エアポート'75のレビュー・感想・評価

メニュー

エアポート'75

劇場公開日 1974年12月14日
1件を表示 映画レビューを書く

 客室乗務員のナンシー(ブラック)は恋人である747機指導官のアラ...

 客室乗務員のナンシー(ブラック)は恋人である747機指導官のアラン・マードック(ヘストン)に指示を仰ぎ、操縦することになった。しかし、着陸するにはベテランのパイロットが必要。空軍のヘリからパイロットが乗り移るという大作戦が始まる・・・

 燃料漏れはあったが、なんとか自動操縦で間に合わせるが時間がない!乗客の中には腎臓移植を待つ少女(リンダ・ブレア)もいるのだ。悪魔に心臓を握られたリンダ・ブレア・・・今度は腎臓だ。そんな彼女を励ますシスター・ルース。歌が上手いと思ったら、なんと歌手のヘレン・レディだった。

 空軍パイロットは乗り移るときに失敗して落下。こうなったら俺が行くしかない!と、アランは自ら移乗を成功させる。

 CGのない時代にここまで大がかりな特撮は見事。日本のようにミニチュアをほとんど使ってないところも迫力がある。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi