エアポート'75

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
4%
36%
42%
14%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

数百人の乗客を乗せた巨大なジャンボ・ジェット機ボーイング747が、飛行中に小型機と激突、操縦不能となった。乗客の恐怖と地上の救援活動を描くスカイ・アドベンチャー。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作はウィリアム・フライ、監督は「殺しの接吻」のジャック・スマイト、アーサー・ヘイリーの原作をドン・インガルスが脚色、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はジョン・カカバスが各々担当。出演はチャールトン・ヘストン、カレン・ブラック、ジョージ・ケネディ、エフレム・ジンバリストJr、スーザン・クラーク、ヘレン・レディ、マーナ・ローイ、グロリア・スワンソンなど。

1974年製作/アメリカ
原題:Airport 1975
配給:CIC

ストーリー

コロムビア航空の409便が、定刻通りにワシントンのダレス国際空港を飛び立ち、ロサンゼルスに向かった。飛行機にはさまざまな人たちが乗り合わせている。有名な映画スター、グロリア・スワンソン(本人)とその秘書ウィニー・グリフィス(O・サマーランド)、ロスへ難しい腎臓の手術を受けにゆくジャニス・アボット(リンダ・ブレア)とその母、アル中気味の中年婦人デバニー(マーナ・ローイ)、コロムビア航空副社長婦人のパトローニ(スーザン・クラーク)と息子のジョゼフ、カトリックの尼僧、ルース尼(ヘレン・レディ)とベアトレス尼、かつては有名な喜劇俳優だったバーニー。ジャンボ機の2階にある操縦席では乗務員がそれぞれテキパキと仕事をしていた。ステイシー機長(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)、彼を補佐するジョン・ユライアス副操縦士、航空機関士のジュリオ・ロドリゲス、そして多勢のスチュワーデスを指揮するベテランのチーフ・スチュワーデス、ナンシー・プライア(カレン・ブラック)。快適な飛行が期待されていたが予定のコースに濃霧が発生。同機はやむなくソルト・レイク・シティに急拠着陸することになり、下降を開始していた。同じ時刻、ジャンボ機のすぐそばを自家用の小型ジェット機が同じ空港をめざして飛んでいた。操縦桿を握っているのは、ある大会社の重役スコット・フリーマン。フリーマンが胸に激しい痛みを感じた瞬間、操縦桿を握りしめめたまま心臓発作で息絶えていた。小型ジェット機は急カーブを描いてジャンボ機に接近、激突した。前面ガラスが破壊され、副操縦士は機外に放り出された。機関士も即死、機長は重傷を負って操縦不能となった。巨大なジャンボ機と乗客の命はナンシーの手に委ねられた。彼女は地上の管制塔から送られてくる指示と苦しい息の下から辛うじて言葉を押し出すステイシー機長の指図に従い、震える手で操縦桿を握りしめた。一方、地上ではこの緊急事態のために関係者が急拠空港に駆けつけた。コロムビア航空の副社長ジョセフ・パトローニ(ジョージ・ケネディ)、パイロットでナンシーの婚約者アラン・マードック(チャールトン・ヘストン)。そして空軍の軍人たち。競技の結果、ジャンボ機を救う方法はただ一つしかないことが確認された。それは激突の際に鼻先にあいた穴からパイロットを乗り込ませることことだった。直ちにジェット・ヘリコプターの準備が整えられ、マードック、パトローニを乗せて飛び立った。数千フィートの上空でヘリコプターをジャンボと等速にしてからロープを渡し、ジャンボの破壊した穴へ降下しようという、想像を絶する危険な任務は空軍のアレクサンダー少佐が試みることになった。ヘリ搭乗員、そして唯一の生還の望みを託したジャンボの乗客が見守るなか、ロープを巻きつけた少佐は宙に体を泳がせながら徐々に747機に近づく。だがジャンボの窓枠を握んだ瞬間、衝突のショックで裂け、風にあおられていたジャンボの外側の金属板が少佐の命綱のフックをはずした。瞬間、少佐の体は吹き飛ばされ、闇の中に消えた。空港に戻って態勢ををととのえ直す時間はなかった。激しく反対するパトローニを制して、マードックは自らジャンボに向かった。そしてこの計画はマードックの超人的な活躍によって見事に成功し、乗客は無事救出された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

3.0カレン・ブラックひとり熱演の航空パニック映画

2020年5月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「大空港」と比べてドラマチックな展開がなく、ジャンボジェット機の特撮だけが大衆受けするパニック映画。有り得ない事故と救出方法が作為的ではあるが、カレン・ブラックひとりの熱演で最後まで引っ張る。キャスティングは豪華というか色んな人が多数出演している。この映画で初めてグロリア・スワンソンを知る。威厳ある存在感は感じた。マーナ・ロイの演技が良かった。ジョージ・ケネディが出演しているだけで安心感がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

3.0BS-TBS吹替鑑賞。 航空パニックの先駆け。当時は衝撃だったんで...

2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BS-TBS吹替鑑賞。
航空パニックの先駆け。当時は衝撃だったんでしょうが、今見ると全くもの足りない。

操縦席に穴が空く、もう終わりでしょ。その割にいとも簡単に生還、ドキドキする暇もなし(笑)
乗客にはエクソシスト(リンダ・ブレア)、期待したのに何もなし。その代わりにカレン・ブラックの顔が超怖い(笑)

古すぎました。俳優に愛着がある昔の方向き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

3.5「ガチャ目のブスが飛行機を操縦するだけの映画」という評論があって、...

2019年6月6日
Androidアプリから投稿

「ガチャ目のブスが飛行機を操縦するだけの映画」という評論があって、確かにそういう映画だけれども、予想よりも面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もーさん

3.0 客室乗務員のナンシー(ブラック)は恋人である747機指導官のアラ...

kossyさん
2018年11月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 客室乗務員のナンシー(ブラック)は恋人である747機指導官のアラン・マードック(ヘストン)に指示を仰ぎ、操縦することになった。しかし、着陸するにはベテランのパイロットが必要。空軍のヘリからパイロットが乗り移るという大作戦が始まる・・・

 燃料漏れはあったが、なんとか自動操縦で間に合わせるが時間がない!乗客の中には腎臓移植を待つ少女(リンダ・ブレア)もいるのだ。悪魔に心臓を握られたリンダ・ブレア・・・今度は腎臓だ。そんな彼女を励ますシスター・ルース。歌が上手いと思ったら、なんと歌手のヘレン・レディだった。

 空軍パイロットは乗り移るときに失敗して落下。こうなったら俺が行くしかない!と、アランは自ら移乗を成功させる。

 CGのない時代にここまで大がかりな特撮は見事。日本のようにミニチュアをほとんど使ってないところも迫力がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「エアポート」シリーズ関連作品