レディ・ジョーカー

劇場公開日

5%
9%
54%
23%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ビール会社社長誘拐事件を、犯人グループ、標的にされた企業、警察の三者の視点から描き、日本の社会に潜む闇を抉り出した群像サスペンス。監督は「魔界転生」の平山秀幸。高村薫による同名小説を基に、「血と骨」の鄭義信が脚色。撮影を「69 sixty nine」の柴崎幸三が担当している。主演は「BROTHER」の渡哲也と、映画初出演の新人・徳重聡。

2004年製作/121分/PG12/日本
配給:東映

ストーリー

平成16年10月、日之出ビール社長・城山恭介(長塚京三)が誘拐された。“レディ・ジョーカー”と名乗る犯人グループのメンバーは、薬店を営む物井清三(渡哲也)、障害を持つ娘・さち(愛称レディ)を抱えるトラック運転手の布川淳一(大杉漣)、信用金庫に勤める在日の高克己(吹越満)、町工場の施盤工・松戸陽吉(加藤晴彦)、そして刑事の半田修平(吉川晃司)の、川崎競馬場で知り合った職業も年齢もバラバラの5人の男たち。ただ彼らに共通していることは、“社会の弱者”であることだった。56時間後、城山を解放した“レディ・ジョーカー”は、今度は会社への脅迫を開始する。人質は350万キロリットルのビール。それに、異物を混入させようというのだった。更に、彼らは日之出ビールに20億円の裏取引を持ちかける。果たして、城山は取引に応じる動きを見せた。実は、城山には犯人の目星がついていたのだが、そのことを公に出来ない事情があった。それは5ヶ月前、城山の姪の佳子(菅野美穂)が、被差別部落出身という理由から物井の孫の孝之との結婚を両親から反対されており、しかも孝之は日之出ビールの就職試験に落ちた直後、バイク事故で死亡していたのだ。これが明るみに出たら、城山家にも会社にも大スキャンダルである。そこで、城山は個人的な脅迫と知りつつ、“レディ・ジョーカー”に会社の金から20億円を渡すのだった。その頃、捜査に躍起になっていた警察は、日之出ビール幹部と“レディ・ジョーカー”との間に裏取引があるのではないかと睨みつつ、同時に半田への内偵を進めていた。ところが、もう少しで任意事情聴取というところまできて、半田の元上司が自殺。結局、警察内部の腐敗をマスコミに騒がれるのを恐れた捜査本部は、半田の事情聴取の見送りを決定する。そんな上層部に憤りを隠せないのが、元警視庁捜査一課の刑事・合田(徳重聡)。しかし、彼も尾行に気づいた半田に怪我を負わされる。その後、金を預かっていた高が、日之出ビールとかつてつながりがあった総会屋と共に行方をくらます。しかし、そもそも金を奪うことが目的ではなかった“レディ・ジョーカー”のメンバーは、今までどおりの静かな暮らしに戻り、一方、城山たちは総会屋との癒着が表沙汰になり、背任容疑で逮捕された。こうして、“レディ・ジョーカー”事件は、勝者のないまま人々の記憶の彼方に葬られていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0日活撮影所創業50周年記念映画らしいが、所縁の人が少ないのはこれいかに

2020年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

高村薫の原作は未読だか、結構な長編の様子なので、どうしても省略された部分が、なんとなくわかってしまうダイジェスト感があり、サスペンスは弱めだと思うが、役者のアンサンブル的演技で、あまり気にならない位に、見事な群像劇になっている。

渡哲也兄貴の円熟した演技と存在感がホントにいい。加藤晴彦(好演!)との擬似的な親子関係などもドラマに厚みを与えていると思う。

日活撮影所創業50周年記念映画で渡哲也の映画主演作なので、個人的にはもっと当時存命の日活出身の俳優さんが出てくると期待したが、色々問題があるのか姿が見えずに、そこの面で寂しさを感じた。

そういえば、日活創立80周年記念映画で「落陽」てのも有ったが、あれも混迷した作品で馴染みのない人が多く関わっている印象だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミラーズ

1.5うーん☹️

2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿

原作が上中下、3冊の長編、それを121分にするのはやはり無理がある。5人の犯人が犯行に至った経緯や感情があまり描かれていないし、合田の描写も少なすぎ。渡哲也はとてもいい俳優だけれど、物井清三はもう少し疲れた感のあるオヤジくさい方が良かったかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アンディぴっと

1.0原作を侮辱する最低の映画

2020年2月27日
PCから投稿

なんでかな、刑事の吉川だけの印象しか残らない、残念で月並みな刑事ドラマでした。
原作の良さが台無しです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アサシンⅡ

2.5う~ん、端折り過ぎていて、繋がっていない様に思える。分からないよ。残念。

2015年10月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

う~ん、端折り過ぎていて、繋がっていない様に思える。分からないよ。残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マサロック
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「レディ・ジョーカー」以外にこんな作品をCheck-inしています。