ギャグ・ライターのベンジャミン(バディ・ハケット)と相棒のベル(ミッキー・ルーニー)の1台と家具運搬中のパイク(ジョナサン・ウィンタース)がのっている4台である。ロジタ市の停年近いカルペパー警部(スペンサー・トレイシー)は昨夜出獄したグローガンが事故死と聞いてがっかりした。警部は缶詰会社から強奪した35万ドルを追っていたからだ。が、部下から事故死の目撃者5人があると聞き、彼らの後を追えば金の隠し場所が分かるに違いないと分かる断した。一方、4組の男女は途方もない大金に初めは呆然としたがもしかしたらという欲が起こった。各組は警察から監視されているのも知らずに、金を一人占めにしようとロジタ市を目指してスピード競争がはじまった。七転八倒の末、4組がやっと公園に辿りついた時、鬼警部カルペパーが乗りこんできた。仕事の鬼カルペパーは欲の鬼となっていた。というのは、市会が警部の仕事のやりすぎに腹を立て、彼の年金を差し止めてしまったからだ。警部は皆を足止めして自分だけ公園に入っていった。なかなか出てこない警部に、騙されたと知った4組はメキシコ国境へと警部を追った。追跡が得意の警部も逃走は苦手である。間違ってロジタ市に逃げてしまった。広場のビルの屋上に逃げこんだ警部はついに立往生。見上げる市民の頭に35ドルの札がヒラヒラと舞い降りてくるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

受賞

音響効果賞  

ノミネート

撮影賞(カラー) アーネスト・ラズロ
編集賞 Frederic Knudtson ジーン・フォウラー・Jr.
作曲賞 アーネスト・ゴールド
音響賞  
主題歌賞

第21回 ゴールデングローブ賞(1964年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジョナサン・ウィンタース
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5チャンチャラ劇。 チャップリンのようなテンポの良さは無い。早送りに...

2015年8月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

チャンチャラ劇。
チャップリンのようなテンポの良さは無い。早送りにして丁度良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユージン

3.0まるで『8時だよ全員集合』のドリフのコントの世界を見ているようでした

2015年3月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ハリウッドの黄金期の底力を、思い知らされる究極のスラップスティック・コメディ映画。
もうスペクタル巨編と言っていいほど、破壊につぐ破壊と熾烈なカー・チェイスが延々と160分間続き、モブシーンにも手抜きがない。
死んだ強盗犯の隠した埋蔵金を巡ってマッドな男女による大騒動が、膨大な台詞の応酬と共にスピーディーに展開。
大金に目がくらんだ人間の型破りな行動がおかしくも、どこか哀しい。
それを往年の名優たちが文字通り体を張って演じきり、大ネタ、小ネタを取り混ぜたギャグの数々を社会派のS・クレイマー監督が熟練の手腕で手際よく料理して行く。
またオートモービルの危険運転からエアプレインの曲芸飛行まで、スタントマンの大活躍も見逃せません。その頑張りは古き良き時代(the good old days)の連続活劇の息吹を感じさせてくれます。
いかにも三谷幸喜監督あたりが好きそうな群像劇だけど、今の日本映画でもこれだけ壮大なスケールの喜劇は、逆立ちしたって作れやしないでしょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る