エバー・アフター

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
エバー・アフター
エバー・アフター
5%
61%
27%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

童話『シンデレラ』の物語をアレンジしたラヴ・ロマンス。監督は「愛さずにはいられない」のアンディ・テナント。脚本はテナント、「愛さずにはいられない」のリック・パークス(本作が初クレジット)、「ポカホンタス」のスザンナ・グラント。製作は「ジャングル・ブック」のミレイユ・ソリア、「ホーム・アローン3」のトレイシー・リンチ。撮影は「恋におぼれて」のアンドリュー・ダン。音楽は「ユー・ガット・メイル」のジョージ・フェントン。美術は「Emma エマ」のマイケル・ハウエルズ。編集は「ジャングル・ジョージ」のロジャー・ボンデリ。衣裳はジェームズ・アイヴォリー作品で知られるジェニー・ビーヴァン(「ジェイン・エア」)。出演は「ウェディング・シンガー」のドリュー・バリモア、「アダムズ・ファミリー1、2」のアンジェリカ・ヒューストン、「ディープ・インパクト」のダグレイ・スコット、「愛のめぐりあい」のジャンヌ・モロー、「逃亡者」のセローン・クラッベ、舞台出身のミーガン・ドッズ、「乙女の祈り」のメラニー・リンスキー、「日の名残り」のパトリック・ゴドフリー、ほか。「遠い夜明け」のティモシー・ウェスト、「オスカー・ワイルド」のジュディ・パーフイット、「ダークシティ」のリチャード・オブライエンほか。

1998年製作/98分/アメリカ
原題:Ever After
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

16世紀、フランス。ダニエル(ドリュー・バリモア)は幼い頃に母を亡くし、父は男爵夫人ロドミラ(アンジェリカ・ヒューストン)と再婚したが急死。それ以来ダニエルは、父の財産をわがものにした陰険なロドミラと彼女の連れ子の姉妹マルガリート(ミーガン・ドッズ)とジャクリーヌ(メラニー・リンスキー)にメイドとしてこき使われる日々。ところがそんなある日、ダニエルはフランスの王子ヘンリー(ダグレイ・スコット)と出会う。名を聞かれたダニエルはとっさに亡き母の名であるニコール・ド・ランクレ伯爵夫人と名乗ってしまった。チャーミングなダニエルの魅力にたちまち恋に落ちたヘンリーはスペイン王女との政略結婚を望む父王フランシス(ティモシー・ウェスト)の反対を押しきり、舞踏会に彼女を招待。ダニエルは今の境遇を告白する機会を失った。花嫁発表の席に間に合ったダニエルだが、なんとそこでロドミラがダニエルがメイドであることを暴露してしまう。傷ついた王子は彼女から離れ、ダニエルはまたもとの生活に逆戻り、そのうえ厄介払いに商人ル・ビュー(リチャード・オブライエン)のもとへ売られてしまった。いっぽう、スペイン王女との結婚に臨もうとしていた王子は、婚礼の席で泣く王女を見て、自分が本当に愛しているのがダニエルだと気づく。王子は間一髪でダニエルを救い出した。かくして、王子はダニエルに彼女が舞踏会で落としていったガラスの靴を履かせてやり、ふたりは末長く幸せに暮らしたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0シンデレラものでは一番好き。現代のシンデレラはこうでなくちゃ!

2020年5月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

①継母役もこの映画のアンジェリカ・ヒューストンが一番良いとおもう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0シンデレラ

kossyさん
2018年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 陛下に呼ばれたグリム兄弟。ガラスの靴を見てシンデレラ・ストーリーを聞かされる。「ユートピア」をこよなく愛すダニエル。途中、ダ・ヴィンチも登場。連れ子の妹メラニー・リンスキーが可愛い。性格も良くなったし、普通のシンデレラじゃなくてホッとした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5強い女性って良いよね

2016年7月17日
iPhoneアプリから投稿

幼い頃に、蝶のような幻想的な少女を見たことがあり、あれがこの映画だったのか!と少し驚きました。

ファンタジーとして見るべき映画です。
だけど、物語を進めるのはひたむきなヒロインで、見ていて勇気付けられました。

全体的に映像がノスタルジックで、雰囲気があって良かったです。また見たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おやこどん

4.5魔法使いはいらない。

2016年6月16日
フィーチャーフォンから投稿

幸せ

自分に誇りをもって生きる為に必要なものは、魔法じゃない。

山賊?に襲われ「必要なものを、1つだけ持って行け!」との言葉に迷わず王子を、おぶって行こうとするシーンが最高に好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おりこう
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る