陽はまた昇る

劇場公開日:

解説

世界規格となったVHSの開発の裏で活躍した、名も無き技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、本作が初監督作となる佐々部清。佐藤正明によるノンフィクション『映像メディアの世紀 ビデオ・男たちの産業史』を基に、「金田一少年の事件簿」(西尾大介監督作)の西岡琢也と佐々部監督が共同で脚色。撮影を「ホタル」の木村大作が担当している。主演は「釣りバカ日誌12」の西田敏行。第26回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀主演男優賞(西田敏行)、助演男優賞(渡辺謙)、優秀音楽賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞作品。

2002年製作/108分/日本
配給:東映
劇場公開日:2002年6月15日

ストーリー

70年代前半、それまで右肩上がりだった日本経済が初めてマイナス成長に陥った。そんな中、家電メーカー業界8位の日本ビクター本社開発部門に勤める開発技師・加賀谷に、事業部長として赤字続きの非採算部門である横浜工場ビデオ事業部への異動と大幅な人員整理の厳命が下る。だが、人材こそ何よりの財産と考える加賀谷は、ひとりの解雇も出さないために極秘のプロジェクト・チームを結成。本社に悟られぬようにしながら、家庭用VTRVHSの開発に着手する。ところが数年後、家電メイカーの雄・ソニーがベータマックスを発表。足踏み状態の続くビデオ事業部は崖っぷちに立たされるが、それでも彼らはVHSに夢と希望を託し開発を続けた。そして、遂にベーターマックスを超える録画が可能な試作機が完成する。しかし、その時既にベータマックスは国内規格として採用されようとしていた。このままでは、自分たちの努力が水泡に帰してしまう。そこで加賀谷は大阪へ向かい、親会社である松下電器相談役・松下幸之助にVHS方式の採用を直訴。果たして、加賀谷の願いは聞き入れられ、その結果、ひとりの解雇者も出さずにVHS方式のプレイヤーの販売にこぎ着けることに成功するのだった。その後、加賀谷は脳梗塞で倒れた妻の世話のために、定年を前に退職を決めた。最後に彼が工場を訪れた時、従業員たちはVHSの人文字で彼を送った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
西岡琢也
佐々部清
原作
佐藤正明
企画
坂上順
西村元男
製作
高岩淡
プロデューサー
厨子稔雄
小松茂明
撮影
木村大作
美術
福澤勝広
新田隆之
装飾
若松孝市
音楽
大島ミチル
音楽プロデューサー
北神行雄
津島玄一
録音
高野泰雄
音響効果
佐々木英世
西村洋一
照明
礒野雅宏
編集
大畑英亮
衣裳
山田夏子
ラインプロデューサー
菊池淳夫
製作担当
林周治
助監督
瀧本智行
スクリプター
石山久美子
スチール
阿部昌弘
撮影効果
南好哲
渡辺孝
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 日本アカデミー賞(2003年)

ノミネート

作品賞  
主演男優賞 西田敏行
助演男優賞 渡辺謙
音楽賞 大島ミチル
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0何か見ちゃうんだよなぁ

2023年8月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2002年の作品なんでけど作り方が古風っていうか良い意味で古臭い感じがするんですよね。時代背景は昭和だけど映像自体も昭和のドラマ感が出てて何か終始安心感がある。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
猿 BoBo

4.0高度成長期だったからという背景はあるだろうけど…。

2022年10月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「人生至るところ靑山あり」という言葉を思い起こしました。この作品を観て、評論子は。
どんな境遇にあっても、己の長所を専一に磨き、伸ばしていくことの大切さが浮き彫りになっていると思います。
いわゆる高度成長期だったからあり得たという指摘もまんざら的外れではないと思いますが、その一方で、コロナ禍の今でも通じる真理を含んでいるようにも思われました。
良い作品だったと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
talkie

4.0会社内で自由勝手にタバコが吸えた時代。 車を運転してる渡辺謙も助手席の西田敏行もシートベルトをしてない。 麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」のVTR、

2022年10月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

動画配信で映画「陽はまた昇る」を見た。

劇場公開日:2002年6月15日

2002年製作/108分/日本
配給:東映

西田敏行
緒形直人
篠原涼子
真野響子
石橋蓮司
倍賞美津子
江守徹
渡辺謙
津嘉山正種
國村隼
中村育二
田山涼成
蟹江一平
鎌田樹音
新克利
加藤満
崔哲浩
永倉大輔
石丸謙二郎
石田法嗣夏
八木勲(夏木勲)
井川比佐志
仲代達矢

ビデオ戦争の話である。

1975年にソニーが文庫本サイズの媒体を用いるベータマックスを発売したのに対し、1976年に日本ビクターはVHS方式のビデオカセッターHR-3300を発売[2]した。

他社ではVコードを開発した東芝・三洋が「ベータ方式」に参入(当初は併売)、オートビジョン方式・VX方式を開発した松下電器も、子会社であるビクターが開発したVHSの併売を決め、最終的には「ベータ方式」と「VHS方式」に収斂された。

第26回日本アカデミー賞優秀作品賞、
優秀主演男優賞(西田敏行)、
助演男優賞(渡辺謙)、
優秀音楽賞受賞、
第15回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞作品。

オレが学生の時には自宅にVHSのビデオレコーダーがあった。
ビデオレコーダーの購入は他の同級生の家庭よりも早かったと思う。
角川映画の「野生の証明」(1978年 )を何十回も見た記憶がある。

松下電器、ビクター、ソニーなどの会社や松下幸之助(仲代達矢)が実名である。
ビクターが松下電器の子会社だったことは知らなかった。

会社内で自由勝手にタバコが吸えた時代。
車を運転してる渡辺謙も助手席の西田敏行もシートベルトをしてない。
麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」のVTR、
いろいろ時代を現した描写があった。

ラストシーンとか脚本が出来過ぎの感はあるが、
見応えのある映画だった。

個人的には石橋蓮司、津嘉山正種のシブい演技が好き。

満足度は5点満点で4点☆☆☆☆です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ドン・チャック

4.0名優揃い踏み

2020年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

お亡くなりになった佐々部清監督の代表作。
民生用ビデオの開発競争を題材にしたドキュメンタリー風の作品。キャストに西田敏行さん、渡辺謙さんなどの名優が緊迫した状況をリアルに表現している。技術主導のベータ vs 市場の意見を優先したVHS。通産省の思惑に対して、駆け込みで商品発売に向け社員一丸となり団結してゆく様。規格の主導権の鍵を握る松下電器はどちらを選ぶという流れをうまく表現している良作です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ミネルバ250
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「陽はまた昇る」以外にこんな作品をCheck-inしています。