陽はまた昇る

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
20%
51%
27%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界規格となったVHSの開発の裏で活躍した、名も無き技術者たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、本作が初監督作となる佐々部清。佐藤正明によるノンフィクション『映像メディアの世紀 ビデオ・男たちの産業史』を基に、「金田一少年の事件簿」(西尾大介監督作)の西岡琢也と佐々部監督が共同で脚色。撮影を「ホタル」の木村大作が担当している。主演は「釣りバカ日誌12」の西田敏行。第26回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀主演男優賞(西田敏行)、助演男優賞(渡辺謙)、優秀音楽賞受賞、第15回日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞受賞作品。

2002年製作/108分/日本
配給:東映

ストーリー

70年代前半、それまで右肩上がりだった日本経済が初めてマイナス成長に陥った。そんな中、家電メーカー業界8位の日本ビクター本社開発部門に勤める開発技師・加賀谷に、事業部長として赤字続きの非採算部門である横浜工場ビデオ事業部への異動と大幅な人員整理の厳命が下る。だが、人材こそ何よりの財産と考える加賀谷は、ひとりの解雇も出さないために極秘のプロジェクト・チームを結成。本社に悟られぬようにしながら、家庭用VTRVHSの開発に着手する。ところが数年後、家電メイカーの雄・ソニーがベータマックスを発表。足踏み状態の続くビデオ事業部は崖っぷちに立たされるが、それでも彼らはVHSに夢と希望を託し開発を続けた。そして、遂にベーターマックスを超える録画が可能な試作機が完成する。しかし、その時既にベータマックスは国内規格として採用されようとしていた。このままでは、自分たちの努力が水泡に帰してしまう。そこで加賀谷は大阪へ向かい、親会社である松下電器相談役・松下幸之助にVHS方式の採用を直訴。果たして、加賀谷の願いは聞き入れられ、その結果、ひとりの解雇者も出さずにVHS方式のプレイヤーの販売にこぎ着けることに成功するのだった。その後、加賀谷は脳梗塞で倒れた妻の世話のために、定年を前に退職を決めた。最後に彼が工場を訪れた時、従業員たちはVHSの人文字で彼を送った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
西岡琢也
佐々部清
原作
佐藤正明
企画
坂上順
西村元男
製作
高岩淡
プロデューサー
厨子稔雄
小松茂明
撮影
木村大作
美術
福澤勝広
新田隆之
装飾
若松孝市
音楽
大島ミチル
音楽プロデューサー
北神行雄
津島玄一
録音
高野泰雄
音響効果
佐々木英世
西村洋一
照明
礒野雅宏
編集
大畑英亮
衣裳
山田夏子
ラインプロデューサー
菊池淳夫
製作担当
林周治
助監督
瀧本智行
スクリプター
石山久美子
スチール
阿部昌弘
撮影効果
南好哲
渡辺孝
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 日本アカデミー賞(2003年)

ノミネート

作品賞  
主演男優賞 西田敏行
助演男優賞 渡辺謙
音楽賞 大島ミチル
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0名優揃い踏み

2020年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

お亡くなりになった佐々部清監督の代表作。
民生用ビデオの開発競争を題材にしたドキュメンタリー風の作品。キャストに西田敏行さん、渡辺謙さんなどの名優が緊迫した状況をリアルに表現している。技術主導のベータ vs 市場の意見を優先したVHS。通産省の思惑に対して、駆け込みで商品発売に向け社員一丸となり団結してゆく様。規格の主導権の鍵を握る松下電器はどちらを選ぶという流れをうまく表現している良作です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミネルバ250

3.5何度か観てるけど

川柳児さん
2020年3月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最後のシーンは、どうしても泣いてしまう。

「一人の人間の情熱が、人を、そして世界を変えていくことができるのだ」、というお手本のようなストーリー。

あの当時、このようにモノは開発され、製造され、そして店舗に運ばれ、売られていった。
その汗が感じられるシーンの数々。

もちろん西田敏行もいいのだが、彼に感化され、徐々に彼の考えに賛同し、励ますようになる渡辺謙もいい味出してる。

今でも自分は、時折VHSのビデオを使っているが、いつの日か、「VHSってなに?」と、未来の子供たちに言われてしまうのかと思うと、すごく寂しい気持ちになる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
川柳児

3.5これぞ日本人の生き方

見聞さん
2020年1月24日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
見聞

3.5人が会社をつくる

カメさん
2019年11月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.6
ベータとVHSの知られざる競争と、いかにVHSにシェアが流れていったかがよく分かる。製品や会社は人が作っていくモノだという事を教えられ、またその情熱をもって仕事をする人達を羨ましく感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「陽はまた昇る」以外にこんな作品をCheck-inしています。